« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018/02/27

ポークピカタ@フィリア(南青山ランチ)

フィリアの日替わり洋食ランチ、今日のメニューはポークピカタです。940円。


20180227_130433751


ここのポークピカタは何度か食べていますが、半分にカットされての提供は初めてな気がします。まぁ、どっちでもいいのですが。

ソースは、今回はデミグラスソースです。トマトソースでさっぱり仕上げのピカタもおいしいけど、ドミグラスソースで濃厚仕上げもおいしいです。

ただ、今日の豚肉は、ところどころでちょっとワイルドな味がするな。それをまわりの卵が強調しちゃって、少し肉臭いと感じるところがときどきあります。

それでもやっぱりピカタって好きです。これまでにここで食べたピカタはまわりの卵が比較的薄めのことが多かったのだけど、今日はすいているからか、ほどよく厚めに卵がついていたのがうれしいです。端のところには卵だけで卵焼き状態になった部分もあり、ピカタと卵焼きの二種類の味が楽しめて少し得した気がしました。

ごちそうさま。


アイビーホール フィリア
アイビーホール フィリア
ジャンル:青山表参道 イタリアン
アクセス:地下鉄表参道駅 B1番出口 徒歩5分
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-4-25(地図
ネット予約:アイビーホール フィリアのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年2月27日

| | コメント (0)

2018/02/26

ヴァイラル Viral (2016)


いやぁ、つまらん。人間に感染し、いったん感染するとまず治らない寄生虫が爆発的に流行し…………という、よくあると言えばよくあるシチュエーションで、病原体がウィルスとかじゃなくうねうね動くミミズみたいなでっかい寄生虫というところだけがポイントでしょうか。このミミズもどきが耳とか口とかからにょろぉ~っと出てくるところは気色悪くて、まぁホラーらしいおもしろみがありますが、そもそものストーリーがこじんまりとしすぎてて、ぜんぜん楽しめません。

世界中が大変なことになってるはずなのに、物語はほとんど家の中で進行し、うっかり感染しちゃった姉さんと、感染してない妹、その妹となんとなくいい感じになってる男の子の3人が、これといった緊張感や緊迫感を持続させずにだらだらしゃべってるような、そんな感じです。

パンデミックの始まりも終わりも描かれず、世の中のことは置き去りにして、姉さんの感染の始まりと、それを軍や政府から隠してかくまう妹と姉との姉妹愛?、そして感染姉さんの終わりまでを描くことが目的だったようです。その割には姉さんの感染前~感染初期~絶賛感染中~終焉の各段階に起伏や変化があまりなくて平坦だし、ゆえに妹と姉さんとのやりとりにもこれといってドラマ性が生まれず、だからどうしたという感じです。

そういえば、最初のほうで思わせぶりに出てきた昆虫学者っぽいお父さん、まったく活躍しなかったな。というか、基本的に大人が誰も出てこないんだな、これ。頭の弱そうな子供たちだけで未知の寄生虫に対処しようとして、頭の弱そうな行動を起こすのを、傍観者として眺めているような作品でした。


| | コメント (0)

ハンバーグ定食 デミグラスソース@ほの字(表参道ランチ)

ひさしぶりのほの字です。ランチが900円だったころはけっこう来ていたのだけど、1000円になってからは、会社から少し遠いこともあり、あまりこなくなってました。料理内容からすれば1000円はけっして高くなく、場所柄を考えればむしろ安いくらいなのだけど、絶対値として1000円は、そう頻繁にランチに出せる額ではないんだなぁ。

などと思いながら、ハンバーグ定食を食べることにします。


20180226_130731842


ソースは、和風もおいしいのだけど、ひさしぶりなのでオーソドックスなデミグラスにします。

あいかわらず、すごくふっくらしていてジューシーです。南青山五丁目交差点近辺で1000円以内で食べられるハンバーグの中では、ほの字のハンバーグがいちばんおいしいと思っていますが、ひさしぶりに食べてもやっぱりおいしかった。

なんでしょう、この柔らかさ。かといって、肉の味もしないくらいにつなぎだらけで柔らかいわけではなく、ちゃんと肉の旨みもあり、肉汁じゅわわぁなのです。デミグラスソースも甘すぎず酸っぱすぎず、重すぎず軽すぎず、このハンバーグにぴったりの味わい。やっぱりこのあたりのハンバーグのなかではいちばん旨いな。

ガルニは千切りキャベツとリーフレタス、それにパスタサラダ。なんとなく野菜もとれていい感じ。

小鉢は、今日は春雨とツナ缶をあえて軽く炒めたのかな。これは家でも手軽につくれますね。

今日のお椀は、ニンジン、ダイコン、コンニャク、鶏肉、それにネギの入ったお吸い物。軽くとろみがつけてあり、ちょっぴり中華風です。けっこうおなかにたまる感じのお椀です。

ハンバーグにパスタサラダに春雨と、おなかにたまる感じのものがたっぷりで、超腹いっぱいです。ごはんとお椀はおかわり無料ですが、そこまで行けんかった。お椀はおいしかったのでちょっとおかわりしたかったんだけどな。

腹パンパンでごちそうさま。


ほの字 青山店
ほの字 青山店
ジャンル:和風居酒屋
アクセス:地下鉄表参道駅 B2出口 徒歩3分
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-50-2 青山エンジョウビルB1(地図
姉妹店:今夜もワイン  | 和飲。ほの字
周辺のお店のネット予約:
TOM BOY 106渋谷道玄坂店のコース一覧
肉炭バル MATOI‐YA 表参道店のコース一覧
料理倶楽部のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×和食
情報掲載日:2018年2月26日

| | コメント (0)

2018/02/22

特製ナポリタン@LACCO(南青山ランチ)

外があまりに寒かったのと、雨も降ってきそうな空模様だったので、予定を変えて会社の近くのLACCOで食べることにしました。


20180222_125309550


20180222_125655357


LACCO特製ナポリタンを大盛りで。サラダとアイスティがついて800円。大盛り料金は無料です。

ナポリタンってあまり好きじゃないのだけど、ここの特製ナポリタンは、具材はタマネギとピーマンに角切りベーコンとナポリタンらしいのだけど、味付けがケチャップではなく酸味が強めのトマトクリームソースなので、ナポリタンだと言われなければナポリタンだと思わない、いや、ナポリタンだと言われても「そうかぁ?」と思ってしまう味なので、ナポリタンがあまり好きでない自分でも食べられます。というか、むしろおいしいです。

浅草開化楼の生パスタがもちもちしてて、柔らかな酸味とクリーミーなあまみのあるソースとよく絡みます。角切りベーコンはほろっとほぐれるほどに柔らかく煮込まれていて、ベーコンというよりも角煮っぽい。これはゴロゴロベーコンのアラビアータで使っているのと同じベーコンですね、きっと。

クリスピーなフライドオニオンの乗ったサラダもついていて、野菜もとれるのもうれしいです。ホールのお兄さんの接客もほどよくフレンドリーで感じがいいです。

これでなぁ、たとえば週替わりとか月替わりとかでメニュー内容に定期的な変化があると、もう少し行く機会が増えるんだけどなぁ。

ごちそうさま。


OMOTESANDO LACCO
ジャンル:イタリアン
アクセス:地下鉄半蔵門線表参道駅B1番出口 徒歩6分
地下鉄銀座線表参道駅B1番出口 徒歩6分
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-12-6 青山第2和田ビルB1(地図
周辺のお店のネット予約:
みやび ‐MIYABI‐のコース一覧
TOM BOY 渋谷円山町店のコース一覧
THE SOUL OF SEOULのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年2月22日

| | コメント (0)

2018/02/21

ミートローフ@フィリア(南青山ランチ)

フィリアの日替わり洋食ランチ、940円。今日のメニューはミートローフです。


20180221_125027782


型に入れて焼いたミートローフのどこで切っても必ず卵の黄身が断面に現れるように、卵の白身だけの部分はあらかじめカットして挽き肉に詰めてあるところはさすがです。断面の真ん中で、黄身のきれいな黄色が栄えます。

かなりしっかりめに火を入れてあり、挽き肉料理の醍醐味でもあるジューシーさがあまりないのが少し残念です。もう少しじゅわっとしていると、よりおいしかっただろうに。挽き肉のまわりに三重ぐらいに巻かれているベーコンも、けっこう硬いです。

それでも、ミートローフって家ではつくらないので、食べられてうれしいです。必要に迫られてとはいえ、せっかく外食をするのだから、仕事の合間のランチでも、家で自分ではつくらないものをできるだけ食べたいのよ。

ごちそうさま。


アイビーホール フィリア
アイビーホール フィリア
ジャンル:青山表参道 イタリアン
アクセス:地下鉄表参道駅 B1番出口 徒歩5分
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-4-25(地図
ネット予約:アイビーホール フィリアのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年2月21日

| | コメント (0)

2018/02/20

ポークカレー@めがみや(表参道ランチ)

ひさしぶりのめがみやです。

ここ、以前は青山美食倶楽部 presented by NAMASTEという名前の普通のインド料理屋だったのだけど、店名がめがみやになってからは、ランチはインドカレーを中心に唐揚げ定食とかガパオとかを出し、夜は炭火焼きダイニングを謳う居酒屋になるという、なんだかよくわからない店になりました。


20180220_125805810


日替わりのインドカレーを注文。今日はポークカレーです。ドリンクとサラダ付きで900円。

カレーの味はふつうにおいしいインドカレー。もう少しスパイスの風味が強いほうが好みですが、これはこれで悪くありません。肉は小さめですが、それなりにたくさん入っています。

辛さは普通、中辛、辛口から選べます。以前、辛口を頼んだら辛さだけを足して全体の味のバランスが崩れたものを出されたことがあるので、今日は普通にしました。もう少し辛いほうが好みですが、辛さと旨み、甘みのバランスはいいです。

焼きたてナン。ふっくらしてます。ここのナンは少し甘みが強めで、柔らかい味がします。この味はけっこう好みです。

ナンは1回だけ無料でおかわりできます。最初のナンは焼きたて丸ごとですが、おかわりのナンは、焼いたナンを4つに切ったものをスタンバイしておいて、おかわりの注文があったらそれを軽く温めなおして提供しているようです。さすがに焼きたてのものと比べるとふっくら加減などが劣りますが、それでもやっぱりおいしいです。

ちなみに、おかわりを頼んだら「1枚?」と聞かれたので、さすがに2枚は食べられないから「1枚で」と答えたのだけど、これは「1枚分全部でいいか? それとも少し減らすか?」という意味だったようです。1枚分では多いという人には、半分でとか、少なめでとかにも対応できるように、おかわりナンはカットしてあるみたい。実際、1枚分をまるまる食べたら、かなりおなかいっぱいになったというか、ちょっと食べすぎました。


20180220_132023525


ドリンクはもちろんホットチャイにします。ゴングルのチャイは砂糖が入っていませんがここのチャイは最初から砂糖が入っています。それもあってか、紅茶の味もミルクの味もスパイスの味も、ゴングルのチャイより少し強めに感じます。ゴングルのチャイよりも、自分はこっちのチャイのほうが好きです。

店の業態がなんだか摩訶不思議な以外には、これといって強い個性や特徴のないふつうのインドカレーですが、この周辺で900円で食べられるお店は貴重なので、この先も潰れずに長く残ってほしいです。

ごちそうさま。


めがみや 居酒屋 炭火焼だいにんぐ
めがみや 居酒屋 炭火焼だいにんぐ
ジャンル:リーズナブルなご宴会!
アクセス:地下鉄千代田線表参道駅 徒歩2分
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビルB1(地図
ネット予約:めがみや 居酒屋 炭火焼だいにんぐのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×居酒屋
情報掲載日:2018年2月20日

炭火焼だいにんぐ めがみや居酒屋 / 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅

昼総合点-


| | コメント (0)

2018/02/19

チキングリル メキシカンソース@チャック・ワゴン(表参道ランチ)

本当は日替わりランチのチキンのケイジャンフリカッセが食べたくて入ったのだけど、売り切れだったので、いつもどおりチキングリルのメキシカンソースを食べることにします。スープと小さなサラダがついて880円。


20180219_132348097


20180219_132823761


もう何度も食べているけれど、安定したおいしさです。ハラペーニョの辛さと、おそらくトマトの酸味、そして野菜やブロードによる甘みや旨みがバランスよく味わえます。ランチメニューにはハンバーグのメキシカンソースもありますが、ソースの旨みをより堪能できるのはチキングリルのほうだと思います。

鉄板で提供する割にはシズル感に欠けるのですが、冷めにくいのはいいです。

ごちそうさま。


チャック・ワゴン
チャック・ワゴン
ジャンル:TEXMEXメキシカン
アクセス:地下鉄表参道駅 B2出口 徒歩2分
住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-13-8 青山チェリーヒルズB1(地図
周辺のお店のネット予約:
LE PRE VERREのコース一覧
焼肉・ホルモン 房総ホルモン 渋谷道玄坂基地のコース一覧
TEXMEX FACTORY 渋谷神南店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×レストランバー
情報掲載日:2018年2月19日

| | コメント (0)

2018/02/15

チーポテトマジョ@青山トロ(南青山ランチ)

青山トロのチーポテトマジョ。以前からランチメニューに載っている定番のひとつです。サラダ、スープ、ドリンクバーがついて1000円。


20180215_124925181


サラダはもちろん特盛りです。特盛り料金無料でこのサイズ。ここで最近の野菜不足をいっきに解消します。

白菜、キャベツ、レタス、トマト、きゅうり、かぶ、ワカメなど、いろいろなものが入っていて楽しいです。


20180215_125713969


チーポテトマジョ。茹でた鶏肉入りのトマトソースでマッシュポテトをゆるくのばしたものの上にとろけるチーズをかけてオーブンで焼いたような料理です。

味付けは意外と薄めで、じゃがいもの甘みとチーズのこくのあるうまみをトマトの優しい酸味が包み込んでいるような、そんな味わい。優しい味なのだけど、後口にはほのかにスパイスの辛さや刺激が残るところがいいです。

添えられているパンは軽く温められていて、外側はカリッとしているけど中はふわふわな口当たりもいいし、味もヨーロッパのパンらしい風味があっていいです。


20180215_131016861


最後はいつもどおりコーヒーをいただいてごちそうさま。

前回来たときは体調不良でお休みしてた、とても感じのいいホールのひげのおじさんも復活しててよかったよかった。


青山 TORO
ジャンル:スペインバル
アクセス:東京メトロ千代田線表参道駅B1口 徒歩3分
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-8-5 南青山8953ビルB1F(地図
周辺のお店のネット予約:
ベニーレガーデン 表参道原宿のコース一覧
きんくら酒場 金の蔵 渋谷桜丘店のコース一覧
渋谷 こてがえしのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×スペインバル・イタリアンバール
情報掲載日:2018年2月15日

| | コメント (0)

2018/02/11

桐島、部活やめるってよ (2012)


いかにも日本映画らしい作品だと思う。情緒的で、ストーリー展開よりも登場人物の心情の動きを楽しむタイプ。こういうタイプの作品は、自分はあまり好きではない。それでも最後までそれほど退屈せずに観ることができたのは、若い役者さんたちがそれぞれに若いゆえの繊細さとか純粋さとかいやらしさとか狡猾さとかを上手に演じていたからだと思う。東出昌大の役者としての魅力はあいかわらずよくわからないが。


| | コメント (0)

ザ・レガシー ep:1 失われた地底帝国の謎 El Dorado: Temple of the Sun (2010)


はるかむかしに失われた伝説の都市とそこに眠る財宝を探し求めるトレジャーハンターが主人公で、それに協力する者たちとの掛け合いがあったり、それを邪魔し阻止しようとする敵方との戦いがあったりという、典型的なアドベンチャー・ムーヴィーなのだけど、観ていてちっとも高揚感を得られないのはなぜだろうか。緊張感も緊迫感もないシーンの連続。物語の展開も淡々としていて緩急やメリハリがなく、トレジャーハンティングの途中で起きた出来事を順番に紹介しているだけだし、登場人物間のセリフの掛け合いもリズムが単調だし、会話の内容にもおもしろみがない。エピソード1が107分、エピソード2が101分の全2話で構成されているらしいのだが、あまりの退屈さにエピソード1を最後まで観るだけでも苦痛で、エピソード2は観るのを断念した。

ヒロインのナタリー・マルティネスは、のちにテレビドラマシリーズの『アンダー・ザ・ドーム』や『APB ハイテク捜査網』でメインキャストを務めた人だが、この2作品とも自分にはつまらなかったんだよなぁ。テンポ感とか会話の妙といったところがぜんぜんだめで。この人が出る作品は自分には合わないのかも。なお、上記テレビドラマシリーズではずいぶん体が大きくなってましたが、この『ザ・レガシー』はこれらよりも前の作品で、ナタリーさんがまだ比較的細いです。

主人公のトレジャーハンター役はシェーン・ウェストという人で、日本版のWikipediaによると1990年代後半から様々な映画やテレビドラマに出演しているのだけど、そのフィルモグラフィのなかにこの『ザ・レガシー』が含まれていないところに、この作品の評価を見た気がしないでもない。

『ザ・レガシー』はいわゆるテレビ映画なので、劇場で公開される映画と比べることはできないが、それでもこの退屈さと比べると、『インディ・ジョーンズ』シリーズとか『ハムナプトラ』シリーズとか、あるいは『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』とか、本当によくできた作品だなと思う。

そういえば、『ザ・レガシー』の主人公はジャック・ワイルダーという名前なのだが、もしかしたら『ロマンシング・ストーン』シリーズの主人公であるジャック・コルトンとジョーン・ワイルダーからとったのかな。だとしたら『ロマンシング・ストーン』に土下座して謝れといったレベルの内容だった。





| | コメント (0)

2018/02/06

穴子天丼セット@青山一真(表参道ランチ)

越後へぎそば青山一真の、本日のサービスランチは穴子天丼セットでした。穴子天ぷらなんてしばらく食べていません。これは食べるしかないでしょう。ミニせいろ蕎麦がついて950円。


20180206_125001239


天丼の具は、穴子が3つと半分に切ったピーマンがひとつでした。

ここの天ぷらはあいかわらず衣がぼってりと厚いです。穴子やピーマンの丸まった外側のほうは衣がカリッとしていいのですが、内側のほうはぶよっと柔らかい衣が塊でついていて、残念な感じです。

ちなみに、穴子やピーマンは具材に隙間がほとんどないからまだいいのですが、以前、隙間だらけの舞茸の天ぷらをここで食べたときは、ぶよっとした厚い衣部分が大量で、食後にすごく胸焼けしました。もう少し天ぷらを揚げるのが上手になってほしい。

それでも、穴子の天ぷらはやっぱり好きです。サクッとしていて油の旨みもある衣と、ふわっとしていて淡白な穴子が、おたがいに補完し合います。
そしてピーマンの天ぷらも好きなんだよなぁ。野菜ではピーマンとナスが天ぷらによく合うと思っています。

天ぷらはいちおうタレに一度くぐらせてあるようですが、あまり濃い味のタレではないようで、最初のうちはいいのだけど、食べ続けているうちに、味に少し物足りなさを感じました。なのでときどき、そばつゆを少しつけて食べました。

へぎそばのミニせいろのほうは、もうすっかりおなじみになりました。信州蕎麦に比べると蕎麦らしさが足りない感じですが、喉越しすっきりで、これはこういうものとして楽しめます。信州蕎麦がヱビスビールなら、へぎそばはアサヒスーパードライみたいなもなか? じっくり旨みを味わうよりも、なめらかですっきりとした口当たりとさっぱりした味わいを楽しむのに向いた蕎麦だと思います。薬味が山葵ではなく辛子なのも、山葵だと風味が強くて蕎麦が負けてしまうい、辛子のほうがバランスがいいからなのでしょう。辛子で食べる蕎麦も、こらはこれで悪くないです。

ごちそうさま。


青山一真
ジャンル:そば
アクセス:東京メトロ千代田線表参道駅B1口 徒歩2分
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-10-19 青山真洋ビルB1F(地図
周辺のお店のネット予約:
ビストロ グルマンのコース一覧
LA FIORITAのコース一覧
アロハキッチン 青山店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×そば
情報掲載日:2018年2月6日


青山一真そば(蕎麦) / 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅

昼総合点-


| | コメント (0)

2018/02/05

しょうが鍋定食@やよい軒(表参道ランチ)

たまに覗くといつもウェイティングがかかっていて入店を断念するやよい軒が、今日は珍しく空いていました。ということで、ひさしぶりの入店。季節限定のおすすめメニューから、しょうが鍋定食を頼みました。890円。


20180205_131221500


しょうが鍋のほかに、アジフライがひとつついていました。かなり衣が厚いですが、アジの旨みはちゃんと感じられます。アジフライっておいしいよね。

しょうが鍋は、豚肉の薄切りと水菜、白菜、ネギ、豆腐が入っていて、小さな土鍋で提供されました。土鍋だから、熱々が長く保たれます。豚肉も白菜もけっこうたっぷり入っていて、スープもそれぞれの具材の旨みが出ていておいしいです。最近は白菜が高いので、こんなに入っているとうれしいです。

やよい軒で890円というと、ずいぶん贅沢をした気分になりますが、地代の高い表参道・南青山エリアでこの内容ですから、やはり安いと思います。会社にもう少し近くて、ふだんからもう少し空いていれば、頻繁に食べにいけるのだけどなぁ。

しかし、ごはんのおかわりがセルフサービスで無料だと、ついつい食べ過ぎてしまうのが困ったところです。

ごちそうさま。


やよい軒 青山オーバルビル店
ジャンル:食堂・定食
アクセス:東京メトロ千代田線表参道駅B2口 徒歩3分
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバービルB1F(地図
周辺のお店のネット予約:
Asian Resort Dining ‐ロータスラウンジ‐ 青山のコース一覧
創作和食HANASAKAJI‐SAN 渋谷桜丘店のコース一覧
KURAND SAKE MARKET 渋谷店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×定食・食事処
情報掲載日:2018年2月5日
レストランブランド情報:やよい軒

| | コメント (0)

2018/02/04

救命病棟24時 第2シリーズ (2001)


少し前に再放送されいるのを観たら、やっぱり抜群におもしろい。もう何回も見ていてストーリーは知っているし、一部のセリフも覚えているくらいなのに、何度観てもおもしろいっていうのはすごいよな。

スピード感と緊張感がありつつ、シリアスなテーマな内容でありながらも、ところどころで力を抜いてくれるシーンが織り交ぜてあり、その構成とバランスが非常に優れていると思う。登場人物のキャラ設定もバラエティに富んでいて、かつ、それぞれに有機的に影響するように配置されているし、役者さんのキャスティングにも無理がなく、みんながその役にぴったりと感じられる。医局長と看護師長の掛け合いや、神林先生と太田川先生のほのぼのとした会話、互いにそこはかとなく好意を持っているようなのに安易に恋愛方向には進まない新藤先生と香坂先生の関係性など、どれもが愛らしい。そこに第1シリーズからの継続で新藤先生の過去を知っている桜井看護師や、馬場先生と城島先生と山城看護師の三角関係?などが彩を加え、医療ドラマだけでなく人間ドラマとしての広がりや奥行きを感じさせる。

シリーズを通して研修医の成長や救命救急センターとそのスタッフたちのチームワークや結束の強化が描かれると同時に、1話ごとに小さなテーマがあるのもよかった。そのうえで常に「救命は医療の原点であり、ただ目の前の患者を救うことに全力を尽くす」ということをいちばんのテーマとして扱っていたことが、このシリーズが何度観てもおもしろい理由なんだろうな。このあとの第3シリーズ以降は、大規模災害時における医療のあり方だとか、救命医療の崩壊だとか、社会的なテーマを大きく前面に打ち出すようになってしまい、それが物語としてのおもしろさをそぐ方向に行ってしまったように思う。このシリーズに求めていたのは「目の前を患者を救うことに全力を尽くす」医師や看護師たちの姿であり、その現場で起きるそのときどきの葛藤や苦しみや喜びなんだよ。

というわけで、自分としては第2シリーズがいちばん好きで、次に第1シリーズ、第3シリーズの順。第4シリーズと第5シリーズはクオリティダウンが大きくて、シリーズ全体が残念な感じに終わっていってしまった印象。

しかし、第1シリーズはあいかわらず再放送がないんだなぁ。また観たいなぁ。



| | コメント (0)

2018/02/01

コック・オー・ヴァン(南青山ランチ)

寒い日は煮込み料理が恋しくなります。というわけで、フィリアで日替わり洋食ランチのコック・オー・ヴァン、940円。


20180201_125245375


赤ワインの酸味と渋みがけっこう強く感じられます。さっぱりしてて、かつ、奥行きもある味わい。鶏肉の煮込み時間が短かったのか、はたまた煮込みすぎたのか、ちょっと硬かったのが残念ですが、味はいいです。

ガルニは、茹でた芽キャベツとブロッコリー、それにニンジン。この店で芽キャベツがガルニについているのを見るのは初めてな気がします。そしてお皿の真ん中にはマッシュポテトが盛ってあり、コック・オー・ヴァンのソースと混ぜながら食べると美味。

あと、今日のサラダのドレッシングはほんのり柑橘の風味があり、これも爽やかでよかった。

ちなみに昨日の夕食はブッフ・ブルギニヨンだったので、肉の赤ワイン煮込みが続いてしまいましたが、旨いからいいんです。

ごちそうさま。

アイビーホール フィリア
アイビーホール フィリア
ジャンル:青山表参道 イタリアン
アクセス:地下鉄表参道駅 B1番出口 徒歩5分
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-4-25(地図
ネット予約:アイビーホール フィリアのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 表参道・青山×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年2月1日

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »