« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/25

パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~


テレビ朝日で放送された、天海祐希主演によるアガサ・クリスティ作品のドラマ化なんだけど、なんでこんなにひどいんだろう。主演の天海祐希のほかに、草笛光子、石黒賢、勝村政信、鈴木浩介、西田敏行、橋爪功と、一癖も二癖もある芝居のうまい人たちをたくさん集めているのに、役者のむだ使いとしか思えない。緊迫感も緊張感も皆無だし、ストーリー展開に緩急も抑揚もないし、展開は遅いし、せりふ回しはとってつけたようで現実感がないし、これでは役者さんたちがかわいそうだ。
詮索好きでおしゃべりなおばあさんのミス・マープルを警官上がりの超優秀なキャリア女性にキャラクター変更したのもなんの役にも立っていないし、安楽椅子探偵としての発想や推理の冴えといったものもまったく感じられない。探偵側、容疑者側、被害者側のそれぞれの人物描写も薄っぺらくて深みやおもしろみがなく、その点でもミステリーとして魅力が薄すぎる。
数多くあるアガサ・クリスティ作品の映像化のなかでも大失敗のひとつだと思える。この分だと、まだ見ていないけど、今日放送された「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」もきっとすごく残念な出来になっているんだろうなと思ってしまう。


パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~ (テレビ朝日)




| | コメント (0)

2018/03/18

牡蠣のフランとか仔牛のローストとか@サンパティック(新井薬師前ディナー)


昨日はひさしぶりに新井薬師前のサンパティックで夕食を食べました。


20180317_182050402


サンパティック、というか、黒岩シェフといえば、やっぱりこれです。アミューズの、赤ピーマンのムース。神楽坂のビストロ・イデアルでシェフをしていたときに、当時ギャルソンヌをしていたSさんが、従業員特権でホールのまま持って帰ったという逸話が残っているほど美味しいのですよ。焼いた赤ピーマンを丁寧に裏ごししてつくっているようで、非常になめらかな口あたりと赤ピーマンのほろ苦さ、焦がしたときの香ばしさが混然一体となって楽しめます。やはり何度食べてもおいしいです。


20180317_184201704


コースとは別に、アラカルトでオードブルを1品追加しました。この季節といえば、やはりホワイトアスパラガスです。独特の旨さとほろ苦さがあるホワイトアスパラは、食べないわけにはいきません。
アスパラのほかに、サーモンとマスのグリルかな、魚が乗っています。カリカリに焼いた魚の皮も香ばしくておいしいです。それに、食べるのはたぶん初めての、フランスのたんぽぽの葉っぱが、これまたやはりほろ苦で、春を感じさせるおいしさです。
下にはツナのソースが敷いてあり、これをパンにつけると非常に高級なツナサンドの味になります。


20180317_191345107


20180317_191333641


コースの前菜。奥様は牡蠣のフラン、自分はフォワグラのソテーにしました。
牡蠣のフランがね、またすごく美味しいの。ふわっとホイップクリームのような口あたりなのに、牡蠣の旨みがしっかりたっぷり感じられます。上に載せられた牡蠣のグリルも、香ばしさと牡蠣の甘みが非常に良いハーモニーです。
フォワグラのソテーは、おいしくないはずがない鉄板の味。口の中でとろけます。下にはリゾットのようなものが敷いてあり、これがまた旨みたっぷりでおいしいのです。


20180317_194034552


20180317_194024140


メインディッシュ。本日の魚料理はヒラメのソテーだったかな。肉料理は仔牛のローストをいただきました。
魚の下にはサフランのソースが敷かれ、上にはタプナードが添えられています。香りと旨みの相乗攻撃です。
仔牛は火の入れ加減が絶妙。表面はかりっと香ばしく、中は全体がピンクで柔らかくジューシー。この焼き加減はどうしてもまねできません。
そして黒岩シェフの料理における楽しみのひとつでもある、ガルニの野菜。なんだろうね、ともかく野菜が美味しい。硬すぎず、柔らかすぎず、生すぎず、火を入れすぎず、野菜の旨みや味わいが強く感じられる絶妙の調理加減。ここで野菜を食べるのは本当に楽しみです。


