« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/30

ほうれん草のババロアとか豚とキャベツのカツレツとか@ブルスカ(神楽坂)

雨が降ってて遠くにいきたくないのでブルスカ(BRUSCA)へ。いつものワンプレートランチを注文。ドリンク付き990円。


Cimg0002


ミックスサラダ:
おなじみの、水菜を中心にレッドキャベツやキュウリ、トマトの入ったサラダ。今回は粗く砕いたポテトチップが散らしてありました。

ほうれん草のババロア:
これ、美味しい! ふわっふわのババロアは口の中でとろけます。周りに薄切りベーコンが巻いてあって、後味はちょっとベーコン味が勝ってしまうところもありますが、丁寧につくってあって、さすがのステファノ・クオリティ。

シラスのアラビアータソースのパスタ:
ちょっと不思議な味。口に入れた瞬間は露骨にシラス味なのに、そのあとからアラビアータの辛みが追いかけてきます。

豚とキャベツのカツレツ:
豚肉の真ん中を開いて、そこに千切りキャベツを詰めてカツにしたようです。とてもジューシーな豚肉。うまみもたっぷりです。上にかかってる野菜系のソースも美味しい。

ジャガイモのサラダ:
カツレツの下に隠れてますが、ごろごろとぶつぎったジャガイモの茹でたものに玉ねぎと少しトマトを和えたのかな。サラダというにはもう少し酸が効いててもいいかもしれません。

イエローライス:
ターメリックで色を付けたのかな。サフランではないように思いますが、でも少しだけハーブの香りがする気がするのは、ターメリック以外にもなにか混ぜてあるのかな。あ、ハムがちょっと入ってます。

パン:
今回はフォカッチャでした。

写真撮らなかったけど、食後にビールのゼリーをいただきました。見た目がまんま、小さなグラスに注いだ生ビールなの。飲もうとしたら泡だと思った部分がムースで飲めませんでした(笑)。こんなにビールな見た目なのに、実はビールは一滴も使っていないそうです。では、いったいなにでつくってあるのか? 気になる方はお店で頼んでみましょう、ビールのゼリーくださいなって。

最後にコーヒーを飲んでごちそうさま。やっぱりここはコストパフォーマンス高いなぁ。満足です。

BRUSCA ブルスカ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
お肉のサラダとか鶏のグリルとか@ブルスカ(神楽坂): every little thing in my life
イタリアンレストラン「BRUSCA」のランチ@神楽坂|ウーマンエキサイト グルメ おいしい!
BRUSCA 神楽坂 - ロンドの日記



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/29

ざる蕎麦と親子丼@九頭龍蕎麦(神楽坂)


暑くてだめです。麺と米の組み合わせを求めて九頭龍蕎麦へ。前回はおろしそばと天丼を食べたので、今回はざる蕎麦と親子丼の組み合わせで頼みます。名物のソースカツ丼は、またいずれ。暑くてカツとか食べたくない。蕎麦と丼のセットで890円。


Cimg0002


けっこう挽きが粗い感じの、田舎風の蕎麦。腰が強くて歯ごたえがあります。でも、それほど蕎麦の風味は強くないかな。つゆは甘みがあって、それほど濃くはなく、蕎麦の強さとバランスがとれてますが、ちょっとあっさり。ツユに蕎麦をどっぷりつけて食べられるくらい。

親子丼は、鳥を焼いてから入れてあるので香ばしく、かえしも甘くないのがうれしいです。甘い親子丼って苦手。

ご飯の大盛りは無料だけど、大盛りにしなくてもほどよくおなかいっぱいになりました。ごちそうさま。

九頭龍蕎麦・神楽坂/ふくいの地酒と郷土料理
九頭龍蕎麦: 神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009
九頭龍蕎麦(神楽坂) 2010/6/11 - 三毛猫ランチ
つれづれ蕎麦 '10 飯田橋 「九頭龍蕎麦」
神楽坂『九頭竜蕎麦』のランチ蕎麦セット: <鰤(ぶり)おこし>
今年できた神楽坂『九頭龍蕎麦』でランチ|ぶけなび営業ウーマン鈴木陽子のブログ
越前おろし蕎麦と、昇竜舞茸と海老天丼のセット@九頭龍蕎麦(神楽坂): every little thing in my life
神楽坂「九頭龍蕎麦」さん: 昼酒昼そば昼寝でのんびり
九頭龍蕎麦@神楽坂 - carbuncle blog


