« 赤い報告書 鮮血の天使 (1988) | トップページ | ピッツァ・ビアンカ・ネーヴェとか真鯛のソテーとか@ジュリエーゼ・ダ・エンメ(鷺ノ宮ディナー) »

2018/08/15

ミクロの決死圏 Fantastic Voyage (1966)


すごく古い映画で、すごくひさしぶりに観たのだけど、いま観てもおもしろいな。CGがない時代の特撮なので、いわゆるリアリティはないのだけど、そもそも実際に入って内側から見たことのない血管内の様子を精密に再現したところで観ている側がどれだけリアリティを感じるかも疑問だし、それよりも、フィクションだと理解したうえで幻想的なワクワク感を感じられるこういう特撮のほうが楽しいように思う。技術力に限界がある分をアイデアとイマジネーションで補って余りある映像。ストーリーもテンポよく、ほどよくスリルもあって、よくできている。血管内に放棄してきた潜水艇はどうなったのかとか、もし血管内で復元されてしまったら大参事じゃないかとか、気になるところもあるけれど、それはそれとしておこう。



 TSUTAYAで検索


|

« 赤い報告書 鮮血の天使 (1988) | トップページ | ピッツァ・ビアンカ・ネーヴェとか真鯛のソテーとか@ジュリエーゼ・ダ・エンメ(鷺ノ宮ディナー) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤い報告書 鮮血の天使 (1988) | トップページ | ピッツァ・ビアンカ・ネーヴェとか真鯛のソテーとか@ジュリエーゼ・ダ・エンメ(鷺ノ宮ディナー) »