« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »

2012年12月2日 - 2012年12月8日

2012/12/07

ハンバーグとエビフライ@鮒忠(神楽坂)

ここのところあまり「これが食べたい!」という気持ちが湧き上がりません。こういうときは価格重視で、安くてそこそこ美味しいお店が選択肢の筆頭にきます。というわけでひさしぶりの鮒忠。800円の日替わり定食が本日はハンバーグとエビフライの盛り合わせだったので、ここにします。

Cimg0004


ほどよく手作り感あふれるハンバーグ。ふっくらじゅわっとしています。少し甘めのデミグラスソースと、トッピングの目玉焼きから流れる黄身の甘みがよく合います。
エビフライは半分くらい衣です。大きなエビフライを2つに切ってありますが、衣を減らせば中くらいの海老フライになって、切らないでも盛りつけられたように思います。
エビフライの下にはポテトサラダ。甘いです。これが自宅だったら上から真っ黒になるくらい挽きたて黒胡椒をかけること間違いなし。

などなど、思うところは多少はありますが、800円でこの内容ならまったく文句なしです。量も充分あって、味も価格に見合った美味しさは充分あります。いわゆる先進国と呼ばれるような欧米諸国でこの値段でこれほどのランチが食べられるところってたぶんないんじゃないかしら。

それよりも!

ランチ時間はカウンター席が禁煙席で、一人客は入店時に喫煙か禁煙かを聞かれ「禁煙」と答えるとカウンター席に座れといわれるわけですが、カウンター席のすぐうしろにある4人席が衝立もなく通路を挟んでカウンター席に隣接していて、そこでたばこを吸われると煙がみんなカウンター席の方にきます。禁煙席の意味ないじゃん。

なんのために禁煙席を設定するのか、禁煙席とはどういう客席であるべきなのか、ちゃんと考えてほしいです。「禁煙席あります」という名目がほしいだけなのかもしれませんが、そんなの、お客さんからすれば迷惑なだけです。たばこの煙がいやだから禁煙席を求めている人にとっては別の席からの煙がガンガン流れてくるのが不快だし、たばこを吸いたいのにそこしか席が空いてなくしかたなく座った人にとっては別の席からの煙はガンガン流れてくるのに自分はその席でタバコを吸えずに不満だしという、誰の得にもならない、禁煙者にも喫煙者にも不愉快な席になっていることになぜ経営者は気づかないかなぁ。非常に残念です。

ごちそうさま。


神楽坂 和食 居酒屋 忘年会 接待本家鮒忠 神楽坂店神楽坂 和食 居酒屋
[神楽坂 和食 居酒屋]
神楽坂 和食 居酒屋 忘年会 接待本家鮒忠 神楽坂店神楽坂 和食 居酒屋
JR総武線飯田橋駅 西口 徒歩8分
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-34-1(地図
ぐるなびで 神楽坂 和食 居酒屋 忘年会 接待本家鮒忠 神楽坂店神楽坂 和食 居酒屋 の詳細情報を見る
※2012年12月7日現在の情報です

ぐるなびぐるなび神楽坂×和食神楽坂のグルメ情報もチェック!


「帝国ホテル」ハンバーグオニオンソース

| | コメント (0)

2012/12/06

ラムの辛いピーナツクリームソース@イヴ・テラス(神楽坂)

ラム肉が食べたくなったので、ランチでラムを出しているイヴ・テラスへ。3種類あるランチメニューのなかからメインがラムの、ラムの辛いピーナツクリームソースを注文します。サラダとスープ付きで900円。

Cimg0002


ひとつのお皿に全部が載ったワンプレートの状態で提供されました。
スープは、カボチャのポタージュ。上にシナモンと、ナツメグかな? エキゾチックな香りを振りまくスパイスがかけてあり、カボチャの甘い風味に魅惑的な雰囲気を加えています。
サラダは塩とオイルとヴィネガーがよくなじんでます。ちょっと塩が強いところがヨーロッパ風。
ラムは煮込んでありますが、ほどよく噛みごたえがあって、ラムらしい甘い風味も楽しめます。ピーナツクリームソースはそれほど辛くないですが、ラムの旨みとよく合います。ピーナツ風味のあるカレーといった感じですね。
ごはんにはバジリコと、小さく刻んだペペロンチーノが少しだけ混ぜこんでありました。ちょっとだけピリ辛で、ラムのソースとバランスがいいです。
お皿の左はじにはトマトソースで和えたショートパスタ。ガルニのサラダ的な扱いのようで、提供温度は常温より少し温かい程度ですが、ガーリックがよく利いていてとても味がいいです。少しだけですが豚肉やナスも入っていて、ときどき変化が楽しめるのもいいですね。パスタは茹ですぎのふにゃふにゃですが、こういう扱いであるならぜんぜん問題ありません。

900円でこれなら充分以上の納得です。おいしかった。ごちそうさま。

Yves' Terrace(オフィシャル)


週末のフランスごはん

| | コメント (0)

2012/12/05

鶏の治部煮@+81Restaurant(神楽坂)

以前に入ったときは、店づくりや雰囲気はしゃれてるけど料理はいたってふつうという印象で、あまり価値を感じなかった+81レストラン。1000円の日替わりランチが鶏の治部煮だというのでひさしぶりに入ってみました。今回はどうでしょうか。


Cimg0001


お客さんはほかに誰もいない状態で、料理提供は15分ほど。ちょっとゆっくりめですかね。
治部煮には鶏のほかに海老や大根、ブロッコリーも入ってます。熱々のとろっでなかなか美味しいです。ちょっと塩が強い気もしますが、出汁の味もちゃんとするので大丈夫。
付け合わせは、サラダ、刺身、漬け物、味噌汁。
サラダはあまり酸が強くなく、治部煮がけっこう濃い味なので、ドレッシングはもう少しすっきりしててもよかったなと思います。トッピング?の蓮根チップスはカリッとしてて美味しかった。
刺身は貝とマグロの盛り合わせ。マグロがなぁ、口当たりは柔らかいのだけど、あんまり味がなくて、しかもけっこう筋がある。ちょっと残念な感じです。ツマにミョウガが入っていたのは美味しかった。
漬け物はセロリと大根、ニンジン、キュウリ。さわやかな中に、なんかハーブのような風味がしたような、しなかったような?
味噌汁は赤出汁。濃い。しょっぱい。治部煮と一緒に出すには味が強すぎる気がします。

自分が入店してから店を出る最後の瞬間まで、他のお客の入店はなし。ホールの外国人スタッフは、ご案内のときと料理提供のとき以外は客席を見にも来ず、最終下げのときにはお茶が半分以下になっていたのにも気づかず、当然のことながらお茶の継ぎ足しやおかわりも持ってくることはありませんでした。ついでに会計のときも、誰もホールを見てないのだから気づかれるはずもなく、レジと思われる場所付近でしばし立ちつくすことに。おまえら暇なんだからもっとちゃんと客席見ろよと思ってしまいました。

見栄えはよくしてるのに、いろんなところで、やっぱり見かけ倒しな印象が残っちゃうんだよな。微妙に残念なお店です。だからお客さんが誰も来なかったのだろうなとか思わせてしまうところも残念です。入れ物と味のバランス、入れ物とサービスのバランスがあまりよくないんでしょうね。それとも、やる気がないのか。だったらランチなんかやめちゃえばいいのに。飲食店としての基本的なことよりも、場所と入れ物からくる雰囲気に料金のうちのほとんどの価値が置かれているような、ある意味で神楽坂らしい店でした。これで1000円だったら、味扇の1000円のランチを食べにいけばよかったと思ってしまいました。

ごちそうさま。

+81 Restaurant(ハチイチレストラン)(オフィシャル)



金沢<近岡屋>おせち料理(2段・49品)【送料無料】


治部煮

治部煮
価格:997円(税込、送料別)

| | コメント (0)

2012/12/04

マンチェゴチーズのサラダとサルスエラ@ぷらてーろ(神楽坂)

オープン当初はコストパフォーマンスも高く、料理にも目新しさがあったのだけど、ランチに関してはだんだんスペイン料理店らしさが薄れてきて、あまりおもしろくない店になってしまってた「ぷらてーろ」。ひさしぶりにきたらメニュー内容がちょっと以前のようなスペイン風?に戻った感じなので入店しました。
オープン当初からある「選べるランチ」を注文。前菜、メイン、ともに3種類ある中から1種類を選択し、ドリンクがついて950円。今回は前菜にマンチェゴチーズのサラダ、メインはサルスエラという魚介のスープをチョイス。ドリンクはホットコーヒーにしました。


Cimg0001


ドレッシングにはけっこう酸が効いてます。マンチェゴチーズはローズマリーでマリネしたそうで、チーズの濃い味とローズマリーの濃い風味がよく合います。スペイン産と思われるねっとりしたオリーブオイルと強い酸のバランスもいいですね。


Cimg0003


サルスエラ。ひさしぶりにこの店のスペイン料理らしい味のものを食べたって感じです。エビの殻を中心にしたと思われる香ばしい魚介の出汁がすごく濃厚で、その出汁の濃さに負けじと投入される強い味付け。かなりしょっぱいのだけど、ちゃんと魚介のうまみがしっかり感じられます。具は、エビが2尾、アサリが5つくらい、ムールが1つに、鱈の切り身?が1つ。硬くなりすぎずに火が入ってます。スペイン料理店のランチですから、こういう味付け、こういう料理を食べたいですよね、っていうのに今回の料理はぴったりです。


Cimg0005


食後のコーヒー。お茶受けに小さなパイがついてました。

パンが2つだけだったので、おなかいっぱいにはちょっとなりにくいですが(おかわりできたのかな?)、腹八分目といった感じで健康にはよさそうです。
接客レベルはあいかわらず高くなく、ほぼ食べ終わる頃になって殻入れをもってくるといった、とぼけたサービスをしたりしますが、こういう「スペイン料理らしい」と感じられる個性をもった料理がこの価格で食べられるなら、またくるようにしようと思えますね。

ごちそうさま。


スペイン厨房 ぷらてーろ
[スペイン料理]
スペイン厨房 ぷらてーろ
都営大江戸線牛込神楽坂駅 A3番出口 徒歩1分
〒162-0832 東京都新宿区岩戸町19(地図
ぐるなびで スペイン厨房 ぷらてーろ の詳細情報を見る
※2012年12月4日現在の情報です

ぐるなびぐるなび神楽坂×�神楽坂のグルメ情報もチェック!



[スペインお土産]シーフードパエリア(スペインおみやげ)

| | コメント (0)

« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »