« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月12日 - 2009年7月18日

2009/07/18

エスカベッシェとかリゾットとかサーモンソテーとか@ステファノ(神楽坂)(BlogPet)

もあの「エスカベッシェとかリゾットとかサーモンソテーとか@ステファノ(神楽坂)」のまねしてかいてみるね

今週のランチメニューから。
アンティパストは全部魚介ずくしにしにしました!
アンティパストは全部魚介ずくしました!
今回は「

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

エスカベッシェとかリゾットとかサーモンソテーとか@ステファノ(神楽坂)

今週のランチメニューから。今回は全部魚介ずくしにしました。


Cimg0001


アンティパストは「ブリのエスカベッシュ(Ricciola marinata in escapece)」をチョイス。エスカベッシェっていうと鰯とかが多いように思うのだけど、鰤って珍しくね? 身がぎゅってしてて旨みたっぷりの鰤に、甘酸っぱく爽やかなソース。この酸味がたまりません。玉ねぎの甘みともいいコンビネーション。
上に乗ってるのは、パスタにチーズをかけて煎餅状に焼いたもの。ぱりぱりです。けっこう塩味が効いてます。おいしいのだけど、ちょっと食べにくいです。なかなか割れないのよ。


Cimg0003


プリモは「ホタテ貝のリゾット レモン風味(Risotto alle capesante e limone)」をチョイス。けっこう大きめにぶつ切りされたホタテがごろごろしてます。濃厚なチーズの旨みがあり、ホタテのリゾットという名称から多くの日本人がイメージしそうなものよりも、けっこうどっしり・しっかりした味だと思います。でも、そこにレモン風味があって、濃厚なのに後味さっぱりなところがさすがです。お米の炊き方もきっちりアルデンテ。やっぱステファノのリゾットはうまー。


Cimg0005


セコンドは「フレッシュサーモンのソテー バジルペーストソース(Trancetta di salmone spadellata al pesto con zucchine, fagiolinin e patate)」をチョイス。サーモンがふっくらとろっと焼いてあります。サーモンの下には細切りのジャガイモとズッキーニ、それにインゲンのソテー。グリーンのソースも色鮮やかで、バジリコのほんのり苦いさわやかさが、魚と野菜の甘みによくあいます。

ドルチェはキャンセルし、食後酒にレチョート・ディ・ガンベッラーラを少し。最後はエスプレッソで締め。今週も文句なしで美味しゅうございました。ごちそうさま。

STEFANO リストランテ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
every little thing in my life:ローストビーフとかラヴィオリとか鰯のパン粉焼きとか@ステファノ(神楽坂)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/16

マトンカレー@ディップマハル(神楽坂)

すっげー暑いです。こう暑いと、もうカレーを食べるしかありません。というわけでディップマハルへ。ひさしぶりにマトンカレーをいただきます。辛さはもちろんホット!


Cimg0001


ディップマハル名物?器内密度がめちゃ高いサラダ。キャベツの千切りとトマトにチリペッパー入りのサウザンドレッシングがかかってます。


Cimg0003


カレー。カルダモンやクローブなど、癖の強いスパイスの味が強めに感じられるのが好ましいです。ムンバイよりスパイシーですよね。こっちのほうが好き。羊肉もごろっとしたのが4つくらい入ってます。
そして、でっかい焼きたてナン。小麦の風味が感じられ、ふんわりもちっとしています。これもムンバイのナンより好き。しかもディップマハルはナンのおかわり無料です。なのでつい食べ過ぎちゃいます。


Cimg0005


食後はホットチャイ。暑かろうが寒かろうが、インドカレーのあとはホットのチャイです。これもカルダモンの風味がしっかり感じられておいしいなぁ。自分、カルダモンが好きなのかなぁ。

昨日のディップマハルは大人気で、満席、ウェイティング状態でした。そんなこともあってか、おかわりのナンは注文を受けてから焼くのではなく、見込みで焼き起きスタンバイしたみたい。まぁ、あの状況ではしかたありませんね。なのでおかわりナンは焼きたてふわもちとまではいきませんでしたが、それでも充分に美味しいですし、もちろん最初のナンは焼きたてです。これで920円ですから、リーゾナブルですね。

おいしかったー、おなかいっぱいー、ごちそうさまー。

インド料理 カレー 東京都 DIPMAHAL ディップマハル(オフィシャルサイト)
たきおの神楽坂ランチ日記: ディップマハル
ディップマハル神楽坂店:スペシャルランチ :: 網焼きカレー弁当
every little thing in my life : ナスとチキンのカレー@ディップマハル(神楽坂)
ゴストゥ フッチボル?:ディップマハル神楽坂



じっくり煮込んだマトンカレー煮込んでやわらかマトンカレー1袋(200gx2食入)


くせがなく食べやすいマトンカレー♪マトンマサラ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

救命病棟24時第4シリーズ

昨日からスタートするはずだった「救命病棟24時」第4シリーズ。

直前に主人公・新藤先生役の江口洋介がケガをして撮影ができず、本放送は4回短縮で8月スタートとなり、それまでのあいだは、今シリーズのもうひとりの主人公・小島先生を中心にしたスペシャル版でなんとか埋める、ということになったようです。

で、そのスペシャル版の第1回目が昨日あったわけですが... これ、初めて観る人には、わけわからんかったんとちゃう?

第1シリーズの超ダイジェストでしたね。話の流れとかほぼ無視で、いくつかの回からハイライトシーンだけぶつぎって組み合わせただけ。第1シリーズを観たことがある人には懐かしい感じもあるけれど、観たことのない人は話についていけなかったんじゃないだろか。DVDで出ている第1シーズンのディレクターズカット版でもかなり無理やりだったのに、それのさらに上をいく無理やりさ。そして、最初と最後に(真ん中あたりにもあったか?)ちょっとだけ新規撮影のシーンを付け加えてお茶を濁しましたって感じでした。

番組ファンとしてちょっと嬉しかったのは、第1シリーズのディレクターズカット版には収録されていないシーンがいくつか使われていたこと。とくに副院長が新藤先生の奥さんを学生の実験体として扱うシーンとか、シリーズNo.1悪人の副院長らしさがよく出ていて、これを比較的きれいな画面で観られたのはよかった。

第1シリーズは、中国製かなにかの画質が非常に悪い中国語字幕入り(字幕消せない)海賊版DVD(コピーもとは中国でのテレビ放送をコピーしたVideo-CDらしい)しかパッケージとしては流通していないらしく、当然、日本では買えません。あとは、その海賊版DVDからコピーした動画ファイルを中国か韓国あたりのウェブサイトで拾ってくるしか、全話を見る方法がないのだけど、その動画ファイルも画質がかなりきついです。

なので、ディレクターズカットみたいなわけのわからん総集編でも、また、今回のスペシャル版のようなわけのわからんダイジェスト放送でも、きれいな画面で見られるのは嬉しいのだけど、やっぱりなぁ、きちんと第1シリーズのDVD-BOXを正規発売してほしいですよ。マジで。

などと思いつつ。

来週以降は第2シリーズ、第3シリーズからのダイジェスト(&ちょっとだけ新規撮影分?)だそうです。どんなぶつ切り具合になっているのか、それはそれで楽しみか。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンのトマト煮とマトウダイのソテー@CROSS OVER(神楽坂)


ショットバーのCROSS OVER(クロスオーバー)が今週からランチ営業を始めてました。メニューは、パスタ(900円)とプレートランチ(1000円)の2種類。ドリンク付きです。今週のプレートランチを注文しました。


Cimg0002


まずはスープとサラダ。
スープは洋風になった松茸のお吸い物みたいな感じです。コンソメ系。
リーフレタスのサラダには細切りの人参、キュウリ