« Roger Waters / Is This The Life We Really Want? (2017) | トップページ

2017/07/17

FILL-IN~娘のバンドに親が出る~

後藤ひろひと大王の超ひさしぶり(7年ぶりらしい)の東京での舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』を新宿の紀伊國屋ホールで観てきました。

これまでに何作か後藤ひろひと大王の舞台を観てきたけれど、今回は役者として乃木坂46の人が出てたり、吉本新喜劇の内場さんとか池乃めだかさんとかが出てたりするためか、お客さんのなかにこれまでの舞台ではあまり見かけなかったような方たちが混じってて、客層が幅広かった印象。あきらかに乃木坂のファンだと思われるお兄さんとたちかおじさんたち、大王の舞台をお楽しみいただけましたでしょうか。

物語は、テンポよく展開し、ところどころに笑いを挟み、いい塩梅で情にも訴え、緩急取り混ぜた安定のおもしろさ。大王の出番が少なめだったのがちょっと残念だったけど、内場さんとめだかさんの掛け合いはさすがで、スカシの間合いとかも素晴らしく、いいもの観たぁと素直に思える。ずっとむかしに出張営業を早く終わらせて難波花月で新喜劇を見たときのことを思い出した。

しかし内場さん、ドラムすごいな。56歳で初めてドラム叩いて半年の練習であれはすごいわ。2時間の芝居だけでもたいへんなのに普通に劇中でドラム3曲分くらい叩いてて、日によっては2ステージだし、体力すごいな。さすが、長く舞台に出続けてるだけあるわ。

劇中バンドの演奏もテープじゃなく、生演奏で、普通にマーシャルのアンプとかで音を出してて、迫力があった。リズムとかはちょっと甘かったけど、それでも生演奏ってやっぱりいいね。芝居と音楽の両方を生で楽しめて、おもしろい舞台でした。

次の後藤ひろひと作品は、9月末に『人間風車』を観にいく。大王は出ないけど、今回の上演用に脚本に少し手を加えたらしいので、楽しみ。


【早期購入特典あり】FILL-IN ~娘のバンドに親が出る~(ポストカード付) [DVD]
よしもとアール・アンド・シー (2017-10-25)
売り上げランキング: 2,200

|

« Roger Waters / Is This The Life We Really Want? (2017) | トップページ

芝居・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Roger Waters / Is This The Life We Really Want? (2017) | トップページ