« カルボナーラ@珈琲舎(表参道ランチ) | トップページ | ジャージャー麺@中国茶房8(表参道ランチ) »

2016/06/12

エビの春巻きとかマンガリッツァ豚のグリエとか@サンパティック(新井薬師前ディナー)


渋谷で舞台「メルシー!おもてなし」を観たので、夕食も渋谷あたりでと思ったのだけど、時間が少し早かったので、とりあえず新井薬師前まで移動。ちょうどサンパティックのディナー開始時間になったので、サンパティックで夕食を食べることに。アミューズ、オードブル、メインディッシュ、デセール、ドリンクで4320円のコースにします。それと、アルザスの白ワインをボトルで。


20160611_181248136


アミューズは、黒岩シェフといえばこれがなければ始まらない、パプリカのムース。何度食べても美味しい。ふわふわでクリーミーで、パプリカの甘みとほろ苦さがたっぷり。今回は少しだけチリを加えてあるのか、わずかにピリ辛味になってい、これがまた、暑い季節にはよく合いそうです。


20160611_182622544


前菜はエビの揚げ春巻きをチョイス。さくっさくの春巻きの中にぷりっぷりのエビがたっぷり。下にはトマトのソースが敷いてあり、春巻きとの相性もばっちりです。


20160611_185023198


メインはマンガリッツァ豚のグリエにしました。マンガリッツァ豚って美味しいよねぇ。旨みや甘みがあるのにさっぱり感もあって、最近ではブームのようになっているイベリコ豚よりも好きです。
表面はかりっと香ばしく、だけど中はしっとりジューシーな、さすがの火入れ具合です。黒岩シェフは昔から火の入れ具合が絶妙なんだよなぁ。
そしてガルニの野菜がまた丁寧に調理されていて、野菜の持つ旨みがたっぷり感じられます。蕪とか、すごく美味しい。


20160611_194744740


デセールは本日のタルトにしました。バナナのタルト。干したバナナを使っているようで、少し大きめにカットされたバナナが意外と歯ごたえがあって、おもしろいです。バナナの甘みも凝縮されている感じ。タルト全体は甘すぎることもなく、上品な甘さです。柑橘のソルベが添えてあり、さわやかな酸味が樽との甘みともいいバランスです。


前回は全体に料理の塩気が自分には強かったのですが、今回は注文時に塩を抑えめでとお願いしてあるので、ビストロ・イデアルの頃に近い塩加減になっていたように思います。ミクニではずいぶん塩を強くしていたようですが、自分はやはりイデアルやオー・ヴィユ・パリの頃の塩加減が好きですわ。自分が記憶している「黒岩シェフの味」は、食材の旨みがより前面に感じられる、このくらいの塩加減なんだな、うん。
ああ、フレンチってやっぱり美味しいと満足できる夕食でした。

ごちそうさま。

ホワイトアスパラガスとかエゾ鹿のローストとか@サンパティック(新井薬師前ディナー)|every little thing in my life


サンパティック
サンパティック
ジャンル:フレンチ
アクセス:西武新宿線新井薬師前駅 徒歩5分
JR中央線中野駅北口 徒歩12分
住所:〒164-0002 東京都中野区上高田2-54-8 アイボリーファーストビル1F(地図
周辺のお店のプラン予約:
古来種野菜と熟成塩豚のお店 root のプラン一覧
DINING BIG ECHO 中野ふれあいロード店のプラン一覧
ナポリピッツァ Ambra のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 中野×フレンチ(フランス料理)
情報掲載日:2016年6月12日

|

« カルボナーラ@珈琲舎(表参道ランチ) | トップページ | ジャージャー麺@中国茶房8(表参道ランチ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルボナーラ@珈琲舎(表参道ランチ) | トップページ | ジャージャー麺@中国茶房8(表参道ランチ) »