« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/24

HANNIBAL/ハンニバル

2001年につくられた映画ではなく、2013年につくられたテレビシリーズのほう。スター・チャンネルの無料放送日に一挙放送があったので、まとめて録画しておいた。

う~ん、思ってたよりも微妙。猟奇的な殺人事件が起きて、その模倣犯がいて、というのはサイコスリラーにはよくあるパターンだけど、その模倣犯のほうが誰かが最初からわかっちゃってるからなぁ。レクター博士がある種の意図をもってある種の行動をする人であることは視聴者はあらかじめ知っているというのが意外と大きな足かせになってるように思う。謎解きや、事件そのものの異常さを楽しむ、というわけにはいかないものなぁ。

けっきょく見どころは、徐々に精神バランスを崩して追い詰められていくグレアム捜査官の壊れっぷりくらい。映像は美しいけれど、思わせぶりが過ぎるし、レクター博士の上品で理知的で冷酷無情な魅力もあまりうまく描かれているようには思えない。事件そのものや、その犯人自身の異常っぷりに関しても、たとえば「クリミナル・マインド」などに比べると、それほど凄惨でもないし。

映画や原作小説のレクター博士シリーズはどれもおもしろかったので、このドラマもけっこう期待して見始めたのだけど、ストーリー展開の遅さと過剰な思わせぶり感にだんだん飽きてきてしまった。シーズン2は見ないな。


Hannibal - Season 1 Official Trailer "A Killer's Legend Reborn"
http://youtu.be/Sx9bjEfzV_s

Hannibal Season 1 Trailer #2


HANNIBAL/ハンニバル DVD BOX
KADOKAWA / 角川書店 (2014-11-07)
売り上げランキング: 5,867


クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2011-10-19)
売り上げランキング: 1,296


| | コメント (0)

2015/02/16

焼き塩鯖弁当@西友


魚が食べたかったので、西友で焼き塩鯖弁当を買ってきました。360円。安い。


Rimg0009


鯖はちょっと塩が効きすぎだけど、けっこう大きな切り身がうれしいです。レモンをかけて、少しサッパリさせたら美味しくいただけました。
付け合せに煮物と卵焼きが入ってました。
煮物は甘いなぁ。こういう惣菜だとしかたがないのだけど、自分には甘すぎです。これも少しレモンをかけちゃおう。
卵焼きは、まぁこんなもんでしょう。

しかし、これが360円で食べられるなんて、日本ってすごいなぁ。
ごちそうさま。




焼き塩さば・さんま蒲焼セット



| | コメント (0)

2015/02/15

チキンとキーマ(ラム肉)のハーフ&ハーフカレー@般°若(下北沢ランチ)

ひさしぶりに下北沢にお芝居を見に来たので、美味しいと評判のカレー屋さん「般°若(パンニャ)」に行ってみました。タレントの松尾貴史さんが経営しているお店です。

カレーのメニューは、たしか4種類。チキンカレー(辛口か中辛が選べます)、マハーカツカレー(マハーカツって何?)、野菜カレー、それにチキンカレーとラム肉のキーマカレーのハーフ&ハーフだったと思います。チキンカレーが980円、カツカレーが1500円くらい、野菜カレーが1080円、ハーフ&ハーフが1350円だったかな。今回はハーフ&ハーフにしてみます。


Rimg0007


正直、サラダもドリンクもつかないカレー単品で1350円は、ハーフ&ハーフといえども少し高いかなと思っていたのですが、食べてみたらこの価格も納得でした。美味しい。
チキンカレーはインドスタイルに近いようで、さらさらとした感じではありますが、ちゃんとスパイスをケチらずしっかり使っている味わい。辛さの中に旨みや奥行きが詰まってます。鶏肉もとても柔らかくジューシーに煮られています。
イエローライスの上に盛られたキーマカレーも、これまた旨い。羊の甘い旨みがたっぷり感じられます。パクチーも山盛りかかっていて、パクチー好きにはたまらない。なかなかこのくらい景気よくパクチーを乗せてくれるカレー屋さんはあまりないですよね。
そして脇のほうには2種類の野菜?が添えられています。白いほうはキャベツの千切りをコールスロー風にしたもの、赤いほうはトマトをすりおろしたもののようです。これがとてもいい口直しになって、カレーがいっそう美味しくいただけます。とくにトマトのすりおろしが、なんだかいい感じ。トマトのほかに玉ねぎか何かも少し入ってるのかなぁ。

ちなみに写真の奥のほうに移っているのは連れが頼んだ野菜カレー。少し食べさせてもらったのですが、これがまたおいしかった。こちらもパクチーたっぷりで、野菜もナス、キノコ、しし唐、カボチャなどいろんな種類が小さくカットされてたくさん入ってます。おもしろかったのは梅干しも一緒に煮込まれていたことで、このいきなりの酸味がいいインパクトになりました。
なお、チキンカレーはインド系の味わいでしたが、野菜カレーのほうはどちらかというとタイやインドネシアなどアジア系の味に感じられます。少しレモングラスっぽい香りと酸味があったような気がします。これもとても美味しかった。

下北沢の駅からはちょっと離れた変な場所にポツンとあるお店ですが、11時50分頃に行ったらすでにウェイティングが3人(開店は11時半)。カレーだからすぐに客席が回転するだろうと思っていたのですが、入店までに20分くらい待ちました。おそらく、開店と同時に入った1順めのお客さんの料理提供に少し時間がかかったのでしょう。それでも、入店後は注文から10分くらいで料理提供されましたし、何よりとても美味しかったので、まぁそれだけ待った甲斐もあったかなと思います。

美味しかった。下北沢に行くことがあったらまた食べたいです。ごちそうさま。

【グルメ】般゚若@東京都世田谷区『マハーカツカレー』|Weblogな生活 from あっきー
【カレー】般°若(パンニャ)が下北沢に帰ってきた!!|下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

般 若
ジャンル:カレー
アクセス:小田急小田原線下北沢駅から徒歩7分
住所:〒154-0000 東京都世田谷区北沢3丁目23-23 下北沢シティハウスII 1階(地図
周辺のお店のプラン予約:
土間土間 下北沢店のプラン一覧
下北沢 楽酒屋 ごえん のプラン一覧
Kyoya Cucina Italiana のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 下北沢×カレー
情報掲載日:2015年2月15日




[富士屋ホテル]伝統のチキンカレー



セブンプレミアム スパイス香るキーマカレー 160g (4個入)



般゜若 PANNYA CAFE CURRYカレー(その他) / 東北沢駅下北沢駅池ノ上駅


| | コメント (0)

2015/02/11

Bee Gees / Odessa (1969)


Bee Geesが1969年にリリースした6枚目のアルバム。LPでは2枚組だったようです。映画「小さな恋のメロディ」のテーマ曲となった「Melody Fair」が収録されてます。
実はBee Geesの曲ってこれまで、「Melody Fair」と、やっぱり映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のテーマ曲だった「Stain' Alive」とか「Night Fever」とかしか聞いたことがなくて、なんだか音楽性のよくわからないグループだと思ってたんですが、いったいなんですか、このアルバムは! 壮大なオーケストレーションと、キャッチーでポップでありながらも格調の高い、流れるように美しいメロディ。シンフォニックなプログレッシヴ・ポップ・テイストがたっぷり詰まっているではないですか。
これも知らなかったんですが、Bee Geesって、メンバーはイギリス人の兄弟だけど、グループの結成や音楽活動のスタートはオーストラリアなんですね。だからなんでしょうか、ブリティッシュ・ポップスとはちょっと違う、どこか大陸的なおおらかさが感じられます。ある意味、Sebastian Hardieにも通じるような、あたたかみ。
あぁ、これはなるほど名盤だわ。素敵なアルバムです。




オデッサ(紙ジャケット)
ビー・ジーズ
ワーナーミュージック・ジャパン (2013-09-25)
売り上げランキング: 122,383




【送料無料】 Bee Gees ビージーズ / Odessa 【CD】

【送料無料】 Bee Gees ビージーズ / Odessa 【CD】
価格:3,240円(税込、送料込)


| | コメント (0)

2015/02/10

Asia / Phoenix (2008)

ブリティッシュ・プログレッシヴのビッグ・ネームが集まって1982年にデビューしたスーパー・バンド、Asiaが2008年にリリースしたアルバム。10枚目になるのかな。途中で解散・再結成や何回かのメンバーチェンジがあったけど、このアルバムでは25年ぶりにデビュー当時のオリジナル・メンバーになってます。
だからでしょうか、初期の頃と変わらない、ほどよくポップで、ほんのりプログレ風味のキャッチーなロックが楽しめます。録音や音づくりがむかしよりもクリアになってる?分、ドラマティックさやロマンティックさはより強くなったかも。その代わり、初期の頃にあった力強さのようなもの?は少し薄まったかな。
流れるようなメロディと、過剰にならずツボを押さえたシンフォニック風味なアレンジはさすがです。そしてやっぱりJohn Wettonのヴォーカルは味わい深いな。なかなか素敵なアルバムでした。



フェニックス
フェニックス
posted with amazlet at 15.02.10
エイジア
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M) (2008-04-23)
売り上げランキング: 133,530





| | コメント (0)

2015/02/08

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島

原題は「Journey 2: The Mysterious Island」。ブレンダン・フレイザーが主演?を務めた「センター・オブ・ジ・アース(原題は「Journey to the Center of the Earth」)の続編。原題は 2 を to とかけることで前作との関連性を表現してて、まぁなかなか上手だなと思うのですが、邦題はダメですね。だって地底探検ぜんぜん関係ないから。

そして映画の内容も、非常に残念な感じでした。 ブレンダン・フレイザーをブッキングできなかったのか、前回おじさん(ブレンダン・フレイザー)と地底探検をしたショーンは、今度は義父(ザ・ロック)と神秘の島へと探検に出かける... ということなんですが、この探検がなんかまぁ、しょぼい。

前作もそれほどいい出来ではなかったですが、それでもアトラクション的なわくわく感とかうきうき感はそこそこありました。でもこれはねぇ、わくわくもうきうきもドキドキもないですな。神秘の島に着くまでもあんまり緊張感ないし、島に着いてからの描写も非常にこじんまりした感じ。やっちまったなぁ感たっぷりでした。

あぁひさしぶりにヴェルヌの原作小説が読みたくなったよ。


センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-02-06)
売り上げランキング: 213




| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »