« 2010年4月18日 - 2010年4月24日 | トップページ | 2010年5月2日 - 2010年5月8日 »

2010年4月25日 - 2010年5月1日

2010/04/30

■休日映画■ デッド・サイレンス

人形は怖いよ。いっぱいあるとすごく怖いよ。一族皆殺しにされるはずが主人公の父親がまだ生きてて若い後妻をもらってる時点で最後のオチは予想がついたが、仕掛け部分を映像で見せてくれるのは趣味が悪い感じでいいな。ストーリー的にはなんだかだらだらとテンポが悪く、ゴースト側の動機は仕返しに対する仕返しでもうひとつ共感を得にくく、葬儀屋のじいさんは秘密を口外したという理由はあるにせよとばっちり感が強く、どれも微妙な感じが残ってしまった。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■休日映画■ カンナさん大成功です

すごくわかりやすいストーリー。スポンサーに美容整形の企業とかがついてるのかな。美容整形を非常に肯定的に扱うと同時に、どれだけ実力があってもデブで不細工には大きなチャンスも幸せもやってこないといいきっちゃった。一見ピュアなラヴ&サクセスストーリーに見せかけて、実はなんか嫌ぁ~な感じの残る作品だった。主人公の歌う曲もオリジナルじゃなくてカバーだよね? なんだかなぁ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/28

温泉卵と野菜のカレー@亀井堂(神楽坂)

雨が降ってるから亀井堂。このパターンが多いです。今回はひさしぶりに温泉卵と野菜のカレーを注文。スープとサラダつきで800円。らっきょうと福神漬けもつきますが、らっきょうは嫌いなので福神漬けだけもらいます。


Cimg0002


スープはチキンコンソメかな。優しい味で、あたたまります。
サラダのパスタパートは、本日はスパゲッティですね。味はいいけど、なにげにちょっと食べにくいです。


Cimg0004


カレー。茹でた蓮と、素揚げしたナス、カボチャ、マイタケ、そして温泉卵が乗ってます。ほどよい辛さがあり、美味しいです。昔懐かしい味。卵を崩すと甘くなる。素揚げの野菜も美味しいなぁ。

おなかいっぱいになりました。ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂(オフィシャル)
ハヤシライス@亀井堂(神楽坂): every little thing in my life
神楽坂オススメ・レストラン 亀井堂 神楽坂:レトロな雰囲気のパン屋さん
亀井堂パン屋・レストラン(神楽坂)



香辛料が食欲を誘う、夏野菜を使ったピリ辛インド風カレー こだわりの野菜カレー(中辛)


特別栽培野菜を使用し「安全・ヘルシー」にこだわったカレー函館ヘルシー野菜カレー

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/27

十勝かみこみ豚バラ丼@オーマツリ(神楽坂)

2回目のランチ訪問、O-Maturi(オーマツリ)です。今回は豚バラ丼を注文。サラダとデザートが付いて800円。天気が良くて、表のテラス席も気持ちよさそうな日が注いでますが、そのすぐ前が道路でクルマがけっこうたくさん通るのがいまいち。空気が悪そうです。


Cimg0001


ご飯の上にヒジキとニンジンの煮物、たぶん網ではなくフライパンで焼いた豚バラ肉、肉の周りにレタス。肉にはけっこう強めに塩味がつけてあります。これだけだとかなり味が濃く、途中で飽きてしまいそうになるところを、フレッシュなレタスのさわやかさが抑えてます。ヒジキとニンジンのほんのりした甘みもいいですね。

そのほかには、スープ、サラダ、キムチ、ヨーグルト。キムチはあまり辛くないですが、口の中の味を変えるには充分。ヨーグルトはけっこう濃厚で、ほんのり甘酸っぱいフルーツのソース(杏かな?)がかかってます。

おなかいっぱいになりました。ごちそうさま。

神楽坂焼肉DINING O-MATURI オーマツリ [食べログ]
つけ麺@O-MATURI オーマツリ(神楽坂): every little thing in my life



北海道 帯広名物豚丼白樺ポークのロース豚丼とかみこみ豚のネギ塩豚丼の食べ比べセット4人前


本場の味!十勝名物かみこみ豚丼セット3食【h-point100423】


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

■週末映画■ わらの犬

すごく不愉快なのだけど、すごく引き込まれる。ダスティン・ホフマン演じる夫の煮え切らない態度に、とくに前半はいらいらしっぱなしな感じはあるけれど、彼に対するある種の不快感よりも、スーザン・ジョージ演じる彼の妻のほうにより不快感を覚える。なぜあのふたりが結婚したのかが謎だ。もとは教師と生徒だったのかもなぁ。いずれにしろ、事件はすべてこの色ボケな馬鹿小娘が発端なのに、旦那の気の弱さに付け込んですべて彼のせいにしているのが非常に不愉快。
そういえば、知恵遅れの大男を誘惑しうっかり殺されてしまった小娘とか、教養のない牧師の妻とか、この作品に出てくる女性はみんなどこかムカつく。サム・ペキンパー監督ってミソジニストなのか?
最後、賢い小男であるダスティン・ホフマンと、うっかり小娘を殺してしまった知恵遅れの大男は、どこに行くのだろう。このふたりの組み合わせは『二十日鼠と人間』を思い出させる。

  



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/25

あと(BlogPet)

小丸がもあと漬け物へ使用した?

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月18日 - 2010年4月24日 | トップページ | 2010年5月2日 - 2010年5月8日 »