« グッドモーニングショー (2016) | トップページ | ペット・セメタリー2 Pet Sematary 2 (1992) »

2018/01/06

ぶどうのなみだ (2014)


う~ん、これはなぁ、どうかなぁ。いわゆる人生再生ものなんだけど、再生が必要になる前の生と再生中の生との落差がそれほど明確に描かれていないから再生の必要性もあまり強く感じにくいし、おそらく物語の中心となるはずであろう再生中のストーリーが淡々としすぎてておもしろみや主人公の成長を見る楽しみも希薄だし、そもそも主演の大泉洋がこういう役には合わないというか、大泉洋の良さや魅力がうまく出ていなくて、いろいろと残念な感じ。舞台が北海道だからというだけで大泉洋をブッキングしたんじゃないかという印象がすごく強い。

ヒロイン?役の安藤裕子はちょっとすてきだったけど、この人が演じるエリカという女性の再生ストーリーも中途半端でなんだかなぁ。

主人公である大泉洋に対しある種の愛憎や葛藤を抱える弟を演じた染谷将太も、もっとできる役者さんのはずなのに、きちんと活かされていないように感じる。

大杉漣やきたろう、田口トモロヲ、りりィなど、味わいのある役者を脇に多く配しているのに、ほとんどが役者のむだ遣いといった感じ。




|

« グッドモーニングショー (2016) | トップページ | ペット・セメタリー2 Pet Sematary 2 (1992) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グッドモーニングショー (2016) | トップページ | ペット・セメタリー2 Pet Sematary 2 (1992) »