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/28

スズキのムニエル@Fillette(神楽坂)

少し前からランチ営業を始めたワインバー「Fillette(フィレット)」。先日まではランチメニューがいつ見てもハッシュドビーフのみだったのだけど、ひさしぶりに見たらそのほかにチキンと野菜のトマト煮とスズキのムニエルも始めたようです。
そんなわけで初入店。魚が食べたいのでスズキのムニエルを選びます。サラダ付きで800円。ドリンクは別で200円だそうです。ライスかパンを選べます。やっぱパンですよね、スズキのムニエルですから。
しかし、いま目の前を運ばれていったハッシュドビーフを見ると、もしかしたらすごく量が少ないかもしれない。ライスにしておいたほうがよかったかなぁ。

Cimg0002

最初にコールスロー。小さなお皿に上品に盛りつけられてます。少ない。


Cimg0006

メイン。やっぱり小さい。メインのお皿というより、前菜サイズだなぁ。半分に割ったフルーツトマトが4切れと、小振りな魚の切り身が3切れ。バゲットはけっこう大きめに切ってあって、2切れ。

味はいいと思います。ふっくらした魚に焦がしバターの甘いうまみがまといついてます。焼き方も味付けもとてもいい塩梅。ガルニのトマトも少しマリネしてあって、これがめちゃめちゃうまい。

バゲットはふつうですね。少しあたためてあるのは好ましいですが、外側がふわふわしてて、内側とのコントラストがあまりないタイプ。昨日買ったバゲットみたいな感じ。

う~ん、これで800円は、小食なお嬢さん以外はつらいだろうなぁ。ザガラの900円ワンプレートランチといい勝負かもしれません。味はいいけど、絶対的に量が足りない。これだと再訪はないなぁ、たぶん。

ごちそうさま。

Wine Bar Fillette/飯田橋駅/グルメの口コミ - 30min.
yunか~す日記 Wine Ber Fillette@神楽坂ランチ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/27

小天丼とせいろそば@山せみ(神楽坂)

あっついし、微妙に二日酔いぽいこともあり、麺をメインにライスのついたセットがどこかで食べられるといいなと思って歩いていたら、山せみの本日のおすすめが小天丼とかけそばかせいろのセットと、まさにぴったり。お値段も950円とてごろなので、ここにします。おそばはやっぱりせいろでね。


Cimg0001


天麩羅はシシトウ、カボチャ、ナス、エビ。小天丼といいながら、エビはけっこう太くて大きいです。身がプリプリ。ただ衣はサクサクッというよりはカリカリ、パリパリで硬く、もうひとつな感じ。なんか最近こういう、片栗粉を混ぜたような?衣の天麩羅、増えてきたよな。あたしゃこのタイプ、あまり好きじゃありません。

そばは腰があり、香りもなかなかいいです。濃いめのそばつゆにちょこっとつけて食べるのがいいですね。

最後はそば湯を飲んでごちそうさま。

メニューをよく見たら、平日のランチ時間帯には「彩りごはん」が無料サービスでつけられるようです。セットを頼まなくても、ふつうにせいろそば単品を頼むとご飯もついてくるんですね。それはちょっとうれしい。

神楽坂 山せみ - 牛込神楽坂/そば [食べログ]
神楽坂ランチ 「神楽坂 山せみ」 | 今日は何食べた?
新・飲み食いブログ 神楽坂「山せみ」で、新そば


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/26

もあとレビューしたかも(BlogPet)

きょうは、カットされたみたい…
だけど、ランチメニューみたいな追加しなかった。
だけど、もあは行動すればよかった?
だけど、もあはもあで集合するはずだった。
でも、もあとレビューしたかもー。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

■ドラマ■ エマニエルの美女

天知茂が明智小五郎を演じたテレビシリーズ。ほどよいトリックとほどよいお色気はこのシリーズならでは。ただ、もうひとつのこのシリーズのお楽しみ?であるはずの、荒井注演じる波越警部による小ボケ・お笑い要素がちょっと足りなかったかなぁ。あと、夏樹陽子のヌードシーンは全部吹き替えですね、たぶん。そして彼女がなぜにそこまでカマキリに対する恐怖を感じるようになったのかの説明がないので、最後の発狂シーンも説得力を感じず。残念。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ DOOR

うわぁ、いらいらする。高橋惠子演じる主人公の行動様式が、最初から最後まで典型的に頭の悪い女。こういう頭の悪いやつがメインの話って見てていらいらするだけでぜんぜん楽しめない。作り手が頭が悪いのか、主役に頭の悪い行動をどうしても取らせたいという悪意があるのか。あんだけ手が出てるのに、どうしてその手ではなくチェーンソウのほうに立ち向かおうとするんだよ、フォークで。失笑もの。せっかく終盤でちょっとしたグロゴアシーンがあったのに、それ以前の頭の悪さでうんざりしちゃったよ。最後、どうせなら首切り落としちゃうとか、母親のその狂気の姿に頭がいっちゃった坊主が手に持ったバットで母親をぐちゃぐちゃになるまで殴りつぶすとかあれば、もう少しすっきり楽しく観終れたのに。


DOOR(DVD) ◆20%OFF!

DOOR(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/23

たっぷり酢立うどんと鰻丼御膳@わしょくや(神楽坂)

暑いです。体力落ち放題、食欲も落ち放題。そんな中でも食べられて、かつ、多少は力のつきそうなものということで、うどんと鰻丼のセットを注文しました。酢立うどんとミニ鰻丼、小鉢二品、漬け物がついて850円。


Cimg0001

ごく薄味のだし汁の中に入ったうどん。上には鰹節、周りには薄切りのスダチがいっぱい。このだし汁がほんとに薄味で美味しい。鰹のうまみにスダチの酸がやんわりと混じります。うどんもほどよい腰があっていいですね。
鰻丼は、刻んだ鰻が乗ってました。ちょっと骨っぽいところもあるけど、おおよそふんわりふっくら。
そのほかに冷や奴とビーフンの中華風サラダ、漬け物、そしておなじみのヤクルトがついてました。

最初、少し少ないかなと思ったけど、食べ終わったらおなかいっぱいになった。ごちそうさま。

ぐるなび - 和食や 神楽坂




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

ふぐ天丼@玄品ふぐ(神楽坂)

以前はランチメニューは雑炊しかなかったのですが、7月20日から新たなメニューが加わりました。ふぐ屋のまかない丼(780円)とふぐ天丼(880円)。夏に雑炊だけじゃ暑いですからね。

ポン酢か韓国ダレを選べるまかない丼にも少しひかれたのですが、ここはやはりふぐ天丼を。車エビつきだと980円だそうですが、エビはいらないのでふつうに880円のものを注文。メニュー表によると、ふぐ、半熟卵、紅生姜、玉ねぎ、なす、ししとうとなっています。これらが全部天麩羅になって乗るのでしょうか?


Cimg0001


みんな揚がって乗ってました。ふぐは身と皮で5切れくらい、玉子が1個、半月に切ったなすが2切れ、ししとう2本、ぺろんとした紅生姜が2枚、ほぐした玉ねぎが全体にぱらぱらと。
からっとした衣にほんのり甘いタレが絡んで美味しいのですが、いかんせん、紅生姜まで天麩羅になってしまっているので、ちょっとくどいです。天丼以外に漬け物も味噌汁もつかないので(味噌汁は100円で追加できます)、途中でちょっと飽きるかなぁ。紅生姜は揚げずにそのまま小皿に盛って出してほしかったかもなぁ。

でもおなかいっぱいになりました。ごちそうさま。

神楽坂の関 - 玄品ふぐ(オフィシャル)


とらふぐの唐揚げ

とらふぐの唐揚げ

価格:1,050円(税込、送料別)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/20

■映画■ ディセント

暗くて狭いところは嫌だよー。女性同士の友情ごっこって怖いよー。変な地底生物でてきちゃったよー。誰も助からないよー。なんか後味悪いよー。助からないことよりも変な地底生物のことよりも、偽の笑顔が集まった集合写真がいちばん怖いよー。

ディセント(DVD) ◆20%OFF!

ディセント(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ マグマ

地球内部のコアが膨張しマグマが外に吹き出ようと世界各地で火山の噴火が始まるというディザスタームーヴィー。なんの予兆もなく突然噴火する火山の前になすすべもなく、噴出した溶岩に飲み込まれていく人間たち。出だしはなかなかよかったんだよな。そうした「地球の動き」を以前から予測していたが他の科学者からは相手にされず馬鹿にされてた研究者と、馬鹿にしていた側の親玉との確執とか、事態解決のために各国の潜水艦を出動させるとか、いろいろ楽しげな要素はあるのだけど、やっぱりなぁ、富士山をあんなふうに描いちゃ日本人として失笑するしかないなぁ。なんか位置も変だったし、富士山が見える宿のシーンも妙だし。
それらを省いても、冒頭の緊張感にくらべると中盤以降、緊張感がなさすぎ。主人公グループが一人また一人と溶岩にやられて死んでいくのだけど、妙にあっさりしてる。潜水艦に乗りこんだ彼なんて、最後のほうはほとんど適当な扱いだったし、陸に残った彼女のことなんて最後は無視。途中からの息切れ具合が激しすぎる中途半端な映画。

【23%OFF!】MAGMA マグマ(DVD)

【23%OFF!】MAGMA マグマ(DVD)

価格:3,880円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ スーパーストームXXX

わはは、なんだこりゃ? 圧倒的な力を持った自然現象に翻弄される人間たちを描いたディザスタームーヴィーぽいタイトルだけど、その実態は、宇宙空間から特殊な装置を使って抽出した「暗黒物質」なるものを使用する極秘開発された兵器の不具合によって人為的に発生した災害と、その兵器をテロリスト国家に売ろうとしているマッドサイエンティストを、「暗黒物質」を人体に浴びたことで特殊な力を持ったヒーロー?が阻止するというトンデモアクション。
まぁ、そういったトンデモストーリーは、それはそれでマンガ的でおもしろいともいえるのだけど、なにが残念て、ヒーロー?が小太りなこと。中途半端な長髪でルックスも微妙な小太りの兄ちゃんがなぜヒーロー? 小太りである意味がわからん。その容姿とヒーロー的な行ないとのギャップを楽しむとか、その容姿ゆえの苦悩をヒーロー像に背負わせるといった「小太りでなければならない理由」があるならわかるけど、とくに相違ものもなく、たんに小太りなんだよなぁ。だから事故やら銃撃やらのシーンでもアクションがボテボテと緩慢で、ヒーローなのに全然かっこよくないです。そこがもう気になって気になって。なんで彼を主役にキャスティングしちゃったんだろうなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/19

加熱(BlogPet)

小丸が加熱営業するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小丸は料理がほしいな(BlogPet)

小丸は料理がほしいな。
料理ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/16

お肉のサラダとか鶏のグリルとか@ブルスカ(神楽坂)

ワールドカップ開催期間中はランチ営業をしていなかった(そのかわり深夜営業してた)ので、入店するのが本当にひさしぶり。注文はおなじみのワンプレートランチ「VIA」です。ドリンク付きで990円。


Cimg0001


アボカドのサラダ:
メニューボードではミモザサラダとなっていたのですが、上に乗ってるのはどう見ても玉子じゃなくてアボカドですね。よく熟してて美味しいアボカドです。下にはおなじみのベビーリーフやトマト。ちょっとタプナードが混じっているようなオイルがかかっていて、これも美味しいです。

お肉のサラダ:
裂いた蒸し鶏を、千切りの人参やキャベツ、キュウリとかとコールスロー風にあえてあります。

鶏肉とタマネギのショートパスタ:
メニューボードにはアラビアータと書いてあったのですが、太いマカロニに本日のパスタの鶏肉とタマネギのソースを和えたものに変わったようです。野菜とチキンの甘み、うまみがよく出てて美味しいよ。

鶏のグリル:
薄いけれどふっくらとグリルされてます。しましまの焼き跡が楽しい。強めに効かせた胡椒が印象を強めてます。今回のワンプレートは鶏肉がテーマなんですかね。

ローストポテト:
鶏のグリルの下に敷かれてます。櫛形に切った皮付きのポテトが熱々のほくほくです。

生ハムライス:
生ハムのうまみがライス全体によくなじんでます。

パン:
自家製のパン。さくさくっとトーストされてます。


Cimg0003


食後にコーヒーを飲んでごちそうさま。やっぱ美味しいし、いろんな味が楽しめて、おなかもいっぱいになる、コストパフォーマンスの高いランチメニューだと思います。

BRUSCA ブルスカ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
イタリアンレストラン「BRUSCA」のランチ@神楽坂|ウーマンエキサイト グルメ おいしい!
神楽坂ランチ「ブルスカ」|カグラザカンヌ東京
ズッキーニのパルミジャーナとか鶏胸肉のソテーとか@BRUSCA(神楽坂):every little thing in my life


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/15

炙り豚バラチャーシュー丼@本多鉄まる横町(神楽坂)


鉄○横町のランチメニューの品数がまた少し増えました。新しく始まったもののなかから炙り豚バラチャーシュー丼を注文。ランチはみんな700円です。ご飯は大盛り無料。


Cimg0001


薄切りチャーシューが3枚。上に白髪ネギと刻みノリ。具たくさん味噌汁と、温泉卵がつきます。
ちょっと甘めのチャーシューダレがご飯と混じり、ネギがさわやかさを加えていい塩梅。卵を乗せると全体が卵味になっちゃいますので、少し醤油を足すといいかも。取り放題の高菜漬けがテーブルに置いてあったので、これをたっぷり混ぜても美味しいです。

おなかいっぱい。ごちそうさま。

ぐるなび - 鉄板鳥焼と串ふらい 本多鉄横丁
本多鉄横丁(神楽坂) 2010/5/31 - 三毛猫ランチ
チーズたっぷり鉄○(てつまる)タコライスどんぶり@本多鉄○横町(神楽坂):every little thing in my life


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/14

ラムの辛いピーナツクリームソース@イヴ・テラス(神楽坂)


すごくひさしぶりのイヴ・テラス(Yve's Terrace)です。8種類あるランチメニューのなかからラムの辛いピーナツクリームソースを注文。サラダからスープが選べます。野菜が食べたいのでサラダで。ライスと料理がひとつの皿に載ったワンプレートスタイルで990円。


Cimg0002


ピーナツクリームソース、かなり辛いです。サテーのタレよりもずっとずっと辛いですね。でもその向こうにちゃんと甘みがあって美味しいです。ラムは大きめの固まりが2個。ほどよい硬さを残した煮込まれ具合。
ライスにはバジルが混ぜてあります。そして上から胡椒。ここでも辛くしてやろうという意図か。バジルのさわやかな風味がいい塩梅。
サラダけっこうたっぷりめなのもうれしいです。サラダとライスの境目のあたりに、ツナサラダもどき?もすこし乗ってます。

しかし、味はいいんだけど、なんかぬるいです。ラムはこんなにぬるくていいんでしょうか。このぬるさで出すのがこの料理本来なのでしょうか。もっとちゃんと熱いほうがうまいと思うんだけど。なんかなぁ、スタンバイしておいた料理の再加熱が非常に不完全なまま出されたような印象を受けちゃいます。

これで990円かぁ。ドリンクもつかないしなぁ。コストパフォーマンスを考えると、やっぱブルスカのワンプレートランチを選んじゃうなぁ。

料理がぬるかったことでかなり評価が下がっちゃった感じですが、ごちそうさま。

イブテラス(オフィシャル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/13

ごまだれピリ辛冷やし中華@亀井堂(神楽坂)

雨降ってるし風も強いので会社から近い亀井堂へ。おなじみの洋食ランチがポークピカタとサーモンフライで美味しそうだったのだけど、なんだか胃の具合がいまいちなので冷やし中華を頼むことに。900円。


Cimg0002


スープは片栗粉でとろみをつけた中華スープ。豆腐やタマネギなどの野菜が入っていて熱々です。そんでほんのりピリ辛。
前菜?は厚揚げを煮たものとネギの薄焼き卵焼き(チヂミ風?)。素朴な味で美味しいです。ネギがさっぱり。


Cimg0004


細切りのキュウリとハム、薄焼き卵、それにカニカマとトマトの乗った冷やし中華。ほどよい弾力のある麺がいい塩梅にピリ辛なゴマ風味とよく絡んで美味しいです。やっぱ冷やし中華はゴマだれがいいですね。酢醤油系の冷やし中華はあまり好きじゃないので滅多に食べませんが、ゴマだれだと食べたくなります。

量も十分。フォークで食べられるのもうれしい(箸で食べると手が痛くなる)。ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂
東京ランチ紀行: 【亀井堂】オムライス/900円
チーズハンバーグとキスフライ@亀井堂(神楽坂): every little thing in my life


