« 2020年2月 | トップページ

2020年3月

2020/03/22

ヘレディタリー/継承 Hereditary (2018)

最初はゴースト系のホラーかと思って観ていたが、最近となっては懐かしさを感じさせるサタニズム系オカルトホラーだった。オカルト系の作品は、個人的には好きなほうで、『オーメン』『ローズマリーの赤ちゃん』『サスペリア2 赤い深淵』などはいまでも名作だと思っているけれど、この映画はなんだかなぁ。展開は遅いし、じわじわと迫り来る得体の知れない恐怖もあまり感じないし、そうしたものの不足を補うような印象的な恐怖シーンや、登場人物に大きく感情移入できるような人物描写もないし。アメリカの評論家などからの評価は高かったらしいけれど、自分の印象としては往年のオカルト系名作には遠く及ばない、微妙なレベルの作品といった感じ。


| | コメント (0)

マスカレード・ホテル (2019)

飲食店やホテルといった「接客の現場」を舞台にした作品は個人的に好きなこともあり、この映画も楽しく観られた。最初の事件の容疑者のアリバイが、友人がその容疑者の自宅にかけた電話だけだというのに、かけた側の電話の通信記録も、受けたはずである容疑者の自宅電話の通話記録も、警察が取り寄せ確認をしていないというのはあまりにずさんではないか、そんな操作能力で連続殺人の捜査ができるのかとか、思うところはあるが、木村拓哉と長澤まさみが扮する主人公たちが、次々に登場する怪しげな宿泊客たちの「隠された事実」を見抜いていくオムニバス作品的な楽しみ方もできて、全体としておもしろかった。
ちなみに、木村拓哉の歩き方やお辞儀のしかた、待機時の手の位置などが、はみ出し刑事としての登場時はだらだらとしたものだったのに、潜入捜査が進むにつれてホテルマンらしいかっちりとしたものになっていき、捜査が終了し刑事に戻るとまた歩き方も揺れるようなものに戻るところに、ちゃんと考えて演技をしているのだなということが感じられ、好感を持った。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