« ドント・ハングアップ Don't Hang Up (2016) | トップページ

2018/09/04

The Samurai of Prog / Secrets of Disguise (2013)


フィンランドのプログレッシヴ・ロック・グループ。たしかセカンド・アルバムだったと思います。2枚組全15曲収録のうち、12曲は往年のプログレッシヴ・ロック・グループの曲のカバーです。

Englandの「Three Piece Suite」とか、Genesisの「Dancing With The Moonlit Knight」とか、やっぱり曲自体のクオリティが高いなと感じます。オリジナルと比べるとどうしてもヴォーカルに弱さを感じてしまいますが、これはこれで優しくポップなニュアンスがあって悪くないですね。「To Take Him Away」とか、なんかすごく素敵なメロディで、この曲、知ってるし絶対CDかLPを持ってるはずだけど誰の曲だったっけなと思ったら、Sandroseでした。ヴォーカルの雰囲気がだいぶ違うはずだから、あとでオリジナルも聴いてみよう。Yesの「Time And A Word」も、やっぱりいい曲だな。Yesの初期の名曲のひとつですね。

カバー曲のオリジナルのアーティストの持つ個性をうっすらと感じさせながらも、ヴォーカルと演奏で全体に調和と統一感があって、爽やかなプログレッシヴ・ロックが楽しめます。




|

« ドント・ハングアップ Don't Hang Up (2016) | トップページ

ジャンル:プログレッシヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドント・ハングアップ Don't Hang Up (2016) | トップページ