« 鮮魚のブイヤベース風煮込み@パラドール・ドゥ・カグラ(神楽坂ランチ) | トップページ | 豚トロの天ぷら@丑家(神楽坂ランチ) »

2013/10/23

ピッツァ・マリナーラ@マルゲリータ・パリアッチョ(神楽坂ランチ)


ヒデ・マルゲリータがマルゲリータ・パリアッチョに変わったのっていつでしたっけ。けっこう前だったような気がしますが、おそらく店名変更があってから初めての入店です。シンプルなピッツァ・マリナーラを注文。サラダとスープ、食後のドリンクがついて900円です。


Cimg0002


サラダ。ふつうにグリーンサラダです。ドレッシングの酸があまり強くないところがイタリア風ですね(と自分は思うのだけど、どうかしら)。

スープは、粗く刻んだコーンが入ったコーンポタージュ。中途半端に粒粒のコーンがたくさん入ってて、自分はあまりこういうのは好きじゃありません。舌触りが悪いように感じます。
味はまぁ、ふつうにコーンポタージュです。クリームは少なめで、少しあっさり系ですかね。
ただ非常に残念なのは、ぬるい。やけどするほど熱々ではなくてもいいけど、指を入れてかき回すこともできそうな、なんなら一気飲みくらいできそうな、うすらぬるいスープは最悪です。ウォーマーの故障でしょうか。それとも煮つまりを恐れてわざとぬるくしてるのでしょうか。いずれにしろ、ぬるい料理を出すお店に対する印象は、自分にはめちゃめちゃ悪いです。


Cimg0004


ピッツァ・マリナーラ。乗っているのはバジリコに刻んだニンニクだけというシンプルな見た目がいいですね。
マリナーラですからトマトソースにはアンチョビを使っていることと思いますが、アンチョビ風味はあまりしません。でも、ただのトマトソースとは違う旨みや深みが感じられて、これはきっとアンチョビの効果なのでしょう。
ただ、しょっぱいな。かなり塩味強めです。トマトの酸味がけっこう強いのでなんとかバランスをとってますが、自分には塩が強すぎに感じます。もう少し塩を抑えて、トマトとアンチョビの旨みがもっと引き立つような感じになってたなら、もっと美味しかったんじゃないかなぁと思います。
ドゥももちもちで美味しいけど、ちょっと重い感じかな。若い頃は大丈夫だったと思うのですが、おっちゃんの胃には少し重かったです。
ちなみにピッツァって味がずっと同じなので、途中でちょっと飽きちゃいます。ハーフ&ハーフとかになるといいんだけどなぁ。途中で味が変わればドゥの重さもあまり気にならなかったかもしれません。


Cimg0006


食後のドリンクはコーヒーか紅茶が選べます。コーヒーをチョイス。
やわらかなクレマが立ってて気持ちいいですね。味も苦すぎず濃すぎずで、重くなった胃にもやさしい感じです。

ほどよくおなかいっぱいになりました。ごちそうさま。


マルゲリータパリアッチョ 神楽坂店
【業態】ピザ
【アクセス】都営大江戸線(環状部)牛込神楽坂駅A3口 徒歩1分(地図
ぐるなびぐるなびこのエリア周辺のグルメ情報のお店情報もチェック!
※2013年10月23日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
北の味紀行と地酒 北海道 飯田橋東口店のお得なプラン予約
肉屋の台所 飯田橋ミートのお得なプラン予約
茶き茶き 飯田橋駅前のお得なプラン予約




マルゲリータパリアッチョ 神楽坂店ピザ / 牛込神楽坂駅神楽坂駅飯田橋駅

|

« 鮮魚のブイヤベース風煮込み@パラドール・ドゥ・カグラ(神楽坂ランチ) | トップページ | 豚トロの天ぷら@丑家(神楽坂ランチ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鮮魚のブイヤベース風煮込み@パラドール・ドゥ・カグラ(神楽坂ランチ) | トップページ | 豚トロの天ぷら@丑家(神楽坂ランチ) »