« 豚肉のラグーのショートパスタとかタラのフリットとか@BRUSCA(神楽坂) | トップページ | 【ドラマ】 セーラムズ・ロット »

2010/08/16

【舞台】スリー・ベルズ

渋谷のPARCO劇場にて。

最初に観たのは「ダブリンの鐘つきカビ人間」だったか「BIGGEST BIZ」だったか忘れたけど、後藤ひろひと大王の芝居はけっこう好きで、彼がらみのものはできるだけ観るようにしてる。今回の「スリー・ベルズ」も後藤ひろひとさんらしい、笑いと涙の入り混じったファンタジー。笑うべきところと泣くべきところをわかりやすく表現してくれるので、とても楽な気持ちで観ていられる。

3つの別々のストーリーが最後にはひとつの場所に収束する構成で、きっと一生懸命考えて全体の流れをつくったんだろうなと思うが、今回はちょっとばかし「ファンタジー」の曖昧さをご都合主義的に解釈して無理やりに一点着地させたかな、という感もなくもなく。とくにアメ女のストーリーはちょっとリアリティが希薄になりすぎたように思う。もちろんアメはメタファーなのだろうけど。あと、ミュージシャンと15年眠り続けた少年の話も、ちょっと少年の扱いがかわいそうだったような気が。

ところどころにちょっとした無理と、もう少し練り込めたんじゃないかな感を残しつつも、テンポよく展開し、きちんと場内の観客の心をつかんで、最後には一体感をもせるところが、さすが後藤ひろひと大王。最後に岡田浩暉さんの熱唱を持ってきたところもにくい。そういえば岡田さんって、もともとヴォーカリストだもんね。歌、うまいわ。

やっぱ舞台はいいなぁ。

|

« 豚肉のラグーのショートパスタとかタラのフリットとか@BRUSCA(神楽坂) | トップページ | 【ドラマ】 セーラムズ・ロット »

芝居・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/49159194

この記事へのトラックバック一覧です: 【舞台】スリー・ベルズ:

« 豚肉のラグーのショートパスタとかタラのフリットとか@BRUSCA(神楽坂) | トップページ | 【ドラマ】 セーラムズ・ロット »