20180317_201503660


20180317_201445042


デザート。奥様はガトーショコラを、自分は本日のタルトをいただきました。タルトは、バナナのタルトでした。結婚記念日のお祝いの食事ということを伝えておいたら、お祝いメッセージの書かれたチョコレートのプレートを飾ってくれました。

最近はあまり量を飲まなくなったのですが、お祝いなので、料理に合わせてスパークリングワイン、白ワイン、赤ワインをグラスで1杯ずつ飲み、デザートのときにはアメールピコンも飲んじゃったので、少し飲みすぎです。また、料理のソースがどれもおいしいので、残すのがもったいなくてパンをおかわりしちゃったので、だいぶ食べすぎです。帰るころにはおなかパンパンの酔っ払い状態でしたが、やはりサンパティックに来てよかった。

ごちそうさま。


サンパティック
サンパティック
ジャンル:フレンチ
アクセス:西武新宿線新井薬師前駅 徒歩5分
JR中央線中野駅北口 徒歩12分
住所:〒164-0002 東京都中野区上高田2-54-8 アイボリーファーストビル1F(地図
周辺のお店のネット予約:
葡萄屋のコース一覧
Meet Meats 5バルのコース一覧
干物居酒屋 吉祥寺 けむり屋 牛ぉ~鳥こうのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 中野×フレンチ(フランス料理)
情報掲載日:2018年3月18日


サンパティックフレンチ / 新井薬師前駅沼袋駅中野駅

夜総合点-


| | コメント (0)

2018/03/11

Paolo Vallesi / Un filo senza fine (2017)


Paolo Vallesiの7枚目のスタジオ・アルバム。1990年代は2~3年ごとにコンスタントに新譜を出していたのだけど、1999年の『Sabato 17:45』のあとは2015年に『Episodio 1... In questo mondo』とだいぶインターバルが長くなり、なんとなく忘れかけた感じになっていたのだけど、それから2年で新譜が出て、また少し創作意欲が高まってきたのかなと、なんだかうれしく感じます。

新譜ではありますが、全部が新曲というわけではなく、名曲「La forza della vita」の25周年記念ヴァージョンや、「Le persone inutili」のシンフォニック・ヴァージョン、「Grand」のワールド・ヴァージョンなども含んでいます。しかし、それらの曲も浮き上がることなく、アルバム全体がPaolo Vallesiらしい柔らかさでまとまっています。あいかわらずのびやかで美しく、少しセンチメンタルなメロディは魅力的で、優しさのある少しひび割れた声も変わりません。

デビューから25年以上が経ち、さすがにデビュー当初のころのような若々しさは薄まりましたが、その分、落ち着きや奥行きに磨きがかかったように感じます。やっぱりPaolo Vallesiの曲と歌声って好きです。





| | コメント (0)

2018/03/09

黒カレーライス@赤坂ふーちん(表参道ランチ)

ふだんは680円のイカスミ入り黒カレーライスが、いまはワンコインセールだそうで500円でした。ごはんの大盛り無料です。


20180309_125725313


以前からセルフサービスのゆで卵1個は無料でしたが、いまはミニ肉まん1個も無料になってました。蒸し器のなかから自分で取り出すので、もちろん熱々のふかふかです。ミニだけあって具の量もミニですが、味はなかなかしっかりしてておいしいです。

しかし、ゆで卵が最近はすごく殻がむきにくい。前はつるんとむけたのにな。茹で時間か、茹でたあとの熱の取り方が変わったのかしら。


20180309_130123176


黒カレーライス。真ん中に、殻がうまくむけずにまわりがボコボコになったゆで卵をトッピングしました。

イカスミの味はわかりませんが、奥行きを感じさせる味わいでおいしいです。

辛さを追加するためのスパイスが入ったスティックが別添えでついていますが、使わないでもほどよく辛いのでOKです。むしろ、ここに辛みを足すと味わいのバランスが崩れるかも。

