« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016/01/25

ハンバーグステーキ@プエブロ(表参道ランチ)

表参道に古くからあるスペイン料理屋さんですが、ランチメニューはほとんどスペイン関係ありません。パエリアはありますが、たしか米から炊くので提供までに30 分くらいかかると以前言っていたので、サラリーマンの平日ランチの選択肢には入れにくいです。
というわけで、ハンバーグステーキを注文。サラダとドリンク付きで880円です。

1453695935830.jpg

以前は提供前に全体に軽くドレッシングを和えるというひと手間がかかっていたのですが、今回は普通に上からかけただけでした。まぁ、サウザンアイランドなので、このほうがいいですかね。

1453695934754.jpg

ハンバーグ、肉汁たっぷりで、すごくジューシーです。美味しい。
ソースはタマネギの甘みとトマトの酸味がきいた、軽めのさっぱりした味わいです。ちょっと気軽な洋食屋さんのハヤシライスみたい。これはこれで美味しいけれど、自分としてはもっと濃厚なドミグラスソースで食べたかったかな。
ガルニとして、トルティージャとポテトサラダが添えられてました。唯一スペインぽいトルティージャが、なんだか水っぽかったのが残念。前に食べたときはそんなことなかったんだけどな。

1453695933577.jpg

最後にホットコーヒーをいただきます。ほどよく苦みのあるしっかりした味で美味しかったです。

ごちそうさま。


プエブロ

| | コメント (0)

2016/01/24

サワラのソテー ゴボウクリームソースとラザニア@Piccolo Tigre(お茶の水ランチ)


日販に来る用があったので、お茶の水でお昼を食べます。1本裏に入った道に見つけたPiccolo Tigreというイタリアンのお店に入ってみます。ちなみに店名はイタリア語で「小さな虎」という意味ですね。これ、イタリア語風に発音すると「ピッコロ・ティーグレ」となるはずですが、このお店ではカタカナで「ピッコロティガー」とか「ピッコロタイガー」と読むらしいです(2種類の表記があった)。なんか中途半端な読み方。
ランチはパスタが基本のようですが、日替わりの肉料理・魚料理とパスタまたはラザニアとのセットもあったので、これにしましょう。本日の肉料理は鶏もも肉のローストのオーロラソース、魚料理はサワラのソテーのゴボウクリームソース。今回は魚とラザニアの組み合わせでいただくことにします。パンかライス、サラダ、ドリンクがついて1000円。


Img_0002


なるほど、ワンプレートで来るわけね。見た目の印象は、けっこう盛りつけが雑で、分量も控えめな感じ。なお、ラザニアではなくパスタとのセットにした場合は、パスタの大盛りが無料らしいです。
で、味は、う~ん、サワラはまぁこんなもんかなぁ。ちょっと火が入りすぎですが、ふつうに美味しい焼き魚です。ゴボウの味はよくわかんなかった。
問題はラザニアです。めちゃめちゃしょっぱい。これ、明らかに塩の分量を間違ってるんじゃないかと感じます。肉の味が塩に消されてる。途中、パンやサラダで口の中の塩気を中和しないと、とてもじゃないけど食べ続けられません。


Img_0004


ドリンクはいつもどおり、ホットコーヒーにしました。ちょっと苦みが強い、けっこう濃いめのコーヒーでした。


Img_0005


しかし、カップの縁が少し欠けてる... 自分は左手でカップを持つので、ちょうど口にあたるところにチップがあって、すごく嫌な感じです。こういう食器、お客に出すなよ。


Img_0006


カウンターに重ねてあるお皿があまりきれいな感じじゃないのも、すごく気になる(自分の料理は、このなかの1枚に盛りつけて提供されました)。


入店したときも、ひとりしかいないホールの人はオーダーをとっている最中だったのでしかたがありませんが、オープンキッチンの中にいるふたりのコックさんは、こちらを見たにもかかわらず、「いらっしゃいませ」も何もなく、誰にも声をかけてもらうことのないまま、けっこう長いこと入り口付近に放置されたし、床は清掃の行き届いていない中華料理店みたいになんかベタベタしてるしと、料理の味や食器の状態以外にもいろいろと気になることの多い、だいぶ残念なお店でした。次回に使える100円割引券をもらったけど、しばらくお茶の水でお昼を食べるようなことはないだろうし、仮にあったとしても、もう来ないでしょう。

ごちそうさま。


ピッコロタイガー
ジャンル:イタリアン
アクセス:東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅B1口 徒歩2分
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-10-6(地図
周辺のお店のプラン予約:
九州 熱中屋 神田 LIVEのプラン一覧
Bondy 神田小川町店のプラン一覧
AKIBA 旬魚居酒屋 魚の間 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 御茶ノ水×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2016年1月24日


ピッコロティガーイタリアン / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅


| | コメント (0)

2016/01/17

海南チキンライス@東京丸鶏(御茶ノ水ランチ)

日販に用があって御茶ノ水まで来たので、お昼もお茶の水で食べることにしました。いろいろなお店があって迷ったのだけど、ランチメニューに海南チキンライスがあったので東京丸鶏で食べることにしました。スープとサラダとドリンク付きで850円


Img_0001


辛みの強いソースが1種類のタイのカオマンガイ風ではなく、味の違う3種類のソースがつくシンガポールの海南鶏飯風なところがうれしいです。ちゃんとガーリック系、スウィートチリ系、醤油系の3つのソースがつきました。ただ、醤油系のソースは、海南鶏飯では砂糖などの甘みを足して濃く煮詰めたものが標準的ですが、ここのは普通の醤油だったのが残念。このあたりが「海南鶏飯」ではなく「海南チキンライス」なんでしょうか。店外のメニューには書いていなかったけれど、店内のメニューには「御茶ノ水海南チキンライス」となっていたのも、そういうことなのかしら。

ただ、鶏肉自体は柔らかくジューシーだし、ごはんもほんのり鶏風味で、なかなか美味しいです。本格的なシンガポール料理屋ではないので、このくらいできれば充分でしょう。すくなくとも、表参道あたりのカフェ系のお店が出すようなシンガポール風チキンライスにくらべれば、ずっと海南鶏飯に近いです。しかも、スープとサラダとドリンクがついて850円ですから、コストパフォーマンス的にも満足です。

これでなぁ、店内の掃除がきちんとされていればよかったのだけどなぁ。カウンター席の上の壁に木彫りの彫刻のようなものがはめ込まれているのだけど、これがほこりだらけでした。


Kibori


しかも、写真では見えないけれど、木彫りのとがったところに大きな綿ぼこりがぶら下がっていて、それが空調の風にあおられてゆらゆら。いつ吹き飛ばされて料理の落ちてくるかと、すごく気になって気になって。こういう細かい細工物はほこりがたまりやすいので、日ごろから注意して清掃をしてほしいものです。それさえなければ、なかなかいいお店だったのになぁ。

ごちそうさま。


東京丸鶏
東京丸鶏
ジャンル:多国多種ワインと肉料理
アクセス:JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩1分
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-4-4 サンロイヤルビル2F(地図
姉妹店:ピン  | BISTRO PIN 御茶ノ水店
プラン予約:東京丸鶏のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 御茶ノ水×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2016年1月17日




東京丸鶏居酒屋 / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅


| | コメント (0)

2016/01/14

子羊の煮込みクスクス@tanta


tanta(タンタ)の本日の日替わりが、羊のクスクス! これは食べねばなりません。サラダとドリンクバー付きで1000円。

1452745330106.jpg

まずはグレープフルーツジュースとスープ。

1452745329132.jpg

サラダと子羊。
メニューにはクスクスと書いてあったけど、クスクスはほんの少しで、飾りていど。ほとんど煮込みです。羊肉が4切れていどと、ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー。どれもやわらかく煮てあって美味しい。別ぞえでハリサもつけてくれたので、少しずつ辛みを足しながら楽しみました。

1452745327838.jpg

最後はホットコーヒーをいただいてごちそうさま。タンタ、いつもどおりに美味しかったです。

タンタ 表参道

| | コメント (0)

2016/01/11

白いくまさんのムースケーキ

かわいすぎて食べにくいじゃないか。


1452518383825.jpg


1452518384540.jpg


1452518385184.jpg

まぁ、食べちゃったわけだか。


1452518385937.jpg


美味しかった。

| | コメント (2)

2016/01/10

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 Life of Pi


ファンタジックな要素に彩られたサバイバルもの。猛獣とともに救命ボートにひとり取り残されるという、なかなかありえないけれども、あったらかなり緊張感と危機感の高まるシチュエーションで、非常に上手にエピソードやストーリーを展開していておもしろかった。真実として語られる夢物語のような「こっちのほうが、いい話」が、残酷な現実である「誰もが信じられる真実の話」のメタファーとなっているところも、正統的なファンタジー小説のスタイルを踏襲していていい。


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-06-05)
売り上げランキング: 4,797




| | コメント (0)

シークレット・チルドレン The Secret Children


過分に情緒的、感傷的で、展開は遅いしメリハリもないのは、監督が日本人だからだろうか。見ていてともかく退屈で眠かった。短い時間で焦点を当てる人物を変え、オムニバス風にした構成も、まったくうまくいってない。細切れにした分、すべてのエピソードが薄っぺらく中途半端になったうえ、エピソードを重ねることで全体の大きな流れやストーリーをつくることに身も失敗したという、ダメなオムニバス作品の典型に陥った。幼少時代のソフィアを演じた子役の女の子がかわいかった以外に見るところなし。


シークレット・チルドレン [DVD]
アースゲート (2015-06-03)
売り上げランキング: 182,995



| | コメント (0)

2016/01/08

ポークミラネーゼ@フィリア(表参道ランチ)

フィリアの日替わり洋食ランチ、本日はポークミラネーゼです。いわゆるミラノ風カツレツですね。パンかライス、サラダ、スープがついて830円。


1452226883047.jpg


あっ、サラダが変わった。以前は普通のグリーンサラダでしたが、今日はマッシュしたカボチャとジャガイモのサラダも乗ってます。ちょっと嬉しい。

ミラネーゼは、トマトソースとジェノバソースの二色のソースがカツの下に敷いてあります。色合いが鮮やかでいいし、味も風味の違う爽やかさが楽しめていいです。
ガルニは、フレンチフライとボイルしたピーマンでした。

うん、美味しかった。ごちそうさま。

アイビーホール フィリア

| | コメント (0)

2016/01/07

チャウメン@アマ(南青山ランチ)


南青山7丁目・高樹町あたりにあるネパールレストラン「AMA(アマ)」で、ネパール風焼きそば「チャウメン」。ドリンクつきで750円。


1452140511954.jpg


ふわふわの卵麺が、鶏肉、ニンジン、玉ねぎなどと炒めてあり、上にパクチーが乗ってます。
ほんのりピリ辛ですが、ちょっとケチャップのような味もして、エキゾチック風味の薄いナポリタンみたいな感じ。チリソースをかけるとアジアっぽさが増して美味しいです。

1452140513132.jpg

ドリンクはチャイにしました。ここのチャイは、ちゃんとスパイスの味がして美味しい。

今日も満足です。ごちそうさま。

| | コメント (0)

2016/01/04

ヌイグルマーZ


冬休み最終日だというのに、こんな映画を見ることにした自分がちょっと悔しい。大槻ケンヂの原作小説を映画化したもの。ばかばかしくてくだらないB級作品だけど、根底にはオーケンらしい青春の劣等感と屈折が見え隠れはしてる。音楽を特撮が担当してて、パンキッシュな演奏とオーケンらしいちょっと甘くロマンティックなメロディはなかなか良かった。

あぁ、明日から仕事かぁ。


「ヌイグルマーZ」DVD 通常版
キングレコード (2014-08-06)
売り上げランキング: 102,641




| | コメント (0)

2016/01/03

Back to the Future

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPart IからPart IIIまで、続けて見た。これまでに何度も見ている映画だけれど、何回見てもおもしろい。
めまぐるしく展開するPart IIも、どこかのんびりした感じのあるPart IIIもいいけれど、ストーリーも展開もテンポ感も含めていちばんおもしろいのは、やっぱりPart Iだな。タイム・スリップものってたいていは、主人公になんらかの利己的な理由があって、その欲望を満たすために自ら望んで時空を超えるのだけど、BTTFのPart Iは、自ら望んだわけではない、いわゆる巻き込まれ型の主人公なのがいい。それに、劇中にいくつもの、タイム・トラベルの影響を示すヒントが、比較的さりげなくちりばめられているのもいい。Part II以降は影響を及ぼすことが目的になっちゃってるからな。
それでもやっぱり、三部作のどれもが、単体で見てもおもしろいし、連続で見てもおもしろいというのは、やっぱりすごいな。うん。


バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション DVD-BOX
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-10-21)
売り上げランキング: 864





| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »