« Spectrum / Spectrum 6; SPECTRUM FINAL Budoukan Live Sept. 22,1981 (1981) | トップページ | 島崎藤村 『破戒』(1906) »

2022/06/19

ジュール・ルナール 『にんじん』

フランスの古典小説。
読むのがけっこう苦痛な作品だった。
「にんじん」と呼ばれる主人公の少年が、どうしても好きになれない。
その考え方も行動も、共感できないし、むしろ腹立たしい。
そして「にんじん」の家族も好きになれない。
粗野で、意地が悪く、悪意を感じる行動が少なくない一家の物語。
最後まで読み切れば印象が変わるかと思ったけれど、変わらなかった。


|

« Spectrum / Spectrum 6; SPECTRUM FINAL Budoukan Live Sept. 22,1981 (1981) | トップページ | 島崎藤村 『破戒』(1906) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Spectrum / Spectrum 6; SPECTRUM FINAL Budoukan Live Sept. 22,1981 (1981) | トップページ | 島崎藤村 『破戒』(1906) »