« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »

2009年10月25日 - 2009年10月31日

2009/10/30

つくりおき

されてから、
いったいどれだけの時間が経っているのだろう。

わずかに温かみが感じられる程度まで、
すっかり冷めて、
ジューシーさを失い、
硬くなってしまった鶏の唐揚げ。

その唐揚げと同じくらい、
うすらぼんやりと生ぬるいハンバーグ。

そんなもんの盛り合わせに、
780円も払ったのかと思うと、
本当に哀しくなってくる。

この店は、
いつのことだか忘れたが、
前回食べに来たときも、
一気飲みできそうなくらい、
ぬるいビーフシチューを出してきて、
本当にがっかりさせられた。

今回は、
その汚名を返上してくれるかと思ったが、
やっぱりこんな程度なんだな。

きちんと熱いのが味噌汁だけ。
これはけっこう美味しいのが、
よけいに残念。

15年くらい前は、
きちんと美味しい状態で、
料理を出してくれた店だったと、
記憶してるのだけどな。

これだったら、
斜め向かいのMARIOで食べるんだった。

おそらくもう、
食べには来ないよ。

イコブ。

自分の中の、
「おそらく二度と食べに行こうとは思わない
神楽坂の飲食店」リストの、
花かぐら、OGGI、エリゼのあとに、
くわえてあげる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イタリア風オムレツとか鶏もも肉の赤ワイン煮込みとか@BRUSCA(神楽坂)

ここ数週、火曜日のランチの休業がイレギュラーだったようで、なんかひさしぶり(3週間ぶり?)のBRUSCA(ブルスカ)です。今週のワンプレート・ランチ「VIA」を注文。ドリンク付き990円です。


Cimg0001


ミックスサラダ:
今週はシンプルなサラダですね。ほどよく酸味の効いたドレッシングがかかってます。

水菜とアンチョビのイタリア風オムレツ:
アンチョビの味は良くわかりませんでした。むしろ、ほんのりトマト風味。そこがイタリア風?

ショートパスタのカルボナーラ:
ペンネを使ってます。きちんとアルデンテというか、硬めの茹で具合が好ましいです。歯の弱った高齢の方には少し硬すぎかもしれないくらいの歯ごたえ。クリーミーなソースも美味しいです。もう少し胡椒が効いててもいいかもしれませんが、そこは好みですね。

鶏もも肉の赤ワイン煮込み:
あんまり赤ワインの感じはしませんが、皮の部分とか表面とかにほんのりとワインの風味が香り、これはこれでなかなか上品です。肉自体はふんわりとろんと柔らかく煮込まれていて、かといって煮込みすぎで味が抜けちゃうこともなく、その辺のバランスは相変わらずさすがです。
肉の下にはマッシュポテトがけっこうたっぷり敷いてあります。

ブロッコリーライス:
ほんのり塩味の効いた炊き込みご飯。ブロッコリーのやさしい甘みが楽しいです。美味しいよ。

自家製パン:
パンの種類が変わりました。以前よりもふっくらふんわりとした歯触りになりましたね。こんがりとグリルであぶってあって、香ばしさとふんわり感のバランスもばっちりです。以前のしっかりした感じのパンも美味しかったですが、このほうがより自分好み。


Cimg0003


食後はいつものホットコーヒーでごちそうさま。

そうそう、昨日は店内のBGMがずっとLucio Dallaで、それがとても気持ち良かったです。

BRUSCA ブルスカ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
every little thing in my life:ナスのミートボールとか牛肉のローストとか@BRUSCA(神楽坂)



ご家庭で味わえる本格料理!!深みのある味わいと、柔らかな肉質を!【赤ワイン】馴染みの鶏肉が深みのあるリッチな味わいに。フランスのお袋の味をご家庭で トリモモ肉の赤ワイン煮込み

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/29

焼きそばをつくったら

眼鏡が油だらけになりました。

もやしたっぷり.
キャベツたっぷり。
豚肉ほどほど。

じゅぅ~っ。

うまー。

Viva! 3食入り98円!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

監督(BlogPet)

きょうもあと、江戸前穴子も監督♪

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/28

煮穴子丼@鮒忠(神楽坂)


なにを食べようかなぁと思いながら歩いていたら、鮒忠の日替わりランチが煮穴子丼だったので、ふらふらっと入ってしまいました。穴子の文字に弱い自分です。なので当然、日替わりランチを注文。小鉢、漬け物、ご飯、味噌汁付きで700円。ご飯と味噌汁はおかわり無料です。安いですね。


Cimg0002


丼からはみだす一本穴子。ふっくらふわっとやわらかく煮られています。上からは甘いタレがかけられ、これだけだと途中で飽きちゃうのですが、山葵が添えられているので、それでときどき味を変えながら食べられます。

小鉢はきんぴら。味噌汁はいつもどおり、麩とワカメですね。ご飯のおかわりはしないけれど、味噌汁はだいたいいつもおかわりしてしまいます。

そういえば以前、この店ではランチに一本穴子の天丼を出したこともあったように思います。最近は見かけないのですが、また食べたいな。

感動するほどおいしいわけではないけれど、充分においしいものが700円で食べられるのは、やはりありがたいです。おなかもいっぱいになりました。ごちそうさま。

ぐるなび - 鮒忠 本家神楽坂店
たきおの神楽坂ランチ日記: 鮒忠
every little thing in my life:デミグラスハンバーグ定食@鮒忠(神楽坂)
アーバンライフ神楽坂 : 本家 鮒忠(ふなちゅう)



極上!活け〆煮あなご/300g(5尾入り)


江戸前穴子をこだわりの出汁で白煮。本山葵(ワサビ)でお楽しみ下さい!白煮穴子 棒寿司

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/27

おろし竜田揚げ定食@かまどか(神楽坂)


すごく寒いです。雨もけっこうたくさん降ってます。できれば外に出たくないのだけど、宅配便を出しにいかなくちゃいけないこともあり、コンビニにいく途中にある「かまどか」でランチ。おろし竜田揚げ定食を注文。小鉢とお吸い物、サラダ、ご飯がついて790円。


Cimg0002


竜田揚げに限らず、こうした居酒屋ランチの揚げ物メニューってふだんはまず頼まないのだけど、大根おろしが乗っているので、まぁいいでしょう。醤油系のソースがかかっていますが、もう少し酸が効いているともっとよかったんですが。レモンかポン酢を増量してちょうだいって感じです。

付け合わせは千切りキャベツ。こっちにはクリーム系のドレッシングがかかっています。肉にはキャベツ、定番です。量もそれなりにあっていいですね。

小鉢はタケノコの煮たものでした。それにお吸い物とご飯で、おなかいっぱいです。ごちそうさま。

ぐるなび - 手づくり料理とお酒 かまどか 神楽坂店
かまどか: 神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009



若鶏の竜田揚げ 【1000g】


新登場 穴子の竜田揚げ 100g×1袋

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/26

■週末映画■ The Blob


小さいころにテレビで何度か観た『人喰いアメーバの恐怖』のリメイクで、ストーリーはオリジナルとほぼ同じらしい、という予備知識を得て観たのだけど、あれれ、こんな話でしたっけ? 英語音声・字幕なしで観たので台詞とかはわからないけど、それにしても、なんだか違う。

と思ったら、自分が記憶していたストーリーは『人喰いアメーバの恐怖2(Sun of Blob / Beware! The Blob)』という続編のほうで、それに対しこの映画はスティーヴ・マックイーンが主演した『人喰いアメーバの恐怖(マックイーンの絶対の危機 / The Blob)』のほうのリメイクだそうな。マックイーン版、観た記憶がないです、自分。

宇宙から落ちてきた得体のしれないぶよぶよが人を食いながらどんどんでかくなってくパニック映画というわかりやすいストーリー。しかし、このぶよぶよ、どうやら軍事用の兵器として極秘開発されたものらしい、という背景は、リメイクの際に付け加えられたみたいです。べつにいいのに、宇宙からの未知のなにかで。

しかし主人公?のアメーバ、なんか硬そうじゃない? 『人喰いアメーバの恐怖2』では、もっとゼリーみたいで気色悪かった気がするのだけど。たしか始まりも終わりもうっかりした人だった気がする『人喰いアメーバの恐怖2』をもう一度、観てみたいなぁという気持ちが残りました。


  


  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■週末映画■ ヴァージン・スーサイズ


映画の冒頭近くで、自殺未遂のところを救出され「君には未来があるのに、なぜそんなことをするのか自分にはわからない」と医者(教師?)にいわれたセシリアが、「わかるわけないわ、あなたは女の子じゃないもの」と答えるシーンがあるのだけど、このセシリアのセリフ、なんだかこの映画を観ている自分にいわれたのかもしれないと、観終わって思った。

たしかに、あまりにも保守的なあの母親とか、どうしても「理屈で理解できる理由」を見つけなければならないのであれば見つけられるかもしれないけれど、本当のところはきっと、もっとぼんやりと、もやもやとしたもので、論理的に説明のつくような理由などではなく、かといって一時的な衝動というわけでもなく、だけどそれが行動を起こさせるに充分な大きな力になりうるということなのだろう。

でも、自分にはそれが感覚としても良くつかめない。そのことに対して最後まで、「わかるわけないわ、あなたは女の子じゃないもの」といわれているような、そんな気持ちで観終えた。

ソフィア・コッポラの映画って、やっぱちょっと苦手だ。でも劇中で使われる音楽の、選曲センスの良さはさすがですね。あと、キルスティン・ダンストがこんなにかわいらしく魅力的に撮られている映画って、ほかになかなかないように思う。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »