« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »

2010年8月1日 - 2010年8月7日

2010/08/06

フェルネット・ブランカ

イタリアの、ちょっと有名な薬草酒。
初めて飲んだ。
自分は薬草酒が好きなのでそこそこ美味しく飲めたけど、
うちの奥様にはめちゃ不評だった。
おなじイタリアの薬草酒でも、
アマーロやチナール、サンブーカなどと違い、
甘みがほとんどないからね。
むしろ苦い。薬っぽさ満開。
そこがどうもお気に召さない様子。
そういえば奥様はウンターベルクもダメだった。
これ、タイプ的にはウンターベルク系だもんな。
冷凍庫からの直出しストレートで出したのもいけなかったか。
自分はストレートで飲めるけど、
奥様にはコーラかジュースで割ってあげよう。
いや、むしろ別のもっと甘い食後種を用意してあげよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チキンカレー@亀井堂(神楽坂)


暑いです。暑すぎて遠くにいきたくないし、食欲も微妙です。なので近所の亀井堂でカレー。いまの時期だけチキンカレーがあります。スープとサラダ付きで800円。


Cimg0001


鶏もも肉の骨付きローストがまるっと1本、ドンと乗っていて、ハッタリが効いています。ふっくらと焼けていておいしいけれど、ぶっちゃけ、食べにくいです。カレーなのにナイフを駆使しなくちゃいけないなんて... 肉をとったあとの骨をどこにおいておくかにもちょっと困ったり。
でもやっぱりカレーはなにをしたっておいしいね。以前より少し辛さが弱まった気もしますが、このくらいのマイルドさもたまにはいいね。

おなかもいっぱいです。ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂(オフィシャル)
東京ランチ紀行: 【亀井堂】オムライス/900円
ごまだれピリ辛冷やし中華@亀井堂(神楽坂): every little thing in my life



欧風スペシャルチキンカレー

欧風スペシャルチキンカレー

価格:780円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/05

■映画■ アマルフィ 女神の報酬

この映画、なんでこういうタイトルなんだろう? アマルフィぜんぜん関係ない(事件の途中でちょっとだけ出てくるけど)。女神の報酬ってなんのこと? 誰が女神で、なにが報酬?
そしてテーマ曲が「Time to say goodbye」なのもカッコ悪い。この曲、もう15年くらい前にイタリアをはじめとしたヨーロッパ各地で大ヒットした曲だよ。原曲はイタリアのものだし。微妙に古いうえに有名すぎる。日本を舞台に、東京に観光で来たヨーロッパ人が大がかりなテロ事件に巻き込まれる映画のテーマ曲がたとえばGLAYの「HOWEVER」みたいな感じ? しかもサラ・ブライトマン、本人役で画面に登場し、歌っちゃったよ。そのシーン、ほとんど意味ない。
ほかにも、主人公の外交官・黒田は、大規模テロ対策という国レベルの密命を受けてローマ入りしたはずなのに、いきなり一般邦人の事件に巻き込まれちゃダメだろとか、脇のキャスティングがいろいろ豪華すぎなのに、ぜんぜん活かせてないとか、いろいろと残念なことの多い内容だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

ビビンバ丼@本多鉄○横町(神楽坂)


大翔でドリアのランチを食べようと思ったのだけど、どうもランチ営業をやめてしまったようです。そのまま本多横町に入り、鉄○(てつまる)へ。ビビンバ丼を注文。温泉卵と味噌汁付きで700円です。

Cimg0001


真ん中にそぼろっぽい肉と、まわりにナムル。上から温泉卵を割り入れて、よく混ぜ合わせていただきました。これといってあまり特徴や印象のない味ですが、まずまず美味しいです。コチュジャンかトウバンジャンでもう少し辛味をつけられるといいな。でも、大きな味噌汁付きでこの量、この価格ですから、コストパフォーマンス的に満足です。ごちそうさま。

そうそう。店内の客席が全部入れ替えられまして、いまは背の高い椅子に小さめの丸テーブルという、こじゃれたカフェみたいな客席になってます。そのためか、以前はあまり見掛けなかった若い女性客が昨日はけっこういっぱい入ってました。あの客席、店の雰囲気とかと合ってないし、なんか食べにくいんですけどねぇ。おねぇちゃん客を引っ張るには雰囲気優先にしなくちゃいけないってのもわかりますが、なんかコンセプトのよくわからない店になってきた気がします。長く続くといいけどねぇ。

