« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021/10/29

チキンソテーとライス / 洋食の果実(渋谷ランチ)

Point-blur_20211029_133207

最近オープンした「洋食の果実」。ランチメニューといった概念はないようで、グランドメニューから単品の料理に必要に応じてライスやサラダを追加していくというスタイルです。


単品のライスが200円なので、800円までで食べられるメインを選ぼうと思ったら、チキンソテーしかありませんでした。あとはグラタンとかナポリタンとか。


そんなわけでチキンソテーとライスを注文。合わせて1000円。


表面をカリッと焼いたチキンソテーに、マスタード入りのデミグラスソースがかかっています。このソースが旨い。デミグラスソースにこだわりがあるようなことがウェブサイトに書いてありましたが、たしかにデミグラスソースがおいしいのでしょう。


しかし、それ以外はいたって普通。クリーム少なめで芋っぽさをしっかり残したマッシュポテトも、おいしいと言えばおいしいけれど、おかわりしたいほどではなく、ガルニで十分な味。そのほかのガルニも普通に茹でたブロッコリーとキャロット、少し出汁の旨みを感じる蕪(これはおいしかった)などで、すごく普通。唯一、印象に残ったのは、ただのミニトマトかと思ったらすごく酸の効いたトマトピクルスでびっくりしたことくらい。


オープンからまだ日が経っていないために厨房のオペレーションが確立していないのか、料理提供には時間がかかり、同時同卓提供もできていないようで、後ろの席についた女性3人組のテーブルではひとりだけ料理がずっとこず、請求がかかっていました。


以前はフィリアがあったところにできた新店舗ですが、経営母体はフィリアと同じようで、その時点で大きな期待はしていませんでしたが、やっぱりそんな感じでした。会社に近いのでたまには来るかもしれないけれど、日々のランチで使うには価格が高いので、あまり候補に入らない店になりそうです。


洋食の果実

東京都渋谷区渋谷4-4-25 アイビーホール 1F

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13263937/


| | コメント (0)

2021/10/28

ラタトゥイユ・オ・プーレ / ジャンナッツ(神宮前ランチ)

Point-blur_20211028_132424


ひさしぶりに来たらちょっと値上がりしていたジャンナッツでラタトゥイユ・オ・プーレを注文。1000円。


鶏肉のトマト煮、豆とナスのラタトゥイユ、サラダ、雑穀米がワンプレートで提供されます。鶏肉は、昔は骨付きのもも肉を使っていましたが、いまは骨のない胸肉ですかね。このほうが食べやすいけれど、旨みはやはり骨付きのほうが強かったと思います。


サラダにはドレッシングではなく塩とオリーブオイルと(おそらく)ワインヴィネガーがかかっています。そのオリーブオイルが昔はすごくおいしかったと記憶しているのだけど、今日はなんか普通です。


トマト煮もサラダも、もっとおいしかったと思うんだけどなあ。口が肥えたのかなぁ。


サロン ド テ ジャンナッツ

050-5597-5006

東京都渋谷区神宮前5-46-10 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13141883/


| | コメント (0)

2021/10/27

真鯛のポワレ 青のりクリームソース / ビストロ・アヴァンス(表参道ランチ)

Point-blur_20211027_132506

Point-blur_20211027_132525


真鯛のポワレ 青のりクリームソースです。スープとドリンク付きで1300円。


真鯛の皮はカリッと香ばしく、身はふっくらと焼かれています。ソースは青海苔の磯の風味のほかに、魚の出汁の風味もあって、鯛の旨みとよく合います。


香ばしく焼かれた皮の下には輝くように白い身があり、その白さがソースの優しい緑色と美しいコントラストになっています。ガルニも、白い蕪と、緑色のインゲンとブロッコリーという具合に、全体が白と緑で統一されていて、色合いがきれいです。


今日のスープはコーンスープ。甘い風味でほっとします。


最後にコーヒーを飲んで、ごちそうさま。


Bistro AVANCE

03-6805-0069

東京都港区南青山5-1-25 北村ビル B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13256212/


| | コメント (0)

2021/10/26

野菜ちゃんぽんカレーうどん / カレーうどん千吉(表参道ランチ)

Point-blur_20211026_132922


アヴァンスで真鯛のポワレを食べようと思っていたのだけど、行く途中にある千吉で、ふだんは859円の野菜ちゃんぽんカレーうどんが今週だけ650円というポスターを見てしまい、しかも混んでいることの多い千吉がそのときはウエイティングもかかっておらず席も空いていたので、つい入ってしまいました。昨日と一昨日の夜もカレーライスだったのに。



初めて食べる野菜ちゃんぽんカレーうどんは、その名のとおりキャベツやニンジン、ネギ、モヤシなどの野菜がたっぷり入っていました。そのほかに、薄いかまぼこや油揚げ、いかにも冷凍のシーフードミックスぽい小さなエビ、イカ、アサリ、さらには薄切りの豚肉なども入っていて、なかなかの具だくさん。カレースープにも魚介の出汁や野菜の旨みが感じられ、とてもおいしゅうございました。


カレーうどん 千吉 表参道店

03-3400-4920

東京都港区南青山5-6-25 南青山ステラハウス 1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13018997/


| | コメント (0)

2021/10/25

ハンバーグ定食 デミグラスソース / ほの字(神宮前ランチ)

Point-blur_20211025_133543


ときどき食べたい「ほの字」のハンバーグ。今日はデミグラスソースにします。ふっくらふんわりジューシーで、変わらぬおいしさ。この近辺で1000円以下で食べられるハンバーグのなかでいちばんおいしい(自分調べ)という評価は変わりません。


今日の小鉢は麻婆豆腐。ほどよくピリ辛で、15年くらい前だったらこれだけでごはん1杯いきたくなる旨さ。胃腸の老いが残念です。


今日のお椀はネギたっぷりの豚汁。これまた濃すぎず薄すぎずのバランス良い味付けです。おなかがいっぱいでなかったらおかわりしたかった。


ハンバーグのガルニには生野菜のサラダがたっぷりついています。さらにパスタサラダもついていて、本当におなかいっぱい。


ごちそうさまでした。


ほの字 青山店

050-5570-5839

東京都渋谷区神宮前5-50-2 青山エンジョウビル B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13014215/


| | コメント (0)

2021/10/22

親子丼と盛り蕎麦 / 青乃(南青山ランチ)

Point-blur_20211022_132559


雨が降っているので会社のそばの「はじめまして」で親子丼でも食べようと思っていたのだけど、今日はランチ営業がおやすみでした。しかたがないので青乃で食べることにします。親子丼と盛り蕎麦のセット、990円にドリンク無料券で焼酎のお湯割りをつけてもらいます。


味が安定しない青乃の親子丼、今日はけっこうしょっぱいです。小皿でついている漬物よりもしょっぱい。ただ、焼酎のお供と考えれば、これくらいのしょっぱさは許容範囲です。


盛り蕎麦はいつもどおりの味ですが、なんか今日のお蕎麦はほぐれが悪い。箸で数本をつまんだだけでそばの塊が持ち上がります。どういうことた?


焼酎のお湯割りは今日も濃い(笑)。最近はただでさえ抗ヒスタミン剤を飲んでいるために一日中眠いのに、このお湯割りで午後の居眠り必至な感じです。困った(汗)


蕎麦青乃

03-3400-3560

東京都港区南青山5-7-17 B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13239195/


| | コメント (0)

2021/10/21

中華カレーライス / 青山ふーちん(北青山ランチ)

Point-blur_20211021_133011


中華カレーライス、550円。ごはんの大盛り無料ですが、普通盛りでもこの分量。カレーがお皿からこぼれそうです。


カレーの上にはコロッケと、セルフサービスの茹で卵もトッピング。このコロッケが、個人的にはけっこう好き。揚げたてではなく常温で、ジャガイモたっぷりの、昔の商店街でお肉屋さんが店頭のショーケースで売っていたコロッケのような、懐かしい味がします。


