« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

2011年4月3日 - 2011年4月9日

2011/04/09

ライブラリアン ユダの聖杯伝説


「ER」のカーター君ことノア・ワイリー主演のトレジャー・ハンティング・アドヴェンチャー3作目。まさか新作ができてるとは思わなかった。

こういったアドヴェンチャーものはけっこう好きなのだが、やっぱりインディ・ジョーンズ・シリーズとかとくらべるとユルイですね。ま、そのゆるさもこのシリーズの魅力ともいえるのだけど。ノア・ワイリーの軽い感じを上手に生かして、ほどよくコメディチックに、ほどよくスリリングに、ほどよくインディ・ジョーンズ・シリーズとかのパクリ?なんかもまじえて、最後まで楽しく観られましたよ。

ただ、ヴァンパイアがかなり活躍しちゃって、あまりにも現実離れ感がはなはだしいのがちょっと残念。非現実的な冒険に生身の人間が挑む無茶さがトレジャー・ハンティング・アドヴェンチャーの魅力だと思うのだけど、今回は超人的な協力者が助けすぎだよなぁ。次回はもっとライブラリアン・フリンくん自身にがんばってほしいですわ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンチクライスト


ラース・フォン・トリアーの作品は、『ドッグ・ヴィル』はとんでもなく素晴らしいと思うのだけど、『マンダレイ』と『ダンサー・イン・ザ・ダーク』はぜんぜんいいと思わなかった。他の作品は観たことないから知らない。

そのトリアーさんの最新作『アンチクライスト』を観たわけですが、なんかよくわかんなかった。ちなみに海外版のノーカット&ぼかしなしを観たので、日本公開版ではかなりぼかされたらしい話題の痛いシーンとかもモロで見たわけだけど、だからどうってこともなかったな。

頭のおかしい妻を治療しようとするセラピストの夫もやっぱちょっと頭がおかしい感じで、結果として妻がどんどん壊れていっちゃう。ちょっと頭のおかしい妻を持つ男の話といえば『こわれゆく女』とか思い出すけど、『こわれゆく女』は夫婦間にふたりにしかわからない深い愛情があったのに対し、この映画の夫婦間にはたぶん、愛はないんだな。相手に対しても、死んでしまった子供に対しても、愛はない。自分以外へのなにものに対しても愛がない。その点で『こわれゆく女』と対極にあるんだなぁ、きっと、とか思った。あと、血の混じった射精をするシーンは『ネクロマンティック』ぽいなぁとか、そんなことしか感じませんでした。

あまりに象徴的というか抽象的というか感覚的というかで、ストーリーそのものは楽しめない感じの映画でした。




【25%OFF】[DVD] こわれゆく女 HDリマスター版

【25%OFF】[DVD] こわれゆく女 HDリマスター版
価格:2,993円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/08

小天丼と蒸籠そば@山せみ(神楽坂)

山せみの、今週のおすすめです。そばは蒸籠かかけを選べますが、気温も高くなったのでやっぱり蒸籠ですね。そしてここの小天丼は、「小」といっても結構なボリュームがあったはず。おなかすいてんだよなぁ、今日。


Cimg0002


天ぷらは、海老と茄子、南瓜、シシトウ。サクサクッとあがってます。甘いタレのかけ具合もいい感じ。
そして腰が強くて香りのいいそば。やっぱ冷たいほうが美味しいね。

最後にそば湯を飲んでごちそうさま。

神楽坂 山せみ - 牛込神楽坂/そば [食べログ]
神楽坂ランチ第51回 神楽坂山せみ|陶柿園三代目若旦那ブログ
神楽坂 手打そば「山せみ」でランチ|がーちゃんのゴハンときどき神楽坂ランチ
つれづれ蕎麦 神楽坂 「山せみ」 つけ天そば
飯山満通信 神楽坂・山せみで、牡蠣南蛮を
親子丼と蒸籠そば@山せみ(神楽坂): every little thing in my life




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/07

豚しゃぶ定食@てっちゃん(神楽坂)

てっちゃんの日替わりランチ。本日は豚しゃぶ定食です。ご飯大盛り無料で750円。


Cimg0002


本日のお通しはタケノコの煮物。居酒屋さんなので味付けは濃いめです。鰹節が少しまぶってます。
それと、たくあん二切れ。


Cimg0004


あたたかいしゃぶしゃぶ鍋風のものかなと思っていたのだけど、出てきたのは和食系ランチでたまに見かける豚しゃぶサラダみたいな感じのものでした。豚バラ肉の薄切りをしゃぶしゃぶしたのをたっぷりのオニオンスライス、細切り人参、レタスのサラダに乗せ、上からゴマだれとポン酢を混ぜたようなタレをかけてあります。肉と野菜が一緒にたくさん食べられます。

ご飯を大盛りにしなくてもおなかいっぱい。ごちそうさま。

ぐるなび - 神楽坂 大衆酒場 てっちゃん
マグロカツ定食@てっちゃん(神楽坂): every little thing in my life



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

豚スネと大根のビール煮@ブルスカ(神楽坂)

平日限定10食の、BRUSCA(ブルスカ)の一皿ランチ。今週は豚スネと大根のビール煮です。1000円。


Cimg0001


まずは前菜の盛り合わせですよ。これはランチのセットじゃありません。
背黒鰯のマリネに自家製リコッタチーズを添えたもの、鴨のスモーク、それに海老のプリンかな。
鰯がめちゃうまです。シェフのイクラさんが修行した南イタリア・プーリアのレシピそのままにつくったそうで、ヴィネガーはかなり強め。でもヴィネガー自体に少し甘みがあるのと、ふっくらした鰯の身にもうまみがあって、この酸の強さが美味しい。しかもそこにリコッタを添えると、チーズのクリーミーなうまみが加わって、これはかなり美味しいです。この酸の強さがあるからこそのハーモニーですね。
そして鴨のスモークもすばらしい。やっぱステファノのスモークは美味しいです。香りもいいし、うまみもたっぷり。酒飲みたい。


Cimg0004


これが一皿ランチ。でっかい肉の上に、名前忘れちゃったけどいい味の野菜が乗ってます。ガルニはフレッシュポレンタとフレンチフライ、リーフサラダ。
ホロホロとほぐれる豚肉。ビールの風味もたっぷり感じられます。うまいようまいよ。ビール飲みたい。
野菜もたっぷりなところが嬉しいです。
これにパンが二切れつきます。かなりおなかいっぱいになます。

食後の余韻を少し楽しみたかったので、今回はエスプレッソも追加。ついでに食後酒としてホワイトポートを少しいただいて、ごちそうさま。あぁ、美味しかった。

BRUSCA - STEFANO リストランテ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
豚すね肉のロースト@BRUSCA(神楽坂): every little thing in my life
クマコのつれづれ日誌:BRUSCA@神楽坂ランチ



豚肉の熊谷地ビール煮込み×1袋(1人分)

豚肉の熊谷地ビール煮込み×1袋(1人分)
価格:1,360円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

豚キムチ丼@O-MATURI(神楽坂?)

久しぶりのオーマツリです。店名はそのままで、いつのまにか「ホルモンとサムギョプサルの店」になってました。ランチの内容も少し変わったようです。
以前にはなかった豚キムチ丼を注文。


Cimg0001


どんぶりのほかに、鶏ガラの中華スープ、薄切りキュウリの韓国風漬け物、ヨーグルトが付きます。これで680円なら良心的じゃないでしょうか。とくに地震の影響で現在品薄状態のヨーグルトが付いてるのはある意味ポイント高い?
豚肉は5ミリくらいの厚さで、歯ごたえを残すようにしてあります。キムチはほんのり甘みと酸味が感じられます。肉もキムチもご飯の上にけっこうたっぷり。さらにサンチュも少し散らしてあって、ほどよくバランスがいいです。

またときどきこよう。ごちそうさま。

神楽坂焼肉DINING O-MATURI(オーマツリ)/神楽坂駅/焼肉の口コミ - 30min.



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »