« 合成するつもりだった(BlogPet) | トップページ | ■ドラマ■ Pelts »

2010/06/07

■本■ ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール

ディズニーを題材にしたビジネス書。書いてあることは他のディズニー系ビジネス書とあまり変わらない感じ。参考になるところもあれば、そうでないところもある。まぁ、そこそこの内容でしょうか。

ひとつ、これはつくり的にどうかなと思うのは、ネタ元が日本のディズニーランドではなくアメリカのディズニー・ワールドであること。それ自体は悪くないのだけど、やはりあまり親近感がないというか、なんというか。

日本のディズニー系ビジネス書はたいていの場合、読者が少なくとも1~2回はディズニーランドに行ったことがある、あるいはテレビや雑誌その他で多少なりともテーマパークとしてのディズニーランドそのものの情報を持っている、というのが前提になってる。これまでの延べ入場者数からすれば、日本国民の大半は1度くらいはディズニーランドに行ったことがあると考えてもいいくらいだし、行ったことがなくても情報番組で頻繁に園内の様子やアトラクション紹介などもされるので、どんな理由にせよディズニーがテーマの本を読もうという人は事前にそれらからディズニーランドの基礎知識を得ているはずという前提を立てるのは、それほど無茶なことじゃない。

たぶんそれは、アメリカでもおなじなのだろう。この本も、読者がディズニー・ワールドについてそれなりの基本情報を持っていることが前提になってるように思う。でもさ、アメリカ人にはそうでも、日本人でアメリカのディズニー・ワールドに行ったことがある人がどれだけいるだろうか。行ったことはないけどそれなりに情報を持ってるよという人が、どれだけいるだろうか。

そのあたりをあまり気にせず、アメリカ人著者が書いたものを素直に翻訳してしまったため、せっかくの「ディズニー」なのに舞台となるパークそのもののイメージがうまく頭の中に浮かばず、あるいはイメージした「東京のパーク」と記述される「アメリカのパーク」がうまく重ならず、なんか現実感や親近感がわきにくい。もう少しアメリカのパークそのものについての説明的な部分があればよかったのかもなぁと思う。

  

|

« 合成するつもりだった(BlogPet) | トップページ | ■ドラマ■ Pelts »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/48565368

この記事へのトラックバック一覧です: ■本■ ディズニー・ワールドで私が学んだ10のルール:

« 合成するつもりだった(BlogPet) | トップページ | ■ドラマ■ Pelts »