« 牛すじ焼き@えちご(神楽坂) | トップページ | ブリキの太鼓 »

2011/02/23

ボロネーゼと鶏と豆腐のハンバーグ山菜クリームソース@MAN EAT(神楽坂)

いつからランチやってるのかわからない(お店の人に聞いたところ、3週間前からだそうです)、というか、ここにお店があることもいままで気づかなかったマン・イート(MAN EAT)です。スパニッシュの「エル・カミーノ」があるビルの1階。
ランチは、2種類のパスタから1品と、日替わりのメイン、フォカッチャ、サラダ、コーヒーか紅茶がついて1000円。メニューボードを見るかぎり、なかなか魅力的なランチ内容です。


Cimg0002


まずはサラダ。お皿は小さめですね。リーフレタスとレッドキャベツが中心になってます。クリーム系のドレッシングに少しタマネギが入ってるのか、サラダ内のタマネギが少し辛いのか、ちょっとタマネギの味がぴりっとします。


Cimg0003


サラダ以外は一皿に全部載せての提供でした。こうきたか。簡単なコース的なものを期待していたのですが、さすがにこの価格だとワンプレートですね。

細めの麺。表面がつるつるしたバリラ系です。茹で具合は少しやわらかめのアルデンテ。日本人好みの硬さかと思います。ソースも本場のボロネーゼというよりは、トマトとクリームを多めに使った日本風のミートソースという感じ。これといって個性や特徴はないけど、日本の洋食的な、安心できる味です。

鶏と豆腐のハンバーグはふわふわとした食感で、味わいも淡泊。クリームソースとの相性がいいです。山菜の歯ごたえがときどきアクセントになります。量自体は少なめですが、パスタだけで昼をすます習慣がない自分には、これだけでもないよりはあったほうがありがたいです。

フォカッチャは、もう少し頑張れ。かなりぺったんこです。ローズマリーと胡椒で香りをつけてあるのはいいですが、パン自体がもう少しふっくらなってると、もっといいですね。あと、別皿で出してほしい。食べる前からソースがしみてしまいベチャベチャです。食べるときにはソースをつけるので味的にはいいのだけど、最初からソースがついていると持ちづらいしちぎりづらい。


Cimg0006


食後のコーヒー。あまり酸味の強くないタイプですかね。砂糖もクリームも入れずに美味しく飲めます。
ランチ営業開始記念?で、期間限定でひとくちロールケーキがつきました。ふんわりやわらかいスポンジ。甘すぎないクリーム。普段デザートを食べない自分でも美味しく食べられました。

これで1000円なら悪くないな。パスタとメインは日替わりで内容が変わるそうです。この店に限らず、パスタランチで800円とか1000円とかでは、自分はぜんぜん食べる気にはなりませんが、少ないなりにもメインがついているので、また来てもいいかなと思います。ごちそうさま。

イン神楽坂|Refrain(ルフラン) 市川のブログ



|

« 牛すじ焼き@えちご(神楽坂) | トップページ | ブリキの太鼓 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/50947309

この記事へのトラックバック一覧です: ボロネーゼと鶏と豆腐のハンバーグ山菜クリームソース@MAN EAT(神楽坂):

« 牛すじ焼き@えちご(神楽坂) | トップページ | ブリキの太鼓 »