食後にセルフサービスの杏仁豆腐とコーヒーもいただいてごちそうさま。


赤坂ふ~ちん 青山店

03-6418-3311

東京都港区北青山3-10-13 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13209441/


| | コメント (0)

2021/10/20

アジフライ定食 / 廻船呑屋(表参道ランチ)

Point-blur_20211020_131254

アジフライ定食、870円。身が厚くてふっくらとしたアジがサクサクっと揚げてあります。安心のおいしさ。


なお、尻尾の付け根のそばにめちゃめちゃ硬くて細かい骨がいくつかあり、気づかずに思いきり噛ると歯茎を痛めそうなことには注意が必要です。


廻船呑屋 

03-5774-0015

東京都港区南青山5-6-4 ハイトリオ南青山B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13101325/


| | コメント (0)

2021/10/19

サーモンの低温ロースト アンチョビ茸の白ワインソース / W(表参道ランチ)

Point-blur_20211019_131732

サーモンの低温ロースト アンチョビ茸の白ワインソースです。サラダ、スープバー、ドリンクバー付きで1000円。


サーモン、しっかり温かいのにふわっとジューシーで柔らかく、特に身が厚いところなどはとろけるような柔らかさです。低温ローストならではですね。


ソースは、アンチョビ味はあまりよくわかりませんでしたが、シメジの旨みはたっぷりです。そしてそのシメジが白ワインをしっかり吸っていて、ワインの風味もたっぷり。おいしいです。


ただ、ガルニのスプラウトがなぁ。小さめに切ってはあるのだけど、ともかく食べにくい。特にフォークで食べようとすると、フォークに刺さらないし、乗りにくい。少なめに乗せてもあちこち飛び出しているので、口に入れるときに飛び出した部分が入りきらずに顔についたりこぼれたり。味は嫌いではないのだけど、この食べにくさはなんとかならないものですかねぇ。


W omotesando

https://r.gnavi.co.jp/4zbukkey0000/

| | コメント (0)

2021/10/18

アサリとカレイのパリパリ焼き バジルおろし添え / W(表参道ランチ)

Point-blur_20211018_131709


Wのパリパリ焼きシリーズ、今日はアサリとカレイのパリパリ焼き バジルおろし添えです。


たいていは魚1種が包まれているパリパリ焼きですが、ときどきアサリが一緒に入るようです。前回、アサリが入ったのは、たしか鱈のときでした。火を入れると身が崩れやすい魚のときにアサリが追加されるのでしょうか。


アサリの味が強くてカレイの味はよくわかりませんが、ふわっとほろっとした食感にカレイが活きているやうに思います。バジル風味の大根おろしも爽やかで、油を吸ってパリッとなった春巻の皮をさっぱりと楽しませてくれます。


サラダ、スープバー、ドリンクバー付きで1000円。


W omotesando

https://r.gnavi.co.jp/4zbukkey0000/

| | コメント (0)

2021/10/15

ダブルカレーライス / めがみや(神宮前ランチ)

Point-blur_20211015_132727

Point-blur_20211015_132752


居酒屋だけど、元はインド料理屋だった名残?でランチにはインドカレーを出す「めがみや」で、すごくひさしぶり(2年以上来ていなかった)にダブルカレーライスを食べます。サラダとドリンク付きで900円。


ライスを挟んで、挽き肉とゆで卵カレー、チキンほうれん草カレーが盛ってあります。辛さは普通、中辛、辛口から選べますが、以前、辛口を頼んだら辛さだけが強調されていて味のバランスが悪かったので、今日は中辛にします。


挽き肉とゆで卵カレーは、以前はもう少し挽き肉がたくさん入っていたように思うのですが、いまはソースの陰からときどき見つかるくらいにしか入っていません。しょぼい。味もトマト味が強くなり、色も赤みがかっていて、以前の記憶とはずいぶん変わったように思います。


チキンほうれん草カレーも、インドカレーでチキンとほうれん草の組み合わせといえばサグチキンですが、ほうれん草がメインで緑色をしたサグチキンとは似ても似つかぬ茶色い色合い。普通のカレーソースの中に細かく刻んだほうれん草が少し入っているだけです。チキンも小さな切り身が2つぐらい。しょぼい。


そして、どちらのカレーもなんか小麦粉の味がする。インドカレーらしいクミンやカルダモン、ターメリック、クローブなどのスパイスの風味は感じられず、ほとんど日本のカレーみたいな味です。これはこれでおいしいけど、インドカレー屋にこの味は求めてないんだよなぁ。


ドリンクはホットチャイにしました。これもスパイス風味は弱いけど、それでもほんのりエキゾチックなニュアンスが感じられる甘い紅茶でおいしかった。


炭火焼だいにんぐ めがみや

03-3409-8480

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13197225/



| | コメント (0)

2021/10/14

ワラサのムニエル トマトソース / ビストロ・アヴァンス(表参道ランチ)

Point-blur_20211014_130806

Point-blur_20211014_130830

Point-blur_20211006_130549


ワラサのムニエル トマトソースです。1300円。


ワラサというのはハマチとブリのあいだでしたっけ? 家で塩とレモンとハーブなどを使ってソテーやムニエルにしたときはあまり感じたことがありませんでしたが、ここのムニエルはトマトソースとの組み合わせのためか、けっこうブリっぽい味わいです。旨みしっかり。


ガルニには、この店ではおなじみの茹でたブロッコリーと焼いたナスのほかに、今日はカボチャっぽい見た目の黄色い野菜の焼いたものが載っていました。見た目や食感はかぼちゃっぽいけれど、カボチャのような強い甘みはなく、なんか優しい感じの味わいです。たぶん瓜の仲間だと思いますが、なんだろか。


あと、ベビーリーフっぽい葉っぱが2枚載っていて、ハッな自体は普通なのだけど、そこに少しかかっていたオリーブオイルがとてもおいしかった。これまでにも使っていたオイルなのでしょうが、オイルの風味そのものをダイレクトに感じる料理をこれまで食べていなかったんだな、きっと。上品な香りと旨みを感じられる、とても良いオリーブオイルだと思いました。どこのオイルかなぁ。ビストロだから、やっぱりフランス産かなぁ。


今日のスープはマッシュルームのポタージュ。森を思わせるようなマッシュルームの豊かな香りが楽しめる、おいしいポタージュでした。


食後にコーヒーをいただいてごちそうさま。1日あたりランチ予算をオーバーした分は昨日のランチ費用で相殺済みなので、心置きなく食事を楽しめました。


Bistro AVANCE

03-6805-0069

東京都港区南青山5-1-25 北村ビル B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13256212/


| | コメント (0)

2021/10/12

釜揚げしらす丼と盛り蕎麦 / 青乃(南青山ランチ)

Point-blur_20211012_133948


本当はWに行きたかったのだけど、雨が降ってきてしまったので近場の青乃で食べることにします。釜揚げしらす丼と盛り蕎麦のセット、990円。


緊急事態宣言が解除されて提供が復活した焼酎のお湯割りを、ドリンク無料券でつけてもらいました。しかし、ひさしぶりの焼酎提供にお店のオペレーションがまだ追いついていないのか、お湯が沸いていないため提供が少し遅れるというアナウンスが。それはかまわないのだけど、その後、料理が提供されても焼酎は来ず。請求したら、どうやら提供忘れのようでした。まぁ、ひさしぶりだし、昼に焼酎のお湯割りを飲む客なんてそう多くはないのだろうから、そういうこともあるてしょう。請求後に急いで持ってきてくれた若いお兄ちゃんスタッフさんはとても感じが良かったので、ドンマイです。それになんか、遅れたことへのお詫びなのか?焼酎がずいぶん濃い気がするし(笑)。ただ、以前は焼酎のつまみとしてついていた揚げ蕎麦が、今日はありません。メニューチェンジでなくなったのかなと思ったら、単に忘れてただけみたい。まぁ、そういうこともあるでしょう。無料券でもらっているので文句は言いません。


