« ■本■ ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール | トップページ | ■映画■ トラックス »

2010/06/07

■ドラマ■ Pelts

どうやらテレビドラマらしい「Masters of Horror」シリーズのひとつ。邦題は『愛と欲望の毛皮』とかいうらしい。英語音声・字幕なしで観たので台詞とかぜんぜんわからないけれど、ストーリーが単純なので画面を追うだけでもおおよそ内容はわかる。
わはは、これはひどいです。ゴアゴアのスプラッタ。最初のクシャおじさんはたいしたことないけど、動物用の大きな罠で顔面をむしり取られちゃったり、自分で腹から内臓ひっぱりだしちゃったり、目と口と鼻を縫い合わせちゃったり、自分のボディで肉ベストつくっちゃったりと、見てるだけで楽しいです。
おっと監督はダリオ・アルジェントですね。そして音楽はクラウディオ・シモネッティ。だからか、ところどころに『紅い深淵(サスぺリア2)』を想起させるところがちらほら。テーマ曲とか、エレベータでちぎれるところとか。
しかし、アライグマの呪いって(笑)。うなりをあげながらもつぶらな瞳で見上げるアライグマがめっちゃ可愛いです。そのあとすぐ踏み殺されちゃうんだけど。なんか、いろいろひでぇなぁ。

  

13 thirteen 「愛と欲望の毛皮」(DVD)

13 thirteen 「愛と欲望の毛皮」(DVD)

価格:2,263円(税込、送料別)



  


|

« ■本■ ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール | トップページ | ■映画■ トラックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ドラマ■ Pelts:

« ■本■ ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール | トップページ | ■映画■ トラックス »