« その「助詞」が気になる | トップページ | 言葉の選択の不統一が気になる »

2020/02/06

語順とか助詞とか読点の位置とか、いろいろ気になる

日本語はけっこうフレキシブルな言語ですから、語順が多少前後しても助詞や読点が適切に使われていれば、それなりに誤解なく意味が伝わります。しかし、この記事の文章はいろいろ危険な感じがします。


実際にイリノイ州では昨年、納屋のドアに防犯のため散弾銃を使った罠を仕掛けて盗みに入った男が死亡している。
(Techinsight 2019.12.04 05:50 「【海外発!Breaking News】防犯用拳銃の罠に仕掛けた本人が被弾、死亡する(米)」より)
https://japan.techinsight.jp/2019/12/masumi12011403.html


死亡した(述語)のは「男」(主語)であることは明白ですが、その「男」の前にある部分の文章がおかしい。

「男」にいちばん近い「盗みに入った」との組み合わせは自然です。「盗みに入った男」が死んだと。
気持ち悪いのは「罠を仕掛けて」の部分です。

ちなみに、「散弾銃を使った」は「罠」の内容の説明ですね。「散弾銃を使った罠」を仕掛けたと。
「防犯のため」は、「罠を仕掛け」た理由の説明。「防犯のために罠を仕掛けた」と。
「納屋のドアに」は、「罠を仕掛け」た場所の説明。「納屋のドアに罠を仕掛けた」と。
「納屋のドアに防犯のため散弾銃を使った罠」という文章で、どこに、どういう理由で、どういうタイプの「罠」を仕掛けたかということが、説明されているわけです。

問題は、このあとです。


罠を仕掛けて盗みに入った男が死亡


これだと、「盗みに入った男」が自分で罠を仕掛けたように読めてしまいます。
実際は、罠を仕掛けたのは「盗みに入った男」が盗みに入った家の持ち主です。
それなのに、「盗みに入った男」という主語を修飾するように「仕掛けて」と能動態を前に置くから、おかしな感じになるのです。

せめて「罠を仕掛けて、盗みに入った男が死亡」という具合に、途中に読点があれば、「罠を仕掛て」と「盗みに入った」のあいだの結びつきが少し弱まり、それぞれ別の対象についての説明であるとの書き手の主張に多少の説得力が発生したかもしれません。
ただ、それでも読者のもつ「文脈を読む力」への依存度が高く、誤解を生む可能性のある文章表現だと感じます。

では、どういうふうに書けばいいのか。

「納屋のドア」とか「防犯のため」とか「散弾銃を使った」とかは「罠」の説明ですから、それらをいったん脇に置き、この文章が伝えたいことをごくシンプルにすると、

「盗みに入った男は、仕掛けられた罠で死亡した」

ということです。
これをもとに、脇に置いた「罠」の説明を戻していってあげると、たとえばこんなふうになります。


「納屋のドアに防犯のために仕掛けられた、散弾銃を使った罠で、盗みに入った男が死亡している」


ただ、これだと「納屋のドア」がけっこう強めに印象に残ります。
罠を仕掛けた理由は「防犯のため」であり、実際にその罠で「盗みに入った男」の犯罪を阻止している(少なくとも「住居侵入」以外の犯罪は防いでいる)わけですから、自分としては「防犯」を強調したい感じがします。
そうすると、語順としてはこんな感じでしょうか。


「防犯のために納屋のドアに仕掛けられた、散弾銃を使った罠で、盗みに入った男が死亡している」


なお、「罠」を説明する言葉が多く、全部をそのまま並べると長くなってしまうので、「死亡している」という述語に最も関係の深い「散弾銃を使った」だけを「罠」と直接に連携させ、それ以外の説明とは読点で区切りました。
「散弾銃を使った罠」で死亡することはあっても、「防犯のための罠」や「納屋のドアに仕掛けられた罠」で死亡することはあまりなさそうという理由です。

ちなみにこの記事、「防犯用拳銃の罠に仕掛けた本人が被弾、死亡する」というタイトルもなんだか気持ちの悪い文章です。
「罠」は「かかる」ものであり、「被弾」するものではありませんから、「罠に被弾」という組み合わせが気持ち悪い。
自分だったらどうするかな。たとえば、こんな感じでどうでしょう。


「罠に仕掛けた防犯用拳銃で本人が被弾、死亡する」


直しを最小限にするなら、「罠に」の「に」を「を」に替えて、


「防犯用拳銃の罠を仕掛けた本人が被弾、死亡する」


というのでもいけそうです。
ただ、これだと意味を明確にするには、「防犯用拳銃の罠を仕掛けた本人が、(仕掛けた銃により)被弾、死亡する」というように、( )内を読み手に補足してもらわなくてはなりません。
文芸などでは読者に「行間を読ませる」という考えもありますが、ビジネス系の書籍では「明確に、誤解がないように伝える」ことを重視することが多いので、読み手が内容補足をする必要がない文章にすることを、自分は意識しています。

|

« その「助詞」が気になる | トップページ | 言葉の選択の不統一が気になる »

通りすがりの編集者ですが、ちょっと校正してもいいですか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その「助詞」が気になる | トップページ | 言葉の選択の不統一が気になる »