« 2018年2月4日 - 2018年2月10日 | トップページ | 2018年2月18日 - 2018年2月24日 »

2018年2月11日 - 2018年2月17日

2018/02/15

チーポテトマジョ@青山トロ(南青山ランチ)

青山トロのチーポテトマジョ。以前からランチメニューに載っている定番のひとつです。サラダ、スープ、ドリンクバーがついて1000円。


20180215_124925181


サラダはもちろん特盛りです。特盛り料金無料でこのサイズ。ここで最近の野菜不足をいっきに解消します。

白菜、キャベツ、レタス、トマト、きゅうり、かぶ、ワカメなど、いろいろなものが入っていて楽しいです。


20180215_125713969


チーポテトマジョ。茹でた鶏肉入りのトマトソースでマッシュポテトをゆるくのばしたものの上にとろけるチーズをかけてオーブンで焼いたような料理です。

味付けは意外と薄めで、じゃがいもの甘みとチーズのこくのあるうまみをトマトの優しい酸味が包み込んでいるような、そんな味わい。優しい味なのだけど、後口にはほのかにスパイスの辛さや刺激が残るところがいいです。

添えられているパンは軽く温められていて、外側はカリッとしているけど中はふわふわな口当たりもいいし、味もヨーロッパのパンらしい風味があっていいです。


20180215_131016861


最後はいつもどおりコーヒーをいただいてごちそうさま。

前回来たときは体調不良でお休みしてた、とても感じのいいホールのひげのおじさんも復活しててよかったよかった。


青山 TORO
ジャンル:スペインバル
アクセス:東京メトロ千代田線表参道駅B1口 徒歩3分
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-8-5 南青山8953ビルB1F(地図
周辺のお店のネット予約:
ベニーレガーデン 表参道原宿のコース一覧
きんくら酒場 金の蔵 渋谷桜丘店のコース一覧
渋谷 こてがえしのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×スペインバル・イタリアンバール
情報掲載日:2018年2月15日

| | コメント (0)

2018/02/11

桐島、部活やめるってよ (2012)


いかにも日本映画らしい作品だと思う。情緒的で、ストーリー展開よりも登場人物の心情の動きを楽しむタイプ。こういうタイプの作品は、自分はあまり好きではない。それでも最後までそれほど退屈せずに観ることができたのは、若い役者さんたちがそれぞれに若いゆえの繊細さとか純粋さとかいやらしさとか狡猾さとかを上手に演じていたからだと思う。東出昌大の役者としての魅力はあいかわらずよくわからないが。


| | コメント (0)

ザ・レガシー ep:1 失われた地底帝国の謎 El Dorado: Temple of the Sun (2010)


はるかむかしに失われた伝説の都市とそこに眠る財宝を探し求めるトレジャーハンターが主人公で、それに協力する者たちとの掛け合いがあったり、それを邪魔し阻止しようとする敵方との戦いがあったりという、典型的なアドベンチャー・ムーヴィーなのだけど、観ていてちっとも高揚感を得られないのはなぜだろうか。緊張感も緊迫感もないシーンの連続。物語の展開も淡々としていて緩急やメリハリがなく、トレジャーハンティングの途中で起きた出来事を順番に紹介しているだけだし、登場人物間のセリフの掛け合いもリズムが単調だし、会話の内容にもおもしろみがない。エピソード1が107分、エピソード2が101分の全2話で構成されているらしいのだが、あまりの退屈さにエピソード1を最後まで観るだけでも苦痛で、エピソード2は観るのを断念した。

ヒロインのナタリー・マルティネスは、のちにテレビドラマシリーズの『アンダー・ザ・ドーム』や『APB ハイテク捜査網』でメインキャストを務めた人だが、この2作品とも自分にはつまらなかったんだよなぁ。テンポ感とか会話の妙といったところがぜんぜんだめで。この人が出る作品は自分には合わないのかも。なお、上記テレビドラマシリーズではずいぶん体が大きくなってましたが、この『ザ・レガシー』はこれらよりも前の作品で、ナタリーさんがまだ比較的細いです。

主人公のトレジャーハンター役はシェーン・ウェストという人で、日本版のWikipediaによると1990年代後半から様々な映画やテレビドラマに出演しているのだけど、そのフィルモグラフィのなかにこの『ザ・レガシー』が含まれていないところに、この作品の評価を見た気がしないでもない。

『ザ・レガシー』はいわゆるテレビ映画なので、劇場で公開される映画と比べることはできないが、それでもこの退屈さと比べると、『インディ・ジョーンズ』シリーズとか『ハムナプトラ』シリーズとか、あるいは『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』とか、本当によくできた作品だなと思う。

そういえば、『ザ・レガシー』の主人公はジャック・ワイルダーという名前なのだが、もしかしたら『ロマンシング・ストーン』シリーズの主人公であるジャック・コルトンとジョーン・ワイルダーからとったのかな。だとしたら『ロマンシング・ストーン』に土下座して謝れといったレベルの内容だった。





| | コメント (0)

« 2018年2月4日 - 2018年2月10日 | トップページ | 2018年2月18日 - 2018年2月24日 »