« ■映画■ ホスピタル・インフェルノ | トップページ | ■映画■ Ted Bundy »

2010/06/21

■映画■ ブラインドネス

う~ん、なんだか嫌な感じの残る話。なぜジュリアン・ムーアだけがずっと見えるままなのかというのもそうなんだけど、「見える」=「指導者」的な構図がね、なんというか、キリスト教的なにおいを感じるのですよ。盲た人間たちはすぐに道を踏み外し人間どうしで姦淫や殺戮を始める。そんな迷える子羊たちを正しい道へと導き指導するのはすべてを見通せる神だけである、みたいなね。そして「見える者」は「見えない者」を裁くこともできたりしちゃうわけで、あぁ、なんかやだやだと思ったのでした。


ブラインドネス スペシャル・エディション

ブラインドネス スペシャル・エディション

価格:3,330円(税込、送料別)

|

« ■映画■ ホスピタル・インフェルノ | トップページ | ■映画■ Ted Bundy »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/48683815

この記事へのトラックバック一覧です: ■映画■ ブラインドネス:

« ■映画■ ホスピタル・インフェルノ | トップページ | ■映画■ Ted Bundy »