« ■週末映画■ ベートーベン5 | トップページ | 豚スペアリブのトマト煮@アーディッシュ(神楽坂) »

2010/03/09

鶏の筑前煮@てけてけ(神楽坂)

ときどきくるのだけどいつも満席でなかなか入れない「てけてけ」です。今回はひさしぶりに入れました。鶏の筑前煮を注文。小鉢と漬け物、ごはん、味噌汁付きで590円。やっぱり安い。しかもごはんはおかわり無料です。

注文からしばらく経って、今日は提供にけっこう時間がかかってるなぁ、そのわりには厨房がそれほどバタバタしてないなぁと思っていたら、オーダー抜けでした。どうやら、着席からしばらく経つのになにも料理が出ていないことに気づいたベテランスタッフさんが、厨房に通っている伝票を確認したようです。そしたら伝票そのものがないことがわかり、注文を取った新人スタッフさんに「あの席、どうなってる?」とたずねたみたい。そこで伝票を通し忘れたことに気づいた新人さんが、あらためて注文を聞きに来ました。こういう「速さ」を要求される居酒屋ランチでのオーダー抜けは店側の大失態のひとつですが、まぁこちらから請求かける前に気づいて対処したのだからいいでしょう。しかし、ハンディターミナルデータの転送忘れじゃなく、データ入力自体がされていなかったor転送せずに消去してしまったというのは、ちょっと珍しい気がします。

再注文してからの料理提供はめちゃめちゃ速かった。


Cimg0001


ニンジンとブロッコリーの色どりが鮮やかです。鶏肉がけっこうたくさん入ってます。それに、コンニャクと里芋、厚揚げ。田舎風というか家庭風というか、素朴な味わいも悪くない。ただなぁ、なんか生ぬるいです。自分はあまり和食を食べないのでわからないのですが、筑前煮っていうのは生ぬるい状態で食べるものなんでしょうか? もっと湯気が立って熱々に近い状態で食べたほうが美味しいのではないかと思うのだけど、そういうものではないのでしょうか? もしこれを家で自分でつくったら、自分はもっと熱々にして食べますね。

豆腐は以前もそうだったけど、ここのはあまり味がありません。美味しい豆腐はなにもかけず豆腐だけを食べるのが好きなのですが、ここでは醤油をかけたほうが間違いなく美味しいです。

味噌汁は熱々でよかった。

そんなわけで、安いには安いなりの理由があるというか、この価格なんだからこのくらいの味であれば充分納得できるし、分量的にも納得できるのだけど、美味しいものを食べたという気持ちにはなかなかなりにくいです。でも、安くおなかいっぱいになりたいときには重宝します。

会計のときにスタッフさんがあらためて「料理、遅くなってしまいすみません」といってくれたので、気分よくお店をあとにしました。また懐がさびしくてとくに食べたいものがないようなときにはこようと思います。

ぐるなび - 鶏・旬菜・お酒 てけてけ 神楽坂
たきおの神楽坂ランチ日記: てけてけ



駅弁屋さんが作る身体に優しいお惣菜DearKitchen!筑前煮


筑前煮

|

« ■週末映画■ ベートーベン5 | トップページ | 豚スペアリブのトマト煮@アーディッシュ(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/47763741

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏の筑前煮@てけてけ(神楽坂):

« ■週末映画■ ベートーベン5 | トップページ | 豚スペアリブのトマト煮@アーディッシュ(神楽坂) »