お蕎麦もしらす丼も、特別おいしくはないけれど、普通かつ十分においしいです。それに、焼酎と一緒に楽しむには、やはりこのメニューがよく合います。ごちそうさま。


蕎麦青乃

03-3400-3560

東京都港区南青山5-7-17 B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13239195/


| | コメント (0)

2021/10/11

銀サワラのパリパリ焼き 青シソのジュレ添え / W(表参道ランチ)

Point-blur_20211011_130818

Point-blur_20211011_130834


Wのパリパリ焼きシリーズ、今日は銀サワラのパリパリ焼き 青シソのジュレ添えです。


これまでのパリパリ焼きは春巻の皮で魚を角材形に包んでありましたが、今日はフィレの形を生かした包み方がされています。銀サワラというのはサワラとは違う魚のようですが、白身でふっくらしていてなかなかおいしい。


ソースには青シソを使ったジェノヴェーゼのようなものがお皿の周辺に添えられてあり、その爽やかな風味が油でパリパリになった春巻の皮のこってり感を抑えてくれます。あと、とびっ子が少し散らしてあります。


魚にはなにかでほんのりと甘みをつけてあるようで、ちょっと不思議な味わい。この甘み、なんだろう? 砂糖の甘みとは違うような気がします。もっと穏やかで自然な感じで、嫌ではありません。


なんか、おもしろい味わいの料理でした。サラダとスープバー、ドリンクバー付きで1000円。


W omotesando

https://r.gnavi.co.jp/4zbukkey0000/

| | コメント (0)

2021/10/07

生姜焼き定食 / 青山ふーちん(北青山ランチ)

Point-blur_20211007_132559


メニューブックは「しょうが焼き」、注文伝票は「生姜焼き」と、表記が違うのが気になってしまう、ふーちんの生姜焼き定食、780円。


豚肉のほかに玉ねぎがたくさんと、細切りにしたニンジンとピーマンも入っていて、ガルニ代わりにキャベツの千切りもついているという、野菜たっぷりメニューです。味付けは少し甘めですが、砂糖っぽい甘さではなく玉ねぎっぽい甘さなところが好ましい。半分くらい食べたところで特製一味唐辛子を投入し、後半はピリ辛にすると最後まで飽きずに食べられます。


細切りゴボウのサラダとスープが付きます。ごはんには無料で高菜か明太子をトッピングできるので、高菜を載せてもらいました。


写真には撮りませんでしたが、このほかにセルフサービスで、ゆで卵が1つと、デザートの杏仁豆腐、コーヒーもつけられます。ごはんは大盛りもおかわりも無料。北青山のイメージを覆すコスパです。


赤坂ふ~ちん 青山店

03-6418-3311

東京都港区北青山3-10-13 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13209441/


| | コメント (0)

2021/10/06

コショウダイのポワレ アサリのクリームソース / ビストロ・アヴァンス(表参道ランチ)

Point-blur_20211006_130506

Point-blur_20211006_130532

Point-blur_20211006_130549

コショウダイのポワレ アサリのクリームソースです。1300円。


コショウダイってたぶん、食べるの初めてです。白身の魚で上品な甘みを感じます。ほどよく弾力があって、食感も良いです。


アサリのクリームソースは、アサリの出汁が感じられます。サラッとさせたクラムチャウダーっぽい? 殻付きだけでなく剝き身のアサリもたっぷり入っています。塩気を抑えた優しい味わいです。


ソースが優しいクリーム味な分、魚にはもう少し胡椒が効いていてもよかったかもしれません。ただ、ガルニのボイルドブロッコリーとこのソースの相性がめちゃめちゃ良い。ブロッコリーの旨みとアサリの風味、クリームの甘みがすばらしく合います。


ガルニにはほかに、茹でたオクラとしっかりソテーしたナスが乗っています。いつも思いますが、焼いたナスって本当においしい。表面はカリッとしていて、中はとろとろです。


今日のスープはゴボウのポタージュでした。ゴボウのポタージュとしか言いようのない味。土臭い風味をクリームの甘みが優しく包み込んでいて、なかなかおいしいです。あと口に少しだけエグミというか、ゴボウの灰汁のようなニュアンスが残る気がします。これがなければさらに良かったかも。


食後にコーヒーをいただいて、ごちそうさま。


今月は祝日がないので、1日あたりのランチ予算をオーバーした分をどうやって相殺するか思案中。


Bistro AVANCE

03-6805-0069

東京都港区南青山5-1-25 北村ビル B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13256212/


| | コメント (0)

2021/10/05

スモークサーモンのパリパリ焼き ロブスターカレーソース / W(表参道ランチ)

Point-blur_20211005_132331

Point-blur_20211005_132350


魚の切り身やほぐし身を春巻の皮でくるんでカリッと焼きあげた「パリパリ焼き」シリーズ、今日はスモークサーモンのパリパリ焼きです。春巻の皮で包むことでスモークの香りが外へ逃げず、しっかりはっきりとスモークが香ります。とても良い匂い。


ただ、中のスモークサーモンがかなりしょっぱい。塩が非常に強いです。日本では塩鮭に醤油をかけて食べるような人も少なくないのでこのくらいのしょっぱさもある意味では普通なのかもしれませんが、自分にはしょっぱすぎて、サーモンの味がよくわかりません。


ソースはロブスターカレーソースだそうです。ロブスター味はよくわかりませんが、カレー風味のケチャップソースといった感じで、これはこれでおいしいです。ただ、スモークサーモンが非常に塩辛いので、ソースはさっぱり系のほうがよかったかなとは思います。柑橘系の酸味がほしい。サーモンの塩の量がもっと適正だったなら、このソースとの組み合わせももっとおいしかっただろうになぁ。


ガルニに里芋のロースト? グリル? が乗っていて、柔らかな甘みとねっとりふわっとした口当たりが楽しいです。これはソースとの相性も良いですね。


サラダ、スープバー、ドリンクバー付きで1000円。


W omotesando

https://r.gnavi.co.jp/4zbukkey0000/

| | コメント (0)

2021/10/04

から揚げ おろしポン酢 / ひごの屋(北青山ランチ)

Point-blur_20211004_131309


から揚げ おろしポン酢です。なんだろう、なんか甘いです。から揚げの下味になにかの甘みがつけてあるっぽいです。ポン酢もなんか、砂糖っぽいというか、味醂ぽい甘さがあります。


和食ではよくありますが、こういう砂糖っぽい甘みをつけた料理が自分は苦手です。せっかく大根おろしでさっぱりしようと思っても、下味とポン酢の甘さがすべて打ち消してしまいます。ならば漬物でさっぱりしようと思ったら、大根の漬物も砂糖っぽい甘さがつけており、がっかりです。


レモンがほしい。ライムがほしい。ワインヴィネガーがほしい。変に甘くない「はじめまして」か廻船呑屋の唐揚げのほうが自分は好きだな。


鶏ハムっぽいのが少し添えられたポテトサラダ、ごはん、味噌汁がついて900円。ごはんと味噌汁はおかわり無料です。この料理を頼むことはもうないでしょう。


ひごの屋 青山本店

03-3406-1766

東京都港区北青山3-12-7 カプリーズ青山 2F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13013013/


| | コメント (0)

2021/10/01

ホットポークカレー / はじめまして(南青山ランチ)

Point-blur_20211001_131412


ホットポークカレーです。「ホット」というだけあり、ほどよくしっかり辛いです。ただ辛いだけでなく酸味や旨みもあり、味わいのバランスがいいです。豚肉は角切りにしたものが3つほど入っていました。


クローブ、カルダモン、シナモン、ほかにも名前のわからない粒など、さまざまなスパイスがホールでたくさん入っています。これらが味わいの良さにつながっているのでしょうが、カレーソースにまぎれているため、よけながら食べるのは難しいです。気づかずに食べて噛んだ途端に口の中が「うひゃあ」となります。これはこれで楽しくはあります。


サラダ、味噌汁、ソフトドリンクがついて900円。ごちそうさまでした。


呑喋処 はじめまして

東京都港区南青山5-12-6 青山第2和田ビルB1F

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13230584/


| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »