映画・テレビ

2017/11/11

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (1989)


怪人をRobert Englund、クリスティーヌをJill Schoelenが演じた1989年の映画。独自の脚色がされていて、現代のニューヨークに住む音大生のクリスティーン(アメリカ人なので名前もアメリカ風になってた)が、図書館で怪人ことエリック・でスラー作曲の「Don Juan Triumphant」の古い楽譜を見つけ、オーディションでそれを歌っているときに上から何か大きなものが落ちてきて、そのショックで気絶した瞬間に舞台が古いオペラ座にタイムスリップし、その時代で駆け出しのオペラ歌手として生きているクリスティーンとなり、そこから怪人とクリスティーンのおなじみの物語に入っていきます。

原作の持つゴシックな雰囲気は多少ありますが、タイムスリップしてからあとの舞台もパリのオペラ座というわけではなさそうで、クリスティーンに結婚を求め怪人を嫉妬させる男性の名もラウル・シャニュイ子爵ではなくリチャードとかいう名前です。怪人も、仮面で顔を隠すのではなく、人間を殺してはぎ取った皮膚を自分の顔に貼り付けるという、レザーフェイスの親戚のような感じになってます。その貼り付けた皮膚がはがれたときの素の顔の怪人が『エルム街の悪夢』のフレディにすごく似てるなと思ったら、怪人役のRobert Englundってフェレディを演じた人だったのね。そんなこともあってか、ゴシックホラーというよりは現代的なサスペンスホラーといった印象が強かったです。

エンディングも原作とは全然違い、舞台が現代に戻って、クリスティーンと怪人が時を超えた戦いに決着をつけるみたいな感じになっていて、ゴシック的な情緒は皆無でした。これはこれで、こういう作品も悪くはないけど、『オペラ座の怪人』ではないなぁ。ただ、この映画版の「Don Juan Triumphant」はメロディが美しく、有名なAndrew Lloyd Webberのミュージカル版よりも好きかも。

しかし、『オペラ座の怪人』をベースにした大胆な翻案もので、かつ音楽がすばらしいのは、やっぱり『ファントム・オブ・パラダイス (Phantom of the Paradise)』だよね。



| | コメント (0)

2017/11/05

HK 変態仮面 (2013)

マンガが原作で、このタイトルだから、内容的にくだらないのは当然のこと。そのくだらないことを、いい年をした大人たちが一生懸命にやっているところがいい。特に主人公である変態仮面を演じる鈴木亮平は、わざわざこのために筋肉質の肉体づくりをしたほど。しかしこの人、死の病にある病人の役でだったドラマ『天皇の料理番』では、本当に死にそうなぐらいがりがりに痩せてたし、なんでも本気でやるな。
そして、安田顕の冷めた狂気を感じさせる変態っぷりもさすが。美味しいところは安田さんがだいぶ持っていった感じ。
その安田顕に簡単に洗脳されてしまうヒロインの清水富美加は、その後の出家騒動への伏線かと感じてしまい、ちょっと微妙な気分になった。
しかし、全編を通じて敵側のボスであるムロツヨシがなぁ、あいかわらずのムロ芝居で、なんか軽いんだよなぁ。彼の出るシーンだけが映画のなかで浮ついてる感じがした。




TSUTAYA Online

| | コメント (0)

闇金ウシジマくん Part3 / 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル (2016)

ドラマ版『闇金ウシジマくん Season3』のあとに2か月連続で公開された劇場版の3作目と4作目。このシリーズは債務者のクズっぷりと債権者の鬼畜っぷりがどちらも突き抜けていて、ある意味で清々しいとさえ言えるところが魅力だったのだけど、劇場版は回を追うごとにその清々しさが薄れていったところが残念。特に『ザ・ファイナル』は多分に情緒的で、ウシジマくんにそういうのは求めてないんだけどなぁという感じ。長いシリーズのなかでそういうのもあるというかたちだったら、それはそれでいいのだけど、ファイナルでこれは違うんじゃないかなぁ。




TSUTAYA Online




TSUTAYA Online

| | コメント (0)

2017/09/24

コープスパーティー (2015)

もともとはコンピューターゲームを実写化したものらしいが、超つまらない。全体に画面が暗すぎて、せっかくのゴアシーンもよく見えないし、ストーリーも抑揚がなくてダラダラしてるし、役者の芝居はみんな学芸会レベルだし。なにより主演の女の子がぜんぜんかわいくないのが致命的。約90分のむだな時間。


コープスパーティー アンリミテッド版(通常版) [DVD]
TCエンタテインメント (2015-12-18)
売り上げランキング: 101,986





| | コメント (0)

2017/06/18

劇場霊 (2015)


う~ん、つまらない。

『劇場霊』というタイトルだけど、劇場はほとんど関係ないね。単に物語の舞台がたまたま劇場だったというだけで、それが劇場でなければいけない理由がない。劇場霊というより、人形霊だな。ただ、それが人形でなくてはならない理由もあんまりないのだけど。

ストーリーもおもしろくなかったけれど、役者の下手な演技がつまらなさをさらに助長してる。けっきょくアイドル映画だから、芝居のうまさを多少なりとも期待すること自体が間違いなんだろうな。

あぁ、ジャパニーズホラーって、こんなにもつまらないものになってしまったんだなぁ。


劇場霊 スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2016-04-02)
売り上げランキング: 28,865



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場霊 プレミアム・エディション[DVD] / 邦画
価格:5574円(税込、送料別) (2017/6/18時点)


| | コメント (0)

2017/06/11

ウォルト・ディズニーの約束 (Saving Mr. Banks, 2013)


ディズニー映画『メリー・ポピンズ』が制作されるまでを描いた作品。いろいろとこじらせたまま年齢を重ねてしまった原作者の心が、映画製作に携わる脚本家、音楽担当、ドライバー、そしてウォルト・ディズニーたちとの関りあいによって解放されるという話。

しかしみんな、芝居がうまいな。主人公のトラヴァース夫人を演じたエマ・トンプソンも、ウォルトを演じたトム・ハンクスも、一つひとつの表情や細かい動きまでどれも非常に自然で、その時その時の感情などがきちんと伝わってくる。夢想家だけど生活能力の低い愛すべきだめな父親を演じたコリン・ファレルもすばらしかった。

『メリー・ポピンズ』って、ずっとむかしに何度か観たことがあるはずなのだけど、あまりよく覚えていない。この作品を観て、また『メリー・ポピンズ』を観たくなった。


ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 17,891




| | コメント (0)

2017/05/07

ヴィンセントが教えてくれたこと (St. Vincent)


じいさんと子供の組み合わせはずるいよなぁ。特にだめなじいさんが不本意ながらも子供になつかれて面倒を見る系の話は、たいていおもしろい。『ウォルター少年と、夏の休日』とかもおもしろかったもんな。全体的に、じいさんが主人公の、シリアスじゃないドラマ系の作品は、内容が良いものが多いように思う。うん。


ヴィンセントが教えてくれたこと [DVD]
ポニーキャニオン (2016-03-16)
売り上げランキング: 20,009




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴィンセントが教えてくれたこと [ ビル・マーレイ ]
価格:3126円(税込、送料無料) (2017/5/7時点)



ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]
日本ヘラルド映画(PCH) (2004-11-17)
売り上げランキング: 26,729

| | コメント (0)

2017/01/15

アリス・イン・ワンダーランド Alice in Wonderland (2010)


赤の女王、大竹しのぶに似てるなぁと思ってしまったら、もう大竹しのぶにしか見えなくなった。
白の女王のアン・ハサウェイは顔のパーツがどれも大きすぎの派手すぎで、あのメイクはちょっと怖い。


アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2011-11-02)
売り上げランキング: 2,398




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アリス・イン・ワンダーランド(DVD)
価格:1215円(税込、送料別) (2017/1/15時点)


| | コメント (0)

2017/01/09

インタープラネット (Arrowhead)


なんだかいろいろ説明不足というか説明が下手で、結局何がしたかったんだかよくわからない映画だった。時間の流れる速度が他と違う場所があるという設定は、うまく生かせればおもしろいだろうに。共生生物の扱いも、もっとどうにかできなかったのだろうか。アイデアの芽はそこそこよかったのに、それをストーリーにきちんと構築できなかった印象。


インタープラネット [DVD]
アルバトロス (2016-05-03)
売り上げランキング: 156,429




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インタープラネット [ ダン・モール ]
価格:4250円(税込、送料無料) (2017/1/9時点)


| | コメント (0)

2017/01/04

川の底からこんにちは


コメディなのか? ストーリー的には、たいしておもしろみもなければ軽妙さや深みも感じられないけれど、満島ひかりはさまざまな表情を見せてくれて魅力的。感情表現の振れ幅も大きいし、瞬発力もある。いい女優さんだと思う。


川の底からこんにちは [DVD]
紀伊國屋書店 (2011-02-26)
売り上げランキング: 30,403




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川の底からこんにちは [ 満島ひかり ]
価格:3365円(税込、送料無料) (2017/1/4時点)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