« ■映画■ グーグーだって猫である | トップページ | つけ麺@O-MATURI(神楽坂) »

2010/07/05

■映画■ 犬神家の一族

むかしのやつ。菊人形はやっぱ気持ち悪いですね。島田陽子は若いんだかけっこう歳いってんだかわからない。坂口良子がとてもかわいい。高峰三枝子と草笛光子の存在感がすごい。岸田今日子なんだか怖い。犬神佐兵衛が三國連太郎だって気づかなかった。
しかし、あれだなぁ。この話をある程度リアルに感じながら楽しむには、時代が遠くなってしまったなぁと思う。いろいろな部分で時代背景が重要な意味を持つ話は、その時代があまりに遠くなるとイメージしにくいし、納得しにくいし、共感しにくいんだよなぁ。金田一耕介ものっていまとなっては、普遍性を持った探偵ものというエンタテインメントとして楽しむより、一種の時代劇と割り切らないと、楽しみにくいものになってしまったように思う。

|

« ■映画■ グーグーだって猫である | トップページ | つけ麺@O-MATURI(神楽坂) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/48801908

この記事へのトラックバック一覧です: ■映画■ 犬神家の一族:

« ■映画■ グーグーだって猫である | トップページ | つけ麺@O-MATURI(神楽坂) »