« 2019年4月 | トップページ

2019年5月

2019/05/02

PUFFY / amiyumi (1996)

PUFFYといえば、やはりデビュー曲「アジアの純真」の印象が強く、若い女性のデュオにしてはだらけているというか、いい具合に力が抜けていて、それが魅力だと思ったわけですが、このデビューアルバムを聞くと、彼女たちの力の抜け具合は「いい具合」どころではなかったのだとわかります。ゆるゆるのふわふわな歌声がレイドバックし放題。演奏もスカスカで、だけどけっして適当なわけではない、意識されただらけ具合といった感じで、心地よいです。アルバム全体を聞くと、力が抜けていると思っていた「アジアの純真」は、むしろ張り切って歌っているし、演奏も厚みがあって、実はデビューシングルだから力を入れてつくったんだなと感じます。その力の入り具合が、かえってアルバムのなかでこの曲を浮いた存在にしてしまっているようにすら思えます。

曲やメロディは全体的にプロデューサーである奥田民生のテイストが強いのだけれど、そこにPUFFYのふたりの力の抜けたヴォーカルが乗ることで、独特のゆるさと気楽さがありつつ大事なポイントははずさない、なかなかの名作になっていると感じます。シングル曲やテレビでしゃべっているときのイメージなどから、あまり期待せずに聞いたアルバムでしたが、PUFFYいいじゃん。

 

| | コメント (0)

2019/05/01

佐藤宏之 『気分はグルービー』

まだギターを弾いていた大学生だったころに、同じ音楽サークルの後輩の家で読んで、なかなかおもしろかった記憶があったのだけど、あらためて読み返してみたら、思ったよりおもしろく思えなかったのは、自分が年を取ってしまったからだろうか。というか、ロックバンドをテーマにしたコミックだと思っていて、もっと演奏シーンがたくさんあったように記憶していたのだけど、意外と演奏シーンが少なかった。ロックバンドがテーマというよりは、人気のある高校生ロックバンドにあとから参加したドラマーの兄ちゃんと、その兄ちゃんをバンドにスカウトしたキーボーディストの姉ちゃんの煮え切らないラブストーリーと、バンドのメンバーである高校生たちの馬鹿っぽい青春ストーリーが、むしろ主軸だったんだな。もっとバンド活動やロックへの愛情や苦悩のようなものが強く感じられるような内容のものが読みたかったと思った。

 

 


 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