« ■週末映画■ リーピング | トップページ | 二色丼@酒斗肴 龍(神楽坂) »

2010/01/18

■週末映画■ 僕の彼女はサイボーグ

地上波で放送されたもの。

綾瀬はるかって、冷静に見ればけして美人じゃないと思う。むしろ、造形バランス的には微妙。でも、きっと表情のつくり方がうまいんだな。役柄ごとにぴったりな表情をつくるし、そのシーンにおけるその役柄によくあった表情を見せる。だから、とても魅力的に感じるし、ときには美しくも見えてしまう。

この映画も、そうした綾瀬はるかの魅力が存分に引き出された作品だと思う。というか、綾瀬はるかの魅力以外の部分はかなり弱い。小出恵介も、思ったよりこの映画では生きてないし、そもそもストーリーがかなり大胆というか、時間軸のいじくり方が無理やり。時間旅行をした先でいろいろな「変更」を加えてしまったことについての決着のつけ方が、あれでは納得できないというか、すっきりしないというか。その点、やはり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は上手だったし、『サマータイムマシン・ブルース』もうまいことまとめたなと思う。

あまり論理的に筋を追ったりせず、人間と人造人間のあいだを行ったり来たりする綾瀬はるかを純粋に楽しむのが、この映画における最適な鑑賞法に思う。

  



  



  

|

« ■週末映画■ リーピング | トップページ | 二色丼@酒斗肴 龍(神楽坂) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■週末映画■ 僕の彼女はサイボーグ:

« ■週末映画■ リーピング | トップページ | 二色丼@酒斗肴 龍(神楽坂) »