ぐるなび - 鉄板鳥焼と串ふらい 本多鉄横丁
本多鉄横丁(神楽坂) 2010/5/31 - 三毛猫ランチ
炙り豚バラチャーシュー丼@本多鉄まる横町(神楽坂):every little thing in my life


韓のビビンバ

韓のビビンバ

価格:800円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/03

ふぐ屋のまかない丼 ポン酢@玄品ふぐ(神楽坂)


なんかあまり食欲がわかないので、かといってちゃんと食べないとバテるので、さっぱりしてそうでそれなりにボリュームもありそうな感じの、ふぐ屋のまかない丼を食べることに。韓国ダレとポン酢のどちらかを選べるのだけど、生卵入りの韓国ダレはきつそうなので、さっぱりとポン酢をチョイス。丼以外なにもつかない単品で780円。


Cimg0001


右側の黒い壷には唐辛子が入ってます。
丼の中身は、ご飯の上に皮の湯引きと身の切り身、オニオンスライス、万能ネギの輪切り、それに白髪ネギ。その上からたぶん大根おろしの入ったポン酢がかけてある。
湯引きはコリコリとした食感が楽しいけれど、味的にはほぼネギ丼です。万能ネギ大量。切り身もネギの味に押されてしまい、湯引きと同じく歯ごたえを楽しむくらいのポジションですね。さっぱりしてておいしいけど、玉ねぎは辛いなぁ。もう少ししっかり水にさらしてほしい感じです。

んでも、さっぱりしてて、そこそこおなかにたまって、という目的は達せました。ネギは体に良さそうだし。
会計時にK店長のお名刺をいただきました。ありがとう。ごちそうさま。

神楽坂の関 - 玄品ふぐ(オフィシャル)
ふぐ天丼@玄品ふぐ(神楽坂): every little thing in my life




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

■映画■ 東京伝説 Tokyo Psycho(BlogPet)

もあの「■映画■ 東京伝説 Tokyo Psycho」のまねしてかいてみるね

な意味では距離を感じちゃうんだよなぁ!
【23%OFF!】東京伝説~蠢く街の本筋に相談しようとは現実感を大量に相談しようともして..となるの狂気~(DVD)価格:3,072円(税込、決め手と、がんばって○演じてて○演じてたの、あまり期待できないので、あんまり怖さを大量にしないんだけど、がんばってがんばってて○演じてもいい役柄でくることもまぁ、なぜヒロインまでそういう行動を置いてもしてがんばってたのになぁ。
普通にして、ほんと迷惑。
ああいうところで『DOOR』よりはしかたない・納得できないので、がんばって絡んで『DOOR』よりは、芝居もきつかったのになぁ!
しかし千原靖史はおかしいよなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

■映画■ 東京伝説 Tokyo Psycho

サイコなストーカーは怖いです。思い込みの激しいヤツとはできるだけ絡みたくない。でも、こっちでは距離を置いていても相手が勝手に親近感を持って絡んでくることもあるわけで、そういうの、ほんと迷惑。普通に考えれば警察に届けて.. となるのだけど、決め手となる物証が乏しい状態では、あまり期待できないよなぁ。その点で『DOOR』よりは現実感があるかなぁ。しかし、だからといってぜんぜん警察に相談しようともしないのはおかしいよなぁ。それと、隣室の幼児虐待容疑はストーリーの本筋に関係なくて、なんであんなの入れたのかなぁ。ああいうところで中途半端さを感じちゃうんだよなぁ。
なんかいろいろな意味で理解できない・納得できない行動を登場人物たちがとってて、サイコなストーカー野郎はしかたないにしても、なぜヒロインまでそういう行動?というところに納得や共感ができないので、あんまり怖さを感じないんだよなぁ。国分佐智子、顔にうにょうにょ動く虫を大量に載せられてがんばってたのになぁ。谷口賢志もまぁ、がんばってキ○ガイ演じてた。しかし千原靖史はダメでしょ。いてもいなくてもいい役柄で、芝居もきつかった。


【23%OFF!】東京伝説 ~蠢く街の狂気~(DVD)

【23%OFF!】東京伝説 ~蠢く街の狂気~(DVD)

価格:3,072円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ 大地震

ディザスターものの名作らしいのですが、なんかあんまり緊張感がありません。パニック具合も思ったよりおとなしい。主人公の彼がね、あんまり魅力的じゃないんですよ。人として。彼より社長のほうがよっぽど魅力的だったし、警官のほうがよっぽど印象的。サイコ野郎もインパクトはあったけど、なんかあいつは物語り全体の中では浮いてたな。あとバイク野郎も、もっといろいろ活躍するのかと思ったら、たんに登場しただけっぽいし。たくさんの人物が出てきて、それぞれになんとなく思わせぶりなシーンがあるわりには、終わってみればどれも中途半端な描き方なのが残念です。最後、おまえら流されていっちゃうんだという終わり方は悪くなかったな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ ブリムストン&トリークル

う~ん、なんだかよくわかりません。タイトルの意味もわからんし。いちおう、スティングが主役なのかな。彼はこういった、ちょっとサイコ入ったような悪役での出演が多いんでしょうか。それはともかく、登場人物の誰にも共感も感情移入もできないです。彼がどうしてああいうふうになったのかもわからんし。本当の主役はスティングじゃなく、彼が入り込む家庭の夫婦のほう泣きもするのだけど、そこの描きこみもなんだかもうひとつ。とりあえず信仰心の篤い人はやっぱりあたしゃ苦手だということが改めてわかりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ カンフーシェフ

サモ・ハン・キンポーかっこいいな! もう、そんなに若くないだろうに、あの体つきであんなに動けるってだけで尊敬に値しちゃいます。ストーリーのほうはまぁ、ありがちといえばありがちで、とくにどうということもないです。なにげにフィーチャー量の多い役どころに加護亜依がキャスティングされてますが、いったいなんのため?という感じです。台詞全部吹き替えだったし。最後の開水白菜はメチャメチャ美味しそうだった。


【23%OFF!】カンフーシェフ(DVD)

【23%OFF!】カンフーシェフ(DVD)

価格:3,799円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ カサンドラ・クロス

すごくひさしぶりに観ました。古い映画だから、特撮の場面とかはさすがにいまとなってはしょぼいです。でもね、ストーリー展開はよくできてるというか、最初からぜんぜん飽きさせずに、どんどんと魅せてくれます。テンポもいいし、主要キャラクターたちの人物像も上手に描けてる。役者さんたちの演技にも厚みがあります。最後の崩落シーンも含めて、全編に緊張感があります。現実と見紛うようなリアルなCGがなくても、ストーリーと人物描写がしっかりしていれば実際の「見た目」以上に現実感を持って物語の中に入っていけるということがわかりますね。
携帯やらインターネットやらが普及してしまった現代では、こうした孤立した空間を題材にするのはなかなか難しいだろうな。そういったところに古さというか時代を感じてしまいますが、それを補って余りある内容だと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ドラマ■ 魅せられた美女

天地茂の明智小五郎シリーズ。今回のヒロインは懐かしい、岡田奈々です。いまもいるんでしょうか?
今回は最初から犯人がわかってて、その犯人の仕掛けたトリックをいかにして探偵が解き明かし、犯人を追い詰めていくかという、刑事コロンボみたいなスタイルです。この犯人が自分の頭の良さに自信を持ってて、明智に対し「知恵比べだ」みたいなことをいってるんだけど、彼、そんなに頭よくないです。いや、知恵はそれなりにあるのかな。ただ、せっかく考えたその知恵を実行に移す際の行動があまりにずさん。完全犯罪をめざすわりには、いろいろなところで目立ちすぎです。おまえ、あんまり推理小説とか探偵者の映画とかに親しんでないだろって感じ。コロンボに出てくる犯人のような「頭の良さを過信してトリックをつくりこみすぎ、かえってボロを出す」のではなく、単純に行動が雑なんだよな。なので、アイデアはいいのかもしれないのに、ぜんぜん頭がよそさうに見えないのがとても残念でした。
また、この明智シリーズでは本筋とあんまり関係のないヌードシーンが比較的ふんだんに挟み込まれるのがお約束のひとつですが、その部分も今回は非常に控えめでしたね。岡田奈々はもちろん脱ぎません(肩から上とふくらはぎあたりのみ、シャワーシーンで見ることができます)。今回の「それ」用キャスティングは奈美悦子でした。むむぅ。
いろいろな意味でもうひとつ感が残ってしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »