« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »

2010年8月15日 - 2010年8月21日

2010/08/20

ノルウェーサーモンと野菜のカルトッチョ@ヒデ・マルゲリータ(神楽坂)

最近はパスタとピッツァ以外に、週に2~3回、日替わりランチでセコンド風の料理を出しているヒデ・マルゲリータ(HIDE MARGHERITA)です。本日の日替わりはノルウェーサーモンと野菜のカルトッチョ。カルトッチョって紙包み焼きのはずですが、日替わりランチにしてオペレーション的に大丈夫なのでしょうか。ちょっと心配しつつ注文。スープとデザート付きで1000円です。


Cimg0001


スープはジャガイモのヴィシソワーズ。ちょっとクリーム分が多くて重い感じです。どろろん。もうちょっとだけ塩が効いててもよかったかな。


Cimg0003


カルトッチョ。ホイル包み焼きになってました。気の利いた店ならカメリエーレやシェフがテーブルで包みをきれいに切り開いてくれるのですが、さすがにここでは期待できませんね。


Cimg0005


ナイフとフォークを使って包みを開いたところ。紙だとけっこう難しいのだけど、ホイルは比較的簡単に切れるので助かります。
野菜は、ブロッコリー、シシトウ、さやつきの豆、パプリカ、ズッキーニ、ナス、カブ、ジャガイモ、シメジ、トマト。薄味で、ハーブの香り(タイム?)がいい感じ。
サーモンは... これって塩ジャケ? 甘塩だけど、鮭全体に(身のなかにまで)塩味がします。ふつう、こういった料理は生鮭(フレッシュ・サーモン)を使うものだと思うのですが、売価を考えるとしかたないか。でもやはり、塩鮭でつくるのは違うと思うなぁ、この料理。


Cimg0007


デザート。ビスケットの上に生クリームとマロンクリームを盛ったミニモンブラン。甘さ抑えめで美味しいです。

やはりランチで、この値段で手間のかかる魚料理はちょっと難しい感じですね。スタンバイ調理が可能な肉系の料理のときにまたこようと思います。ごちそうさま。

HIDE MARGHERITA(ヒデ マルゲリータ)神楽坂店 イタリアン|神楽坂(オフィシャル)
HIDE MARGHERITA@神楽坂ランチ|麻布十番・川口市 花とカルトナージュ教室『アリス フラワー&クラフト』




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/08/18

ハラミランチ@炭火亭(神楽坂)


暑くて体力落ちまくりなので焼き肉! 炭火亭でハラミランチです。キムチ、ナムル、サラダ、スープ、ライス付きで800円。


Cimg0001


焼き肉パワーで午後を乗り切るぞ! ごちそうさま。

ぐるなび - KOREAN DINING 焼肉 炭火亭




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/17

マグロ頬肉のステーキサラダご飯@ぷらてーろ(神楽坂)


普段から月曜休みの店が多いけど、普段は月曜に営業しているところもまだ微妙にお盆休みのお店が多い神楽坂。そんななかけなげに営業している「ぷらてーろ」です。限定10食の「マグロ頬肉のステーキサラダご飯」を注文。スープとドリンク付きで900円。


Cimg0002


刻みタマネギの入ったトマトのスープ。熱々なのはいいですが、すごくしょっぱいです。汗で失われがちな塩分を補充しようという意図でしょうか。そしてほんのりピリ辛。かなりの濃い味ですが、なにげでこれが美味しいです。


Cimg0004


メイン。トマトソースで軽く煮込んだマグロ頬肉ステーキがいちばん上に乗ってます。その下にはマヨネーズ系のドレッシングで軽くあえたサラダ、いちばん下はおなじみのイエローライス。そして上から全体にネギがまぶしてあると。このネギがけっこう大きめのカットで、ちょっと食べにくいです。口の周りにつく。
マグロにはしっかり塩胡椒がしてあります。こうした景気のいい塩の使い方はこのお店の特徴でもありますね。本場っぽいとも思う。スペイン人が自分のためにつくった料理って、かなりしょっぱかったりするもんね。マグロのほどよい歯ごたえと香ばしさ。トマトソースの酸味とマヨネーズドレッシングとが混じりあうのもなかなかおいしい。


Cimg0006


食後にホットコーヒーを飲んでごちそうさま。おいしゅううございました。

ぐるなび - スペイン厨房 ぷらてーろ
神楽坂ぷらてーろ - 元独身貴族のグルメ日記
魚介のマリネとかコレナイ豚の香草パン粉焼きとか@ぷらてーろ(神楽坂):every little thing in my life
ランチ(ぷらてーろ)|かおちゃんのブログ



本鮪・インドマグロのほほ肉(1kg)

本鮪・インドマグロのほほ肉(1kg)

価格:4,200円(税込、送料別)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/16

もあは流れ遂行したかった(BlogPet)

きょう小丸は挽き肉状っぽい登場した?
だけど、もあは流れ遂行したかった。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ドラマ】 鏡地獄の美女

天地茂の明智小五郎シリーズ。今回の明智は香港にまで出張し、ちょっとばかし国際的。でも主要な捜査はほとんど国内ですが。怪しすぎる包帯男とスケベすぎる新社長vsまたしても依頼人女性によろめき気味の明智の対決は、なんだかあまり緊張感がなく、全体にけっこうだるい展開だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ドラマ】 五重塔の美女

天地茂の明智小五郎シリーズ。

ストーリー的にはなかなかおもしろいと思うんだよ。犯人の動機と、その背景にある20年くらい前の事件とのかかわりとか。

でも、あの段階で明智が事件を解明しなかったら、犯人は残り2人も殺したのだろうか。そして自分だけが生き残るつもりだったのだろうか。それはそれで不自然だし、かといって、犯行予告ともいえる写真を送りつけておきながら犯行に及ばなかったとしたら、それもそれで不自然。けっきょく、カムフラージュ殺人はカムフラージュを最後まで遂行しなくては意味をなさないわけで、その点で、あまりかしこい計画には思えないのだよなぁ。

あと、この事件に明智がかかわるきっかけとなる、冒頭の殺人なんだけど、文代くんはいったいなにがしたかったんだか。あやしいオトシモノを拾って、あとをつけて、すぐ目の前にいるにもかかわらず声もかけず、けっきょく見失って殺されちゃうなんて、探偵の助手としてはいささか間抜けに思えるのだけど。さっさと声をかけていれば、こんな事件に発展する前に解決したんとちゃうんか。なんか、この段階で少し興ざめしてしまったので、そのあとのストーリーがもうひとつ楽しめきれなかったのであった。


【22%OFF!】五重塔の美女(DVD)

【22%OFF!】五重塔の美女(DVD)

価格:2,047円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ドラマ】 セーラムズ・ロット

スティーブン・キングの原作をテレビドラマ化したものらしい。前後編で約3時間。長かった。小さな田舎町全体がいつのまにかヴァンパイアに乗っ取られるというストーリーなのだけど、なんか展開はだるいしヴァンパイアもあまり恐ろしげじゃないし、主役級の登場人物たちのルックスももうひとつ。ヴァンパイア対人間の戦いの場面も地味で、あんまり盛り上がらないままに3時間が終わってしまい、正直、途中で飽きた。


死霊伝説 セーラムズ・ロット(DVD) ◆20%OFF!

死霊伝説 セーラムズ・ロット(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,184円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【舞台】スリー・ベルズ

渋谷のPARCO劇場にて。

最初に観たのは「ダブリンの鐘つきカビ人間」だったか「BIGGEST BIZ」だったか忘れたけど、後藤ひろひと大王の芝居はけっこう好きで、彼がらみのものはできるだけ観るようにしてる。今回の「スリー・ベルズ」も後藤ひろひとさんらしい、笑いと涙の入り混じったファンタジー。笑うべきところと泣くべきところをわかりやすく表現してくれるので、とても楽な気持ちで観ていられる。

3つの別々のストーリーが最後にはひとつの場所に収束する構成で、きっと一生懸命考えて全体の流れをつくったんだろうなと思うが、今回はちょっとばかし「ファンタジー」の曖昧さをご都合主義的に解釈して無理やりに一点着地させたかな、という感もなくもなく。とくにアメ女のストーリーはちょっとリアリティが希薄になりすぎたように思う。もちろんアメはメタファーなのだろうけど。あと、ミュージシャンと15年眠り続けた少年の話も、ちょっと少年の扱いがかわいそうだったような気が。

ところどころにちょっとした無理と、もう少し練り込めたんじゃないかな感を残しつつも、テンポよく展開し、きちんと場内の観客の心をつかんで、最後には一体感をもせるところが、さすが後藤ひろひと大王。最後に岡田浩暉さんの熱唱を持ってきたところもにくい。そういえば岡田さんって、もともとヴォーカリストだもんね。歌、うまいわ。

やっぱ舞台はいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »