« ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 Pay the Ghost (2015) | トップページ | ミクロの決死圏 Fantastic Voyage (1966) »

2018/08/15

赤い報告書 鮮血の天使 (1988)


エログロなジャパニーズ・ゴア・ムービーです。にっかつ作品なので、およそ60分の上映時間のうちの半分くらいはポルノです。残りの30分くらいのうちの10分くらいはイメージビデオ風で、あとの20分ぐらいがグロでゴアなスプラッタ・シーンという構成です。「悪魔祓い殺人事件」というサブタイトルがついていて、そのむかし実際にあった、宗教の狂信的な信者によるバラバラ殺人をモチーフにしているらしいです。悪魔に憑かれた男性を「除霊する」という名目で殺し、清めるために死体を損壊し塩漬けにしたりするというストーリーです。

全体の半分くらいあるポルノ・シーンは早送りでいいと思います。どうせ見るのなら最近のAVのほうが女優さんもきれいだし。普通のAVでは見られない、解体した死体の一部を使ったポルノ・シーンは、これよりも、同じにっかつ作品の『処女のはらわた』(1986)のほうがおもしろいように思います。

それよりも、この作品の見どころは、やはり死体の損壊シーンでしょう。首切って腹切って内臓取り出して塩もみにして部屋中真っ赤でぐちゃぐちゃです。盛大なゴア・シーン。ただなぁ、最近はアメリカの医療ドラマなどで普通に放送される手術中の術野のシーンとかをたくさん見ちゃっているからか、いかにもつくりものっぽい内臓がにょろにょろ出てくるのを見ると少し滑稽に思えてしまう今日この頃です。女優さんの妄想のなかで女優さんが着ている真っ白な衣装がおなかのあたりの内側から赤く染まっていくシーンは美しかった。


赤い報告書 鮮血の天使 (日活作品データベース)

|

« ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 Pay the Ghost (2015) | トップページ | ミクロの決死圏 Fantastic Voyage (1966) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 Pay the Ghost (2015) | トップページ | ミクロの決死圏 Fantastic Voyage (1966) »