映画・テレビ

2018/01/06

ペット・セメタリー2 Pet Sematary 2 (1992)

1989年公開の前作は、原作小説の持つ魅力には遠く及ばないものの、原作の持っていた「深い愛情ゆえの間違った判断と行動の結果として起きる恐怖と悲劇」がそれなりにきちんと描けていて、なかなかよくできた映画だった。

しかし、その後日談となるこの2作目は、もう残念としか言いようがない。子どもたちがつくったペット・セマタリーの奥にある、ミクマクインディアンが「腐った土地」として廃棄した古い埋葬地(という説明は映画のなかではされていないが)に死んだものを埋めると生き返る、という設定だけを都合よく使った、前作とは別物と考えたほうがいい。

死んでしまう理由も、それを生き返らせる理由も、非常に場当たり的で思慮に欠け、そうしなければならないと決心させるに足る愛情や悲しみの深さもないし、それをすることに対する倫理的な葛藤もまったくない。『ペット・セマタリー』という作品は、そこが物語の根底部分のはずなのに、そういったことをすべてすっ飛ばして、単純なモンスターもどき映画にしてしまった。ミクマク族の古い埋葬地も、そこへと続く道への境界線である枯れ木の山を越えるには強い意志が必要だし、死んだものを入れるための穴を掘るのは大人でさえ一晩かかるような、石が多くて非常に硬い土地だから、ここでも「どうしても生き返らせたい」という硬い意志が必要なはずなのに、この映画では子どもでもたいして苦労せずに掘れる土地になってる。簡単に死んで、簡単に穴を掘って埋めることができ、簡単に生き返ってくる。

「そこに死んだものを埋めると、それが生き返る土地がある」というアイデアがほしかっただけならば、『ペット・セマタリー』(映画では『ペット・セメタリー』と表記)というタイトルは使わないでほしかった。これが『ペット・セマタリー』のシリーズでなければ、それなりに楽しめたかもしれないのに。




| | コメント (0)

ぶどうのなみだ (2014)


う~ん、これはなぁ、どうかなぁ。いわゆる人生再生ものなんだけど、再生が必要になる前の生と再生中の生との落差がそれほど明確に描かれていないから再生の必要性もあまり強く感じにくいし、おそらく物語の中心となるはずであろう再生中のストーリーが淡々としすぎてておもしろみや主人公の成長を見る楽しみも希薄だし、そもそも主演の大泉洋がこういう役には合わないというか、大泉洋の良さや魅力がうまく出ていなくて、いろいろと残念な感じ。舞台が北海道だからというだけで大泉洋をブッキングしたんじゃないかという印象がすごく強い。

ヒロイン?役の安藤裕子はちょっとすてきだったけど、この人が演じるエリカという女性の再生ストーリーも中途半端でなんだかなぁ。

主人公である大泉洋に対しある種の愛憎や葛藤を抱える弟を演じた染谷将太も、もっとできる役者さんのはずなのに、きちんと活かされていないように感じる。

大杉漣やきたろう、田口トモロヲ、りりィなど、味わいのある役者を脇に多く配しているのに、ほとんどが役者のむだ遣いといった感じ。




| | コメント (0)

グッドモーニングショー (2016)


中井貴一はシリアスな役も重厚な役も上手だけど、個人的にはコメディ系の芝居が好き。生真面目でちょっと不器用な中井貴一がちょっとした騒動に巻き込まれて困った顔であたふたしているだけでおもしろい。その点でこの作品も十分楽しめた。

思い込みが強すぎて困った女子アナ役の長澤まさみもよかったな、いかにもいそうな感じで。長澤まさみもコメディ系の芝居のほうが魅力的なことが多いように思う。全体のヴィジュアルはいいけれど笑顔が少しアホっぽい感じがするからか。

濱田岳は、なんかどの役で見ても濱田岳だな、良くも悪くも。役を選ぶ役者な気がする。

志田未来の目力はあいかわらずすてき。そして木南晴夏は脇役でも必ず一定以上の存在感を示すよな。ふたりともいい役者さんだと思う。




| | コメント (0)

2018/01/04

ファイナル・デッドクルーズ Donkey Punch (2008)


超絶つまらない。豪華クルーザーに乗った頭の悪いパーリーピーポーの男女7人が船の中でくだらない理由で殺しあっていくだけ。前半はポルノ映画まがい、後半はサスペンスもどき。ちなみに『ファイナル・デスティネーション』シリーズとはまったく無関係。時間のむだ。



| | コメント (0)

2017/12/31

超高速!参勤交代 (2014) / 超高速!参勤交代 リターンズ (2015)


悪意のある権力者にむちゃ振りされた貧乏弱小集団が、もてる知力と体力、人間力などを駆使してさまざまな難関をクリアしていく珍道中を描いたロードムービー風時代劇というアイデアが非常に独特かつユーモアに富んでいておもしろかった1作目。登場人物たちもそれぞれにキャラクターが立っており、キャラのヴァリエーション面でも人数面でも過不足のない、非常にちょうどいい感じで、そうしたことも含めてすべてにわたって非常によく考えられた楽しいエンタテインメント作品だった。

その続編となる「リターンズ」のほうは、1作目からのある種のお約束的な小ネタは挟まれていたが、作品のアイデアの基本部分であったはずのロードムービー風要素がほとんどなくなってしまい、よくある感じのある種のエンタテインメント系時代劇になってしまったのが残念。主人公たちの前に立ちはだかる難関をクリアするための「知恵」も1作目に比べると小粒だし、そもそも「知恵」を出す必要に迫られる局面自体も数が減ってしまった。エンタテインメント作品として十分おもしろくはあるのだけど、ユーモアと小気味よさ、それに人情味を適度なテンポで描いた1作目のバランスのよさとそこから生まれるおもしろさと比べると、少し見劣りがするな。








| | コメント (0)

2017/12/17

エクスポーズ 暗闇の迷宮 (Daughter of God) (2016)


残念な出来の映画。基本的なアイデアは悪くなかったのだろうけれど、そのアイデアを上手に膨らませ、構成し、きちんとした物語にまで組み立てられなかったのだろう。ごく大まかなストーリーはつくれたけれど、一つひとつのエピソードやシーンがとても断片的で、物語の流れとの関連性が薄く、エピソードどうしの相互関係も曖昧なため、全体としてバラバラでとっ散らかった内容になってしまっていると感じる。主演女優のルックスはキュートでかわいらしい。本来なら狂言回し的な役割であっただろうキアヌ・リーヴスがまったく機能しておらず、これではキアヌ・リーヴスのむだ遣いだな。




| | コメント (0)

2017/11/11

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (1989)


怪人をRobert Englund、クリスティーヌをJill Schoelenが演じた1989年の映画。独自の脚色がされていて、現代のニューヨークに住む音大生のクリスティーン(アメリカ人なので名前もアメリカ風になってた)が、図書館で怪人ことエリック・でスラー作曲の「Don Juan Triumphant」の古い楽譜を見つけ、オーディションでそれを歌っているときに上から何か大きなものが落ちてきて、そのショックで気絶した瞬間に舞台が古いオペラ座にタイムスリップし、その時代で駆け出しのオペラ歌手として生きているクリスティーンとなり、そこから怪人とクリスティーンのおなじみの物語に入っていきます。

原作の持つゴシックな雰囲気は多少ありますが、タイムスリップしてからあとの舞台もパリのオペラ座というわけではなさそうで、クリスティーンに結婚を求め怪人を嫉妬させる男性の名もラウル・シャニュイ子爵ではなくリチャードとかいう名前です。怪人も、仮面で顔を隠すのではなく、人間を殺してはぎ取った皮膚を自分の顔に貼り付けるという、レザーフェイスの親戚のような感じになってます。その貼り付けた皮膚がはがれたときの素の顔の怪人が『エルム街の悪夢』のフレディにすごく似てるなと思ったら、怪人役のRobert Englundってフェレディを演じた人だったのね。そんなこともあってか、ゴシックホラーというよりは現代的なサスペンスホラーといった印象が強かったです。

エンディングも原作とは全然違い、舞台が現代に戻って、クリスティーンと怪人が時を超えた戦いに決着をつけるみたいな感じになっていて、ゴシック的な情緒は皆無でした。これはこれで、こういう作品も悪くはないけど、『オペラ座の怪人』ではないなぁ。ただ、この映画版の「Don Juan Triumphant」はメロディが美しく、有名なAndrew Lloyd Webberのミュージカル版よりも好きかも。

しかし、『オペラ座の怪人』をベースにした大胆な翻案もので、かつ音楽がすばらしいのは、やっぱり『ファントム・オブ・パラダイス (Phantom of the Paradise)』だよね。



| | コメント (0)

2017/11/05

HK 変態仮面 (2013)

マンガが原作で、このタイトルだから、内容的にくだらないのは当然のこと。そのくだらないことを、いい年をした大人たちが一生懸命にやっているところがいい。特に主人公である変態仮面を演じる鈴木亮平は、わざわざこのために筋肉質の肉体づくりをしたほど。しかしこの人、死の病にある病人の役でだったドラマ『天皇の料理番』では、本当に死にそうなぐらいがりがりに痩せてたし、なんでも本気でやるな。
そして、安田顕の冷めた狂気を感じさせる変態っぷりもさすが。美味しいところは安田さんがだいぶ持っていった感じ。
その安田顕に簡単に洗脳されてしまうヒロインの清水富美加は、その後の出家騒動への伏線かと感じてしまい、ちょっと微妙な気分になった。
しかし、全編を通じて敵側のボスであるムロツヨシがなぁ、あいかわらずのムロ芝居で、なんか軽いんだよなぁ。彼の出るシーンだけが映画のなかで浮ついてる感じがした。




TSUTAYA Online

| | コメント (0)

闇金ウシジマくん Part3 / 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル (2016)

ドラマ版『闇金ウシジマくん Season3』のあとに2か月連続で公開された劇場版の3作目と4作目。このシリーズは債務者のクズっぷりと債権者の鬼畜っぷりがどちらも突き抜けていて、ある意味で清々しいとさえ言えるところが魅力だったのだけど、劇場版は回を追うごとにその清々しさが薄れていったところが残念。特に『ザ・ファイナル』は多分に情緒的で、ウシジマくんにそういうのは求めてないんだけどなぁという感じ。長いシリーズのなかでそういうのもあるというかたちだったら、それはそれでいいのだけど、ファイナルでこれは違うんじゃないかなぁ。




TSUTAYA Online




TSUTAYA Online

| | コメント (0)

2017/09/24

コープスパーティー (2015)

もともとはコンピューターゲームを実写化したものらしいが、超つまらない。全体に画面が暗すぎて、せっかくのゴアシーンもよく見えないし、ストーリーも抑揚がなくてダラダラしてるし、役者の芝居はみんな学芸会レベルだし。なにより主演の女の子がぜんぜんかわいくないのが致命的。約90分のむだな時間。


コープスパーティー アンリミテッド版(通常版) [DVD]
TCエンタテインメント (2015-12-18)
売り上げランキング: 101,986





| | コメント (0)

より以前の記事一覧