« The Rock Anthem Orchestra / Performs Pink Floyd - Welcome To The Machine (2006) | トップページ | 鬼束ちひろ / DOROTHY (2009) »

2015/01/08

ローストビーフと鮭のクリームソース@BEAU GARCON(下井草ランチ)

「下井草 グルメ」とかで検索すると高確率で上位にヒットするフレンチ・レストラン、BEAU GARCON(ボウ・ギャルソン)。静かな住宅街のなかにあるお店です。

前菜、メイン、ドリンクがついて1300円のランチを注文。前菜は7種類くらいから、メインは4種類くらいから、それぞれ1品ずつ選べます。


Rimg0017


前菜はローストビーフを選びました。
よくあるローストビーフよりも少し火が余分に入っている感じですが、ちゃんと柔らかく仕上がっています。ソースはグレイビーというより、醤油? 添えられているのもホースラディッシュ(西洋わさび)ではなく、日本のわさび。なるほど、そういう感じのお店なんですね、ここ。
ガルニはリーフレタスと細切りのきゅうりに玉ねぎ、それにトマト一切れのサラダ。少し酸が強めのフレンチドレッシングがかかってました。

前菜と一緒にプチパンが3つ提供されたのですが、これがとても美味しかった。フェンネル入りで、とてもいい香り。軽く温めてあるのもポイント高いです。


Rimg0019


メインは鮭のクリームソースをチョイス。
注文のときにホールのおばちゃんがサーモンでも鮭でもなく「シャケ」と言っていたのがちょっと気になったのですが、ひと口食べてみて納得しました。たしかにこれはシャケです。おそらく、ふつうにスーパーとかで売ってる甘塩の鮭の切り身ではないでしょうか。でも火の入れ具合が絶妙で、とてもふっくらジューシーに仕上がっています。あと口に残るのは紛れもなく旅館の朝食などで出てくる焼き鮭のような味なのですが、焼き鮭のような硬さはまったくなく、きちんとフレンチの「魚のソテー」の舌触りに仕上がっているのがさすがです。火の入れ方さえうまくいけば鮭の切り身でもこんなに美味しくなるんだな、きっと。
クリームソースには細切りのキャベツ、小さなダイスカットのトマト、それに万能ねぎの刻んだもの?が入ってました。和風だ。


Rimg0021


食後のドリンクはコーヒーか紅茶が選べます。コーヒーをいただきました。ほかにお客さんがいなかったこともあり(笑)、ペーパードリップで落としたてのコーヒーをいただけました。

週末は地元のマダムたちで満員になるくらいの人気店らしいですが、平日のランチはガラガラのようです。12時~13時のあいだにお客は自分ひとり。13時少し前にビジネスランチの待ち合わせらしい人がひとり入ってきましたが、ほかは誰も来ませんでした。

料理は和風なアレンジを多少加えたカジュアル・フレンチといった感じでしょうか。日本の一般家庭でも比較的身近な食材を上手に調理してある印象です。なかなか美味しいです。

料理や接客は悪くないのですが、残念なのは店内があまり清潔な印象じゃないことです。テーブルなどの経年変化による「くたびれた感」とかは気にならないのですが、空調の吹き出し口の煤汚れとか、どことなく埃っぽく見える壁や窓枠などから不潔感を感じてしまう。とくに、窓のさんに小さなハエの屍骸が3つも転がっていたのはかなりのマイナスポイントです。このへんのクレンリネスをきちんと意識して、古いけれど小綺麗な感じが出せると、もっともっといい感じのお店になると思いました。

ごちそうさま。


BEAU GARCON
ジャンル:フレンチ
アクセス:西武新宿線下井草駅北口 徒歩4分
住所:〒167-0021 東京都杉並区井草1-26-4(地図
周辺のお店のプラン予約:
タイ屋台居酒屋 ダオタイ 阿佐ヶ谷本店のプラン一覧
イタリアンDining スパゲッティ食堂ドナ アトレヴィ三鷹店のプラン一覧
【完全個室】 美の邸(Vino-tei) 吉祥寺駅前店 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 井荻×フレンチ(フランス料理)
情報掲載日:2015年1月8日



BEAU GARCONフレンチ / 下井草駅井荻駅

|

« The Rock Anthem Orchestra / Performs Pink Floyd - Welcome To The Machine (2006) | トップページ | 鬼束ちひろ / DOROTHY (2009) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Rock Anthem Orchestra / Performs Pink Floyd - Welcome To The Machine (2006) | トップページ | 鬼束ちひろ / DOROTHY (2009) »