« 冷汁@おやっとさあ(表参道ランチ) | トップページ | Mona Lisa / Progfest 2000 (2000) »

2016/07/18

マグロとモッツァレッラのカペリーニとかスズキのソテーとか@ステファノ(神楽坂ディナー)

奥さまの誕生日だったので、神楽坂のステファノでディナーを楽しむことにしました。久しぶりのステファノです。それでもランチは数ヶ月おきくらいに来てたけど、ディナーは本当に超久しぶり。

前菜からデザートまでモッツァレッラづくしの、今月のイングレッソコースを注文。それと、プロセッコをボトルでいただきます。

最初のアミューズは写真撮るのを忘れてしまいましたが、小さなシューの中にブッラータを入れたものでした。


20160717_181103012


アンティパストは「水牛モッツァレッラとインゲンのバジル風味サラダ 爽やかなトマトゼリーと共に」。カプレーゼのトマトをトマトゼリーにして、インゲンを添えた感じですかね。インゲンには自家製のペスト・ジェノヴェーゼがかかってます。ゼリーの上のバジリコは素揚げになってます。ありきたりなカプレーゼにはしないぞというシェフの遊び心が見えますね。


20160717_182349351


アンティパストの2品目は「伝統的なフライモッツァレッラサンド ナスのアンチョビマリネ添え」。薄いパンでモッツァレッラのスライスを挟んだものをフライにして、アンチョビ入りのナスのペーストの上に載せてあります。トッピングはチャービルとミニトマト。周囲にはアンチョビ入りのトマトソース。
さっくりと揚がったフライは口あたりがふわふわしてて、ちょっとチーズを挟んだはんぺんフライみたいです。とても安心できる味。淡白な味のフライと、アンチョビがしっかりきいたナスのペーストを、一緒に食べるとすごく美味。


20160717_184709996


プリモピアットは「夏野菜とフレッシュマグロの冷製カペリーニ フィオールディラッテモッツァレッラ乗せ」。マグロもモッツァレッラももちろん美味しいのだけど、酸味のきいたさっぱりしたソースがとても美味しい。マグロの甘みと、モッツァレッラのミルクの甘み、それにパプリカの甘みが、さわやかなソースで混然一体となります。ソースと具材と麺の味わいにバランスがとれていて調和がある。パスタ料理はこうじゃなくちゃ。


20160717_191237876


セコンドピアットは魚料理か肉料理のチョイスなのですが、ステファノさんの好意で、両方をハーフポーションのシェアで出していただけました。まずは「スズキのソテー ズッキーニとトマトソース ジャガイモとモッツァレッラグラタン」から。
皮をカリッと焼き上げたスズキは、弾力のある歯ごたえを楽しめました。上の乗せられたフレッシュのタイムがとてもいい香りです。そしてガルニのジャガイモとモッツァレッラのグラタンがとても美味。


20160717_193036132


セコンドの肉料理は「仔牛肉、トマトとスモークモッツァレッラのオーブン焼き」。仔牛肉はハンバーグ状にしてあるようで、もともと柔らかい仔牛肉がいっそう柔らかな口あたりになっています。淡白な味わいの仔牛に、香ばしい香りのついたスモークモッツァレッラが旨みを加えます。上には、おそらくポレンタの揚げせんべい?が乗っていて、香ばしさとともに違った歯ごたえを楽しめるようになっています。下にはほうれん草が敷いてあり、野菜もちょっととれるようになっているところも素敵です。


20160717_195333874


20160717_195349531


デザートは「マンゴーのセミフレッドとモッツァレッラのジェラート」です。セミフレッドにはパッションフルーツのソース、ジェラートにはココナッツミルクのソースが添えてあります。奥様の分はお誕生日の特別バージョンで、桃のコンフィが追加で乗ってました。
ステファノさんのセミフレッドを食べるのもすごく久しぶり。マンゴのエキゾチックな甘みがたっぷり感じられました。

写真には撮りませんでしたが、メルマガを見て予約した特典で、ステファノさんのおじさんがつくっている自家製グラッパをいただきました。グラッパだからアルコール度数は高いのだけど、工業製品のグラッパにあるような舌への刺激がなく、まろやかな口あたりでした。香りもとてもよく、美味しい。

最後にエスプレッソと、小さなクッキーをいただいてごちそうさま。

あぁ、やっぱりステファノさんの料理は美味しいなぁ。ここのところ、ちゃんと美味しいパスタ、それだけの料金を払うことにまったく後悔を感じないどころか、むしろ安いと感じさせるようなパスタを食べていないのですが、やはりちゃんとしたシェフがつくるパスタはすごく美味しいです。本当に神楽坂がうらやましい。

ステファノにはオープン当初から何回も来ているけれど、これからもまた来よう、ぜひ来たいと思えるお店です。

ごちそうさま。

Stefano 神楽坂(オフィシャル)

STEFANO
STEFANO
ジャンル:イタリアンレストラン
アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅 1番出口 徒歩1分
住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-47 照井ビル1F(地図
周辺のお店のプラン予約:
紅茶と美食 プリミアスティー&グルメ のプラン一覧
牡蠣ビストロ 貝殻荘 飯田橋サクラテラス店のプラン一覧
JA全農ミートフーズ直営 焼肉本舗 ぴゅあ 飯田橋サクラテラス店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 神楽坂×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2016年7月18日

|

« 冷汁@おやっとさあ(表参道ランチ) | トップページ | Mona Lisa / Progfest 2000 (2000) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷汁@おやっとさあ(表参道ランチ) | トップページ | Mona Lisa / Progfest 2000 (2000) »