また、とても柔らかく煮込まれた牛肉の塊が3つくらい入っていて、ちょっと贅沢な気分になります。

小さなコールスローもどきもついていて、いちおう野菜がとれるのもポイントです。


20180309_131323660


先月来たときに驚いた、セルフサービスの杏仁豆腐1杯無料もまだ続いていました。ふるるんと柔らかく、口当たりのなめらかです。うまし。

最後に、これもセルフサービスで1杯無料のホットコーヒーをテイクアウトして、ごちそうさま。

カレーのワンコインセールはうれしいですが、セルフサービスの無料サービスがこんなについて、経営的に大丈夫なのかと少し心配になりました。


赤坂ふーちん 青山店
ジャンル:ラーメン
アクセス:東京メトロ千代田線表参道駅B2口 徒歩1分
住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-10-13(地図
周辺のお店のネット予約:
全席個室×和食 天空の月 渋谷店のコース一覧
牛兵衛 渋谷店のコース一覧
kawara CAFE&KITCHEN + PLUS 東急東横店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×ラーメン
情報掲載日:2018年3月9日


赤坂ふ~ちん 青山店中華麺(その他) / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

昼総合点-


| | コメント (0)

2018/03/07

メカジキと有頭海老のグリル@W omotesando(表参道ランチ)

初めて入りました、表参道のW。ランチは1000円からで、5種類くらいから選べます。


20180307_132434831_6


メニュー写真ボケすぎー。
今回は、白身魚と有頭海老のグリルを注文。サラダとドリンクバー付きで1000円です。

しかし、この店はやばいです。ドリンクバーのなかに、ワインが含まれているのです!


20180307_124837890


というわけで、まずはさっそく白ワイン。チリのAves del Surというワインのシャルドネです。日本では「デル・スール」という名前で500円くらいで売っているものですが、これがなかなかどうして侮れないというか、けっこうおいしいのです。パッションフルーツなどのような南洋の果実のアジがして、昼に飲むのに最適。トロピカルなさわやかさと豊かな果実の甘みが楽しめます。

ちなみに、ドリンクバーには赤ワインと白ワインがボトルのまま置いてあります。お客さんはそこから自分で好きなだけの量をグラスに注ぐというシステムです。自分はこのあとに赤ワインも飲むつもりなので(おい!)常識的な量しか注ぎませんでしたが、隣の席のご婦人はグラスになみなみとワインをお注ぎあそばしてました。


20180307_125156634


サラダとスープ。

量は少ないけれど、サラダがつくのはやはりうれしいです。内容は、レタスとコーン、トマトですね。

スープもドリンクバーのなかに入っているので、セルフサービスでおかわり無料です。春菊のような青菜の入ったスープでした。


20180307_125555997


メイン料理。白身魚は、メカジキでした。それなりに厚みも大きさもあって、ちゃんと「魚食べたぁ」という気分になります。セミドライトマトのソースがかかっていて、セミドライトマトならではの酸味と旨みが淡白なメカジキとよく合います。

もうひとりの主役の有頭海老も、グリルで香ばしく焼いてあり、おいしいです。身もしっかりしていて大きいし、なにより、海老味噌の部分がワインと合わせてもまったく生臭くならなかったのがすばらしい。海老味噌とワインの組み合わせはなかなか難しく、安いところで食べるとたいていは生臭くなってしまうものですが、ここはきっと新鮮な海老を使っているのだと思います。

魚介の下に敷いてある細切りの野菜が水分が抜けてパサパサだったのと、ガルニのグリルしたアスパラガスが筋っぽかったのは残念ですが、メイン食材の魚介がおいしかったので問題ないです。


20180307_131232488_1


ちなみに魚介は、カウンター席に囲まれたなかにあるグリルパンで焼かれます。調理担当のお姉さんがカウンター席に座ったお客さんと会話しながら手際よく魚介を焼いていく様子を見るのはなかなか楽しいです。


20180307_130313668


メインを食べている途中でワインをおかわり。今度は赤ワインです。銘柄は白ワインと同じAves del Surで、セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン。チリのカベルネらしい、しっかりしたタンニンと甘い果実味が感じられる、フルボディに近い味わいです。魚料理に合わせるには強すぎですが、グリルの香ばしさとはなかなかいい相性です。

あぁ、このあとも仕事があるのに。昼にワインを2杯も飲んだことは、会社には絶対に内緒です。、、、と思いながら飲む、この背徳感が、ワインの味をいっそう引き立てますね(笑


20180307_131553797


酔い醒ましの期待も込めて、最後にコーヒー。デカンタに落としてあるものですが、回転が早いためか煮詰まった感じもなく、濃すぎず薄すぎず苦すぎずで、いい感じでした。

いやぁ、ここはやばいな。60分の時間制限がありますが、もともとお昼休みは60分なので問題ないし、それだけあればワインが2杯か3杯は飲めてしまいます。問題は、会社に戻ったときに飲んだことがばれないかどうかだけ(なのか?)。

ワインのことがなくても、この魚介料理で表参道で1000円は、なかなかのハイコストパフォーマンスでしょう。ごはんの大盛りも無料だし、支払いはクレジットカードもOKだし。

うん、またこよう! ごちそうさま。


W omotesando The Cellar Grill
W omotesando The Cellar Grill
ジャンル:ワインと創作料理
アクセス:地下鉄半蔵門線表参道駅B2番出口 徒歩1分
地下鉄千代田線表参道駅B2番出口 徒歩1分
地下鉄銀座線表参道駅B2番出口 徒歩1分
住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-10-6 青山パ-クスビルB1(地図
周辺のお店のネット予約:
渋谷 桜ヶ丘 和楽のコース一覧
青山 牛彩のコース一覧
トンフー(豚富) 青山店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×居酒屋
情報掲載日:2018年3月7日


ダブリュー表参道 ザ セラーグリルワインバー / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

昼総合点-


| | コメント (0)

2018/03/06

豚肉と野菜の天丼@フィリア(表参道ランチ)

フィリアの日替わり和食ランチです。940円。


20180306_125954447


本日のメニューは豚肉と野菜の天丼。

豚肉に衣をつけて揚げてあるけど、トンカツではなく天ぷらです。5ミリ厚くらいに切られた豚肉は柔らかく、簡単に噛み切れます。軽くくぐらせた天つゆの甘さが豚肉とけっこう合いますね。豚肉の天ぷらは2枚乗ってました。

野菜は、なす、さつまいも、ししとうが、それぞれひとつずつ。ひさしぶりにからいししとうに当たったよ。まぁ、これはこれで旨し。そして自分はなすの天ぷらが好きです。できればピーマンの天ぷらも欲しかった。

天丼のほかに、味噌汁と、小鉢でモヤシのナムルみたいなのがつきました。ナムルがさっぱりしてて天ぷらの重さを中和してくれました。

ごちそうさま。

アイビーホール フィリア
アイビーホール フィリア
ジャンル:青山表参道 イタリアン
アクセス:地下鉄表参道駅 B1番出口 徒歩5分
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-4-25(地図
ネット予約:アイビーホール フィリアのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年3月6日

| | コメント (0)

2018/03/01

チキンのグリーンカレーラーメン@ロータスガーデン(表参道ランチ)

曜日替わりじゃない常時提供のランチメニューから、今日はチキンのグリーンカレーラーメンを食べました。サラダとドリンク、小さなデザート付きで950円。


20180301_130224096


鶏肉は小振りのぶつ切りが6個くらい入ってました。麺は平たいビーフンてすね。

以前に食べたときよりも、ココナッツミルクの味が強くなった気がします。スープにとろみがついて濃厚になったような。しっかりした辛さはそのままに、砂糖かなにかで甘さをけっこう強く足していて、辛くて甘い、わかりやすくてはっきりした味になっています。前はもっとさっぱりしててあまり厚みのない味だったように記憶しています。あれはあれで悪くはなかったけど、わかりやすく濃厚になったこの味のほうが一般へのアピール度が高そうな気がします。


20180301_131827270


最後にコーヒーを飲んで、ごちそうさま。

ああ、また神楽坂のハヌマーンズナインのタイ料理が食べたいな。


Resort Dining ‐ロータスガーデン‐ 表参道駅前店
Resort Dining ‐ロータスガーデン‐ 表参道駅前店
ジャンル:お洒落エスニックバル
アクセス:地下鉄千代田線表参道駅 B1番出口 徒歩1分
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-9-3 第一南青山ビル2F(地図
姉妹店:Indian Resort Dining ‐まさらダイニング‐ 新宿三丁目店 | Thai Resort Dining ‐ロータスラウンジ‐ 新宿三丁目店
ネット予約:Resort Dining ‐ロータスガーデン‐ 表参道駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×タイ料理
情報掲載日:2018年3月1日

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »