« Cos / Babel (1978) | トップページ | Druid / Fluid Druid (1976) »

2013/04/29

Demis Roussos / On the Greek Side of My Mind (1971)

Demis Roussosといえばプログレ者にはAphrodite's Childのヴォーカリストなわけですが、一般的にはけっこう有名なギリシャ人ポップ・シンガーらしいです。まぁAphrodite's Childも『666』以外はポップスのフィールドで語られることの多いグループですから、というか『666』だけがグループの作品のなかでも異色で、かつ、キーボーディストのVangelisがその後プログレッシヴ方面で活躍したから、Aphrodite's Childも日本ではプログレッシヴ・ロックのファンに知られるグループなわけですが、世界の常識的?にはAphrodite's Childもポップス系のグループですね。

1971年というと、Aphrodite's Childが一時的に解散していた時期の録音でしょうか。『666』が出る前ですかね。独特の甘い声と歌いまわしが特徴的です。『666』ではないAphrodite's Childと似た感じはありますが、Aphrodite's Childにはサイケデリックなニュアンスもちょっと感じられるけど、Demisのアルバムには、そうした匂いはないですね。ギリシャ出身ならではなのか、いわゆる西欧のポップスとは違うエキゾチックさがたっぷりで、そこが魅力です。地中海の明るい太陽と青い海を思わせるような印象があって、なかなか心地よいですわ。



Demis Roussos/On The Greek Side Of My Mind


666〜アフロディーテズ・チャイルドの不思議な世界

|

« Cos / Babel (1978) | トップページ | Druid / Fluid Druid (1976) »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Cos / Babel (1978) | トップページ | Druid / Fluid Druid (1976) »