« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017/06/18

劇場霊 (2015)


う~ん、つまらない。

『劇場霊』というタイトルだけど、劇場はほとんど関係ないね。単に物語の舞台がたまたま劇場だったというだけで、それが劇場でなければいけない理由がない。劇場霊というより、人形霊だな。ただ、それが人形でなくてはならない理由もあんまりないのだけど。

ストーリーもおもしろくなかったけれど、役者の下手な演技がつまらなさをさらに助長してる。けっきょくアイドル映画だから、芝居のうまさを多少なりとも期待すること自体が間違いなんだろうな。

あぁ、ジャパニーズホラーって、こんなにもつまらないものになってしまったんだなぁ。


劇場霊 スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2016-04-02)
売り上げランキング: 28,865



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場霊 プレミアム・エディション[DVD] / 邦画
価格:5574円(税込、送料別) (2017/6/18時点)


| | コメント (0)

2017/06/11

ウォルト・ディズニーの約束 (Saving Mr. Banks, 2013)


ディズニー映画『メリー・ポピンズ』が制作されるまでを描いた作品。いろいろとこじらせたまま年齢を重ねてしまった原作者の心が、映画製作に携わる脚本家、音楽担当、ドライバー、そしてウォルト・ディズニーたちとの関りあいによって解放されるという話。

しかしみんな、芝居がうまいな。主人公のトラヴァース夫人を演じたエマ・トンプソンも、ウォルトを演じたトム・ハンクスも、一つひとつの表情や細かい動きまでどれも非常に自然で、その時その時の感情などがきちんと伝わってくる。夢想家だけど生活能力の低い愛すべきだめな父親を演じたコリン・ファレルもすばらしかった。

『メリー・ポピンズ』って、ずっとむかしに何度か観たことがあるはずなのだけど、あまりよく覚えていない。この作品を観て、また『メリー・ポピンズ』を観たくなった。


ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 17,891




| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »