« ココナツカレースープヌードル@パタヤ(神楽坂) | トップページ | 豚挽き肉のあんかけそば@和昇園(神楽坂) »

2013/03/02

ANUBIS / A TOWER OF SILENCE (2011)

Anubis(アヌビス)はオーストラリアのグループらしいです。シンフォニック・プログレッシヴ。

オーストラリアのシンフォ・プログレというとやっぱりSebastian Hardie(セバスチャン・ハーディー)がいちばんに思い浮かぶわけですが、AnubisとSebastian Hardieはあんまり似てませんね。Sebastian Hardieの音楽は、どこかおおらかで暖かい感じがしますが、Anubisはもっと硬質で、澄んだ冷たさのようなものを感じます。

良くも悪くもポンプ・ロック以降のシンフォニック・ロックで、すっきり爽やかななかに透明な哀愁が漂います。ところどころでちょっとPink Floyd(ピンク・フロイド)っぽい匂いも感じたり。もう少し構成がドラマティックだったりメロディに歌心があればなぁとも思いますが、そうならないのがいまの時代のシンフォニック・ロックなんでしょうね。これはこれで気持ちよく楽しめます。


1: The Passing Bell (Part I-VI) (17:08)
2: Archway of Tears (5:45)
3: This Final Resting Place (8:28)
4: A Tower of Silence (9:57)
5: Weeping Willow (2:43)
6: And I Wait for my World to End (5:15)
7: The Holy Innocent (11:45)
8: All That Is (11:13)
  i. Light of Change
  ii. The Limbo of Infants
  iii. Endless Opportunity

http://www.anubismusic.com/anubis/home.html



ANUBIS/A Tower Of Silence

|

« ココナツカレースープヌードル@パタヤ(神楽坂) | トップページ | 豚挽き肉のあんかけそば@和昇園(神楽坂) »

ジャンル:プログレッシヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ココナツカレースープヌードル@パタヤ(神楽坂) | トップページ | 豚挽き肉のあんかけそば@和昇園(神楽坂) »