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/12

製作(BlogPet)

きのう、もあと提供したかったみたい。
だけど、最後みたいな製作されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/09

とろとろ豚御膳@神楽坂 心(神楽坂)

本多横町の「心」です。お昼のメニューに新しい料理が加わってたので入店。とろとろ豚御膳、780円を注文します。とろとろ豚ポン酢、煮物、サラダ、ご飯、味噌汁、お新香付きです。


Cimg0002


鉄板の上にざく切りのキャベツたっぷり、その上に茹でた豚バラブロック肉、大根おろしが乗ってます。ポン酢は別ぞえで、上からかけてもいいし、つけダレにしてもいい。
ふわとろに茹でられた豚肉。脂の甘み、肉のうまみがさっぱりしたポン酢とよく合います。個人的に大根おろしが好きなので、これがけっこうたっぷりめに乗ってるのもうれしい。キャベツざくざくで野菜もとれますね。

煮物は、鶏肉、大根、人参、里芋の治部煮っぽいやつ。上にほうれん草乗ってます。野菜に出汁の味がしっかりしみこみ、やわらかく煮えていて、これも美味しい。

料理はちゃんと美味しいし、サラダもついて、たくさん食べたい人にはご飯のお代わりも無料だし、あいかわらずコストパフォーマンス高いなと思います。ただ、せっかく鉄板で提供するなら、少しくらいはジュージューいうシズル感がほしかったです。五感に訴える演出も、わざわざ飲食店で食べるおいしさと楽しさの一部ですから。

でも、全体的には満足。ごちそうさま。

ぐるなび - 魚・旬菜とお酒 心 神楽坂
天気の良い日は、神楽坂で日常を忘れる ※神楽坂|仕事でGOHAN


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/07

豚ベジ丼@ゑ~もん(神楽坂)


なんか、いまにも雨が降り出しそうな空模様。なので提供が早くてすぐに食べ終えられそうなお店にしましょう。というわけで、ひさしぶりのゑ~もん。いままで食べたことのない豚ベジ丼を注文します。790円。


Cimg0001


豚肉のほかに、舞茸、パプリカ、オクラ、なす、ジャガイモ、カボチャ、水菜、リーフレタスが載ってます。上から甘い焼き肉のタレ?にバルサミコを少し混ぜた??ような味のタレがかかってます。水なのカットが大きめで、スプーンでご飯と一緒に食べるには少し食べにくいですが、タレがほどよく絡んだご飯とシャキシャキの野菜の組み合わせは美味しいです。肉のほかにいろんな野菜が食べられるのも嬉しい。
丼のほかに、大根のおでんがついてました。カツオ出汁がたっぷり染みたおでん。うまうま~。

ごちそうさまでした!

ぐるなび - ゑーもん 神楽坂店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/06

つけ麺@O-MATURI(神楽坂)

なんか胃の具合というか食欲というかが微妙で、なんとなく麺類メインで食べたいけど、麺だけですますのは嫌なんだよなと思い、オーマツリでつけ麺を食べることに。麺のほかにご飯とサラダ、キムチ、デザートにヨーグルトかコーヒーゼリーがついて850円です。


Cimg0001


つけダレは鰹出汁の香りがたっぷり。中には肉が数切れと、キムチが入ってます。ほどよい辛さ。先に麺をつけて食べたあと、このタレに鰹出汁をたして、最後はご飯を入れておじやにするとうまうまです。

キッチン、ホールともに作業スピードが遅く、客席が埋まると料理提供が極端に遅くなるのが難点ですが、味には満足してます。ごちそうさま。

神楽坂焼肉DINING O-MATURI(オーマツリ) - 30min.
「神楽坂焼肉DINING O-MATURI(おーまつり)」で石焼きビビンバ。:神楽坂ランチ食べ歩きブログ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/05

■映画■ 犬神家の一族

むかしのやつ。菊人形はやっぱ気持ち悪いですね。島田陽子は若いんだかけっこう歳いってんだかわからない。坂口良子がとてもかわいい。高峰三枝子と草笛光子の存在感がすごい。岸田今日子なんだか怖い。犬神佐兵衛が三國連太郎だって気づかなかった。
しかし、あれだなぁ。この話をある程度リアルに感じながら楽しむには、時代が遠くなってしまったなぁと思う。いろいろな部分で時代背景が重要な意味を持つ話は、その時代があまりに遠くなるとイメージしにくいし、納得しにくいし、共感しにくいんだよなぁ。金田一耕介ものっていまとなっては、普遍性を持った探偵ものというエンタテインメントとして楽しむより、一種の時代劇と割り切らないと、楽しみにくいものになってしまったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ グーグーだって猫である

う~ん、わからん。だからなに? テーマがどこにあって、なにをどう伝えたかったのか、うまく理解できませんでした。ポール・ギルバートの役割もとってつけたふうだし、タイトルの意味もよくわからん。むぅ。

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である

価格:3,932円(税込、送料別)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■映画■ エアポート'75

「エアポート」シリーズ第2作目。着陸態勢に入った旅客機の操縦席に、パイロットが心臓発作を起こし操縦不能になったセスナが衝突し、旅客機のパイロット全滅、しばらくはベテランのキャビン・アテンダント(この頃はまだスチュワーデスですかね)が無線の指示を聞きながら飛行を続け、その間に空中でヘリコプターから旅客機の操縦席にパイロットを乗り込ませるという作戦を立て... というお話。けっこう無茶苦茶ですが、航空パニックものとしてなかなか楽しいです。緊張感もあるし、シリーズの他の作品と違って意図的に旅客機に害をなそうと企てる人がひとりも出てこないところが気に入りました。しかし、危険な任務に自ら志願し、任務に失敗して死んでしまう空軍少佐(だったっけ?)とか、事故があったときに外に投げ出された副操縦士や機械技師?とか、死んじゃう人の扱いがあっさりしすぎ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ エアポート'77/バミューダからの脱出

「エアポート」シリーズ第3作目だそうです。タイトルはエアポートなのに、空港はほとんど関係ありません。今回の災難は、ハイジャックです。そんでもってバミューダ海域に墜落。舞台となる飛行機は、映画の後半半分くらいはずっと海の底です。エアポート・シリーズって航空パニックものだと思ってたら、3作目はほとんど海洋パニックものでした。「ポセイドン・アドヴェンチャー」かよ。う~ん、なんだかなぁ。
シリーズ1作目では雪にスタックした旅客機を「気合いで」動かし、4作目ではコンコルドで華麗な空中バトル?を演じたジョー・パトローニおじさんは、今回は海底からの飛行機引き上げの際にちょっと登場しただけでした。

エアポート’77 バミューダからの脱出

エアポート’77 バミューダからの脱出

価格:1,194円(税込、送料別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画■ ラッキー・スカイ・ダイアモンド

これはひどい(笑)。もともとは「ギニー・ピッグ」シリーズに入る予定だったらしいですが、そのわりにはグロシーンが少ないなぁ。グロというより、キチガイ映画。シチュエーションも登場人物もイカレちゃってます。そんでもって、おもしろくない。見どころは佐野史郎のイカレ演技だけですね。網浜直子はギャーギャーわめいてるだけだし。一部でカルトな人気があるらしいですが、探してまで見るほどのものでもないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スライス(BlogPet)

小丸は上品スライスしないです。
でも、もあは営業はオペレーションしたよ♪
だけど、もあは、理解したかったの♪
だけど、来店ー!

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/03

【映画】 エアポート'80

『大空港』のシリーズらしいです。原題は「The Concorde Airport '79」なのに、なぜ「エアポート79」じゃないのかはよくわかりません。おや、この機長さん、『大空港』で雪にスタックした飛行機を「気合を入れれば動く」とかいって無理やり移動させた人じゃありませんか?
今となっては懐かしい超音速旅客機コンコルドが、ミサイルに撃墜され沿うにはなるは、国籍不明の戦闘機に襲われるはで、大変です。そのつど、急旋回やら背面飛行やらで切り抜けるって、すごくむちゃくちゃです。だって、コンコルドですよ、あの怪鳥みたいなヤツ。あれを戦闘機さながらに飛ばすっていう強引さが楽しいです。そして最後は雪原へ胴体着陸。コンコルドすげー。
いちおう、武器の不正輸出といった国際的な陰謀も背景にあったりするんですが、とりあえずコンコルドの曲芸飛行を楽しめればそれでOKというか、そこ意外楽しめない感じの内容です。せっかくアラン・ドロンも出てるのに、なんか登場人物たちのストーリーは同でもよかったなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »