« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/30

VIENNA / UNKNOWN


あのViennaにサード・アルバムがあるなんて知らなかった。

Gerard、Outer Limits、Afflatus、Novelaのメンバーらが集まってつくった日本プログレッシヴのスーパー・グループ。
メロディアスでキャッチーなドラマチックさを持ったファースト、大好きだった。
より硬質でテクニカルになったセカンドも、けっこう好きだった。
そのあとにリリースされたラスト・ライヴ・アルバムも、好きだった。

ラスト・ライヴから6年? 7年? いつのまにかリリースされてたサード・アルバム。
ドラムがBlack Pageの菅沼孝三に代わったほかはオリジナル・メンバーのまま。
なんか、えらくラウドな感触が強くなったというか、力強いロック色が強まった。
キーボードの塚本周正以外は皆Ded Chaplinのメンバーだから、その影響かな。
それでもところどころにViennaらしいメロディやドラマティシズムがあり、テクニカルで硬質な音がある。
まさしく、ファーストからセカンド、そしてDed Chaplinを経てきた音、と感じられる。

こんなにパワフルでかっこよく、きちんと“ロック”を感じさせるプログレッシヴ・グループって、日本では貴重だと思う。気に入った。
なんか入手困難ぽいけど、プログレッシヴ“ロック”のファンにあまり知られないまま埋もれさせてしまうのは残念だ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/28

チーズ巻きカツとロール白菜カレーソース@亀井堂(神楽坂)

本日の洋食ランチ。たいていは肉料理と魚料理のコンビネーションなのですが、今回は肉料理の組み合わせでした。


Cimg0001


カイワレのコンソメスープとサラダ。サラダのパスタ部は、今回はコンキリエ(っていうんだっけ?)でした。


Cimg0003


タマネギと豚挽き肉をたっぷりの白菜で包んであります。挽き肉ジューシー、白菜ふんわり。甘じょっぱいカレーソースとの相性もいいですね。
カツは、棒状のチーズを薄切り挽き肉で巻いて、揚げてあります。トマトソースの酸味がカツの衣やチーズといい相性。ちなみに最初はカツが半生でした。このお店、ごくたまにですが揚げ物に火が充分に通ってないことがあるので注意が必要です。でも、いえばすぐに換えてくれるし、その後のフォローもとても感じがいいので大丈夫。
ガルニは茹でたニンジンと大根、それにフェットチーネ風のパスタ。野菜が高くて原価的に厳しくなってきたのかな。


Cimg0005


そして美味しいパン。パン好きです。

ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂(オフィシャル)
煮込みハンバーグとサーモンフライ@亀井堂(神楽坂): every little thing in my life



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/27

ホルモー六景

『鴨川ホルモー』のスピンオフ短編集。『鴨川ホルモー』関係者が、『鴨川ホルモー』に書かれたのとは別の場所、別の時間にどんなことをしてたか、を描いたもの。

あくまでもスピンオフなので、本編である『鴨川ホルモー』を先に読んでおいたほうがいい。そもそも「ホルモーってなんだ?」とか、「なんでそんなこといまもやってるんだ?」といったあたりについての詳しい記述は本編にしか出てこない。このスピンオフの読者は当然、そのあたりのことは本編で予習済みが前提になってるから。

また、それぞれのお話には別々の主人公が設定されていて、いちおう、どれも独立したお話としても楽しめるのだけど、物語のなかには本編との関連を示すちょっとした「ヒント」が仕込まれている。主人公のほとんどは本編での主要登場人物とは別の人だけど、本編を知らなければその短編の中だけでしか展開しない物語が、本編を知っていると本編の主要登場人物や本編でのイベントとの関連性が見えてくる。本編を読んでいればその「ヒント」に気づき、スピンオフ物語の背景に一気に厚みが出る仕組み。その点からも、やはり本編を読んでからこのスピンオフ集を読んだほうが楽しさが大きくなる。

さらにこの本、独立した短編として楽しめる話を集めてあると同時に、それぞれの短編のなかに別の短編へのリンクとなる「ヒント」も仕込まれている。本編でのあの時期に別の場所ではこんなことがあったんだを描いた短編の、さらに別の場所ではこんなことも起きていたんだと途中であるいは読後に気づく仕組み。そして収録された短編を最初から最後まで読み終わると、この短編集全体がひとつの輪になってることにも気づく。

個別の短編の中での構成だけでなく、短編と本編をつなぐ構成、短編どうしをつなぐ構成、そして短編集全体としての構成が、非常によく考えられていて、すごいなぁ、この人は。「あの人」がチョンマゲにならなければならなかったのには、本編を読んだだけではわからない、こんな理由があったんだね。



【送料無料】ホルモー六景

【送料無料】ホルモー六景
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】鴨川ホルモー

【送料無料】鴨川ホルモー
価格:540円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

牛すき御膳@ろばたの炉(神楽坂)

ろばたの炉の日替わり御膳が牛すきだったので、ここに決めます。寒い日にすき焼きはいいよね。小鉢二品とキャベツの千切り、味噌汁、白米か五穀米つきで900円。


Cimg0001


牛すき焼き風の煮物。大きな豆腐が入っていてうれしいです。肉もけっこう多いですね。タマネギとシラタキも入ってます。自分にはちょっと甘みが強すぎですが、このくらいの濃さなら許容範囲。量が多いけど途中で七味をかけたりして味を変えれば最後まで美味しくいただけます。
小鉢はひじきの煮物と大根おろし。前回もそうだったけど、ここの大根おろし美味しいよね。甘みがあって。ご飯に乗せても、これだけ食べても美味しい。
味噌汁はすごく具だくさん。ワカメ、ニンジン、ジャガイモ、ゴボウ、油揚げなど、お椀にたっぷり入ってます。
ご飯は五穀米をチョイス。なんだかわからないけどたぶん麦とか粟とかがたっぷり。素朴な味で好きですわ。ちなみにおかわり無料です。

あぁ~、おなかいっぱい。ごちそうさま。

ぐるなび - ろばたの炉 神楽坂通り店
神楽坂オススメ・レストラン ろばたの炉 神楽坂:居酒屋のお魚ランチ
大山鶏の味噌漬け焼き御膳@ろばたの炉(神楽坂): every little thing in my life
ろばたの炉 @飯田橋|深澤裕から始まるビジネス革命
どんこ椎茸@ろばたの炉|晴れ ときどき ハンバーガー ところにより エトセトラ~♪


但馬牛すきやき肉(2191)

但馬牛すきやき肉(2191)
価格:4,725円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/25

お米定食@つみき(神楽坂)


このお店くるのひさしぶり。ランチのスタイルが変わったようで、8種類ある総菜のなかから好きな2品を組み合わせて注文できる「お米定食」が中心となったようです。小鉢、漬け物、ご飯、味噌汁がついて1000円。ご飯はおかわり無料で、総菜の追加は1品350円でできるらしい。
ほかに釜飯が6種類くらい用意されていますが、1500円くらいするし、提供に30分くらいかかると明言されているので、会社員が1時間の昼休みに頼むのはちょっと難しいかもしれませんね。


Cimg0002


総菜はロールキャベツと鰤大根をチョイス。
鰤大根、強力にしょっぱいっす。鰤のうまみすべてを覆い隠すかのごとく大量投入された醤油。鰤も大根もふっくらと茹でられてますが、どちらも醤油の味しかしません。鰤のうまみが大根にしみこんでない鰤大根なんて...
ロールキャベツはなかなかいい味です。おでんみたい。辛子もついてるし。厚揚げに出汁のうまみがしみてますし、ロールキャベツもキャベツと豚肉の甘い風味がよく出ています。たださ、ナイフとフォークほしいよ。ロールキャベツを箸で切るのって難しくないですか。そうでもないですか、そうですか。
小鉢はほうれん草のおひたし。素朴でいいですね。
味噌汁は赤出汁で、これはすごく味が濃い。しょっぱい。おいら、やっぱりこういうしょっぱい和食って苦手です。
おもいっきり色飛んじゃってますが、左下はご飯です。ご飯は美味しかった。ピカピカ光ってた。

好みの問題で、料理の味は自分にはもうひとつな感じでした。悪くないけど、わざわざ食べにきたくなるほどでもない。なによりしょっぱい和食って苦手。ご飯は美味しいけど。
あと、ホールをひとりでやってるんだけど、ぜんぜん回ってなかった。ご案内が間に合わない、着席させてもメニューを出さない、オーダー決まってもとりにこない、ほとんどすべて、お客さんから「すみません!」と声をかけられて初めて動く、みたいなオペレーション。オーダーミスも多いし、料理提供も混乱気味で時間かかってるし。きついなぁ。

オペレーションの混乱しているお店にいると、なんかいたたまれない気持ちになります。いま会計に立ったら提供がまた混乱しちゃうよな。どのタイミングで立てばいいのか悩む。むぅ。

ぐるなび - 極上の一夜干と銀シャリ つみき 神楽坂
極上の一夜干と銀シャリ つみき | 神楽坂ごはん



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/23

8mm II


ニコラス・刑事が主演し、そこそこおもしろかった『8mm』の続編かと思って観たのだけど、全然関係なかった。

登場人物やストーリーに関連性はないにしろ、アブノーマルな地下社会を暴いていくというシチュエーションくらいは多少なりとも踏襲してるくらいのことがあってほしかった。

だってタイトルが『8mm II』なんだから。

もしかして日本側で勝手に『8mm』と関連してるふうなタイトルをつけたのかと思ったが(そういうケース、良くあるからね)、原題も『8MM 2』だもんなぁ。

内容的には『8mm』系というより、むしろ『ワイルドシングス』系に近い気がする。エロ主軸なとことか、最後のネタばらしとか。『ワイルドシングス』のほうがおもしろいかな。



【25%OFF】[DVD] 8mm 2

【25%OFF】[DVD] 8mm 2
価格:1,111円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

シンドバッド 7つの冒険


CATVのユニバーサルチャンネルで放映されたもの。放映時のタイトルは「シンドバッド 7つの冒険」となっていたけど、DVDでは『シンドバッド 7つの冒険と海神ポセイドン』というタイトルで売られてるみたい。

このタイトルだから当然、アラビアン・ナイトに出てくる船乗りシンドバッドの海洋アドベンチャーだと思ってみたわけですよ。ところがどっこい、冒頭から石油タンカー出てきちゃうわ、機関銃で武装した海賊に襲われちゃうわで、あららら~な展開。

その後もいちいちツッコミどころ満載のむちゃくちゃなストーリー進行で、出来事も登場人物の背景も「いやだから、なんでそうなるの」「どうしてその手段を選ぶの」「てゆうか、こいつなにもの」みたいなことだらけ。一つひとつ意味や理由を期待したり考えたりするのがすぐに馬鹿らしくなる。

馬鹿馬鹿しくてくだらない時間を楽しめました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Therion / Sitra Ahra


Therionのアルバム聴くのひさしぶり。

初めて聴いたのは『Secret of the Runes』で、これがもうとんでもなく素晴らしくて、そのあと何枚か彼らのアルバムを追いかけてみたのだけど、これを超えられるものはなかったなぁという感じ。

この『Sitra Ahra』も、曲によってはとんでもなくシンフォニック&ドラマチックで、大好物の合唱も入ってていいのだけど、アルバム全体がドラマチック・クワイア・シンフォニック・メタルだった『Secret of the Runes』とくらべてしまうと、どうしてもねぇ。

それでもラストの「Children of the stone」とかは天にも昇る美しさでたまらん。前作の『Gothic Kabbalah』よりは気に入りました。



【送料無料】シトラ・アフラ

【送料無料】シトラ・アフラ
価格:2,625円(税込、送料別)

Therion テリオン / Secret Of The Runes 輸入盤 【CD】

Therion テリオン / Secret Of The Runes 輸入盤 【CD】
価格:2,405円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

てんぷら定食@天つゆ(神楽坂)

最近は寒いのであまりこっちのほうまでくる気がしないのだけど、昨日は日が出てて風もなく、どことなくぽかぽかしてたので、ひさしぶりにやってきました天つゆです。ここ数回、ここでは野菜天ぷらばかり頼んでいたので、今回は魚介も入ったてんぷら定食を注文。1000円。


Cimg0002


今回の盛り合わせネタは、エビが2本、青魚(鯖かな?)、イカ、シイタケ、春菊、ピーマン、茄子、玉ねぎ、インゲンでした。どれも熱々のサクサクのホクホクのぷりぷりです。塩で食べても美味しいし、天つゆどっぷりつけて食べても美味しい。素朴な味のシジミのみそ汁との相性もばっちりです。

ごちそうさまでした。
いつもレジのあたりにいる普段はおとなしい猫が、昨日はニャーニャーいってました。おやじさんが「おなかすいちゃったみたいで(笑)」といいながら厨房の隅でなにかあげてた。

天つゆ テンツユ - 牛込神楽坂/天ぷら [食べログ]
たきおの神楽坂ランチ日記: 天つゆ
天つゆ | 神楽坂ごはん



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

Stella Isabella = Garganega Pinot Grigio

ショップのサイトにはプーリア産と書いてあったが、実際はヴェネトのワイン。

500円で買える日常ワインなので、それ相応の味。
ほどよくフルーツの香りが漂う、さわやかでスッキリとした辛口になってる。

こういうワインは日常の食卓への応用範囲が広くていいね。
水代わりにごくごく飲んで、料理の味を邪魔しないし、ときどきはより美味しくなる。

栓を開けた直後は薄くてさっぱりさわやかなシャバシャバ系の味だったけど、1時間くらい経ったら樽っぽいカラメルのような香りと甘みが出てきて驚いた。
意外とポテンシャルを秘めたワインなのかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいなめのヴァポーレ@アズーリ(神楽坂)

イタリアンのメインディッシュが食べたくて、トラットリア・アッズーリ(Trattoria Azzuri)へとやってきました。本日のメインはあいなめのヴァポーレ。魚料理だ。ラッキー。おかわり無料のパンが付いて1000円です。


Cimg0002


けっこう大きな切り身。ふっくらジューシーです。
魚の下には茹でたジャガイモ、蓮、赤蕪?、カボチャ、カリフラワー。サフランの香りがします。
美味しいよ。こういう料理が1000円以下で手軽に食べられる店がもっと増えてほしい。


Cimg0003


自家製のパン。全粒粉の丸パンと、ローズマリーのフォカッチャ。これも美味しいのよ。両方ともおかわりしちゃった。

ちょっとホールがパンク気味で、テーブルへの目配り気配りが後回しになってました。マネージャーと呼ばれている人が思ったより機能してないような(笑)。出勤しているスタッフによって、まだホールオペレーションの運営にちょっとばらつきがでるのかな。がんばれ。

んでもおいしかったし、スタッフさんの感じもよかったのでオッケーです。ごちそうさま。

ぐるなび - trattoria AZZURRI神楽坂
AZZURRI神楽坂(神楽坂) 2010/11/3 - 三毛猫ランチ
たきおの神楽坂ランチ日記: 330 Azzurri
Azzurri: 神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009
trattoria AZZURRI:アズーリ@神楽坂 : 神楽坂散歩
神楽坂オススメ・レストラン アズーリ 神楽坂:イタリアン
豚肩ロースのソテー@アズーリ(神楽坂): every little thing in my life
トラットリア アズーリ 神楽坂|異邦人暮らし アメーバ支店
神楽坂 トラットリア アズーリ | 柔術&フィットネス  トライフォース五反田のおかみ日記
~神楽坂riche便り~ : 久しぶりの神楽坂ランチ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

スペシャルハンバーグ@季乃香(神楽坂)

最近ランチ営業を始めたらしいお店。神楽坂というにはかなり早稲田寄りです。ランチは週代わりを含めて66種類くらい。熱々牛鍋も美味しそうでしたが、最初なので手堅くスペシャルハンバーグを注文。国産の豚と牛を使ったハンバーグに特製のドミグラスソースがかかっているらしいです。980円。


Cimg0002


ハンバーグは焼き上げたものをひとつずつラップにくるんで湯煎保温し、注文が入ると焼いた鉄鍋に乗せて、ガルニと一緒にドミグラスソースで軽く煮込んで提供している様子。ジューシーで熱々で、美味しい洋食屋さんのハンバーグって感じです。ドミグラスソースがけっこう酸味が強いのは、赤ワインを多めに使ってるのかな。ガルニはニンジン、ブロッコリー、フレンチフライ。ニンジンとブロッコリーはグラッセになってます。ほんのり甘く煮込まれたブロッコリーって、ちょっとめずらしいですが、自分は普通の塩茹でのほうが好きかなぁ。
レタスとトマトのサラダにはサウザンアイランドドレッシングがかかってました。
小鉢はおから。これ、美味しい。いい出汁の味と甘みがいいバランスでした。
味噌汁は、大きめに切った根菜と油揚げがたっぷりと入っていて、豚肉もちょっと入った豚汁。これもかなり気に入りました。根菜のうまみがたっぷりで、味噌はそれを際だてまとめるために使われる。味噌が主張しし過ぎないのがいいです。
あと、ご飯がちゃんと美味しいのもポイント高いです。

うん、美味しかったよ。またこよう。ごちそうさま。

季乃香(オフィシャル)
季乃香(きのか) | 神楽坂ごはん



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

牛すじと大根の煮込みと鰤の竜田揚げ@葱屋みらくる(神楽坂)

実は初めて入店する葱屋みらくる。初めてなので、おそらくいちばんお得な日替わり定食を頼みましょう。本日の日替わりは、牛すじと大根の煮込みと、鰤の竜田揚げ。和風だ(あたりまえだ)。


Cimg0002


牛すじは味噌煮込みになってました。大根のほかにコンニャクとニンジンも入ってます。美味しいけど、かなり味が濃いです。居酒屋メニュー。
鰤はふた切れ。あつあつジューシーです。美味しいです。下にはレタスのサラダ。醤油のドレッシングがちょっとかかりすぎ。
味噌汁はお麩とワカメでした。美味しいけど、これも味噌の味がかなり濃い。こんなの毎日食べてたら血圧あがりそうです。
小鉢にはキュウリとタマネギ、ニンジンを刻んだものとマカロニをマヨネーズソースであえたミニサラダ?が入ってました。

う~ん、全体定期に自分には味が濃すぎです。それと、ご飯があんまり美味しくないなぁ。炊き方が悪いのか、お米が悪いのかはわかりませんが、なんかぼそぼそしてて旨みが少ない。見た目にも艶がなかったし。和食系のお店で「ご飯が美味しい」はすごく大事だと思うんだけどなぁ。

あと、入店時には靴を脱がなくちゃいけないのだけど、そしてかなり多くの客席数があるのだけど、玄関にげた箱がないのはどういう了見だ? 入り口がお客さんの靴だらけで、しかもごちゃごちゃ。お客さんの履物をこういうふうに扱うお店って、自分はあんまり好きじゃないなぁ。

などと思いつつごちそうさま。

ぐるなび - 葱屋みらくる神楽坂
神楽坂 「葱屋みらくる」でランチ|がーちゃんのゴハンときどき神楽坂ランチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/13

煮込みハンバーグとサーモンフライ@亀井堂(神楽坂)

今年の初亀井堂。おなじみの日替わり洋食ランチを頼みます。本日のメニューは煮込みハンバーグとサーモンフライ。サラダとスープ、パンかご飯がついて900円。


Cimg0001


貝割れの浮いたコンソメスープ。あたたかいです。
サラダのパスタ部は、今回は辛子マヨネーズであえたスパゲッティでした。


Cimg0004


ドミグラスソースで軽く煮込んだハンバーグ。ふわっとジューシーです。
サーモンフライにはチリパウダーを混ぜたマヨネーズが添えられてます。さくっとしててふわぁ。
ガルニはゆでた人参、ジャガイモ、白菜(かな?)。茹で野菜は胃にやさしい感じだし、寒い日にはいいですね。


Cimg0005


おなじみの美味しいパン... なんだけど、お気に入りの左側のパン、今回はいつもよりちょっと水分が多くてしなっとした感じでした。もっと皮がぱりっとしてるほうが好みです。

でも今回もおいしゅうございました。ごちそうさま。

ぐるなび - Restaurant&Bar 亀井堂
洋風ぶたしゃぶ丼@亀井堂(神楽坂): every little thing in my life
ランチ|神楽坂 Salon de Aroma 「ルシェルシェ」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/12

心御膳@心(神楽坂)


心にくるのはそれほどひさしぶりではないけれど、心御膳を頼むのはけっこう久しぶりです。マグロの刺身と天ぷら、煮物、サラダに味噌汁、ご飯がついて880円。ご飯はおかわり無料です。


Cimg0011


天ぷらは、海老、シシトウ、白身魚、茄子、椎茸。
煮物はほうれん草、人参、里芋、大根、鶏肉。
煮物がちょっと味が濃かったけど、全体には安心できる味。

ごちそうさま。

ぐるなび - 魚・旬菜とお酒 心 神楽坂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/11

Macon-Villages Les Coupees / Reine Pedauque


きりっとした辛口でなかなかおいしい。
ミネラル感と酸がけっこう強めかな。
厚みや重さはあまりない。
スッキリとした味わい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

Ancyra Kalecik Karasi 2007 / Kavaklidere


トルコのワインって飲むの初めてかもしれない。
Ancyraというのはブランド名のようなので、Kalecik Karasiというのが葡萄の名前なのかな?

けっこう果実の甘みが強く、比較的しっかりしたボディを感じるのだけど、だからといって南半球のようにぼってりとした感じはなく、上品でさわやか。ミネラルも感じられ、アルコール13.5%らしい力強さもあるけど、飲み口がすっきりしてる。こういう味、好きだわ。もう少し酸が強いといいのだけど、華やかでベリーのような香りがあり、かわいらしくチャーミングな味わいは、アメリカのいい感じのピノ・ノワールとかと似た雰囲気があるかな。

うん、美味しかった。1500円くらいまでで買えるといいのだけど、けっこう高いのが貧乏人の自分にはちょっとつらいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

かたみ歌


「世にも奇妙な物語」でドラマ化された「栞の恋」の原作が読みたくて。
朱川湊人という作家のことは知らなかったし、この人の作品を読むのも初めて。

物語自体はなかなか魅力的に感じる作品もあったのだけど、文体というか、表現のしかたや言葉の選び方とかが自分に合わないようで、気持ちを乗せられない。だから好きになれなかった。
収録された作品の中ではやはり『栞の恋』が素敵だったけど、原作よりもドラマ版のほうが良いと感じてしまった。

こういう露骨に昭和ノスタルジーを武器にしたような作品って、やっぱり合わないんだな。
自分は昭和にノスタルジーなんて感じない。
舞台や背景に昭和ノスタルジーがないと成立しないような「良さ」には感情移入できない。
テーマの選び方自体は悪くないのに文体の合わなさと露骨な昭和ノスタルジー表現が物語を味わうことを阻害した残念な作品集だった。自分にとっては。


【送料無料】かたみ歌

【送料無料】かたみ歌

価格:460円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春浅草歌舞伎

の舞台上で、

ドドスコスコスコ ラヴ注入

が観られるとは思わなかった。

歌舞伎ってやっぱり世相を盛り込んだ大衆演劇なんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/06

豚肩ロースのソテー@アズーリ(神楽坂)

両方の両親からうっかりお節を送りつけられてしまい、ここ数日、自分の好みとはほど遠いものを食べ続ける羽目になっていました。なので出勤初日のランチは絶対洋食にするんだ!というわけでアズーリにきましたよー。本日のメインは豚肉のハーブ煮込みです。パンは食べ放題で1000円。


Cimg0001


毎朝お店で焼いているという自家製のパン。これが旨いのよ。しかもおかわり無料なのが嬉しい。えぇえぇもちろんおかわりしますとも。


Cimg0003


メイン。あれ? 表のメニューボードにはハーブ煮込みって書いてあったけど、でてきたのは肩ロースのソテーでした。内容変わったのかな。まぁいいでしょう。
けっこう大きなロース肉が2枚。このボリュームは嬉しいです。バルサミコのソースでさっぱりさわやかに仕上げてあり、味付けは悪くないです。だがしかし、だがしかーしっ! 肉、硬くね? けっして焼き過ぎってわけじゃないんです。むしろ、全体に火が入ったまさにその瞬間に盛りつけましたってくらい、絶妙ともいえる焼き具合。なのに、硬い。これはもう、肉そのものが硬いんだな。小さめに切って食べたけど、顎が痛くなりました。
つけあわせは生の野菜とボイル後オーブンで少しローストした野菜。けっこうしっかりと野菜が取れるのはポイント高いですね。それだけに、肉の硬さが残念。次回に期待しましょう。

ごちそうさま。

ぐるなび - trattoria AZZURRI神楽坂
AZZURRI神楽坂(神楽坂) 2010/11/3 - 三毛猫ランチ
たきおの神楽坂ランチ日記: 330 Azzurri
Azzurri: 神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009
trattoria AZZURRI:アズーリ@神楽坂 : 神楽坂散歩
神楽坂オススメ・レストラン アズーリ 神楽坂:イタリアン
スズキのヴァポーレ@アズーリ(神楽坂): every little thing in my life
トラットリア アズーリ 神楽坂|異邦人暮らし アメーバ支店
神楽坂 トラットリア アズーリ | 柔術&フィットネス  トライフォース五反田のおかみ日記


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/01/04

地獄


映画『地獄』(監督:神代辰巳)を観た。















岸田今日子はしゃべるだけで怖い。



地獄

地獄

価格:367円(税込、送料込)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/03

誰も守ってくれない


映画『誰も守ってくれない』を観た。



















志田未来がすごく丸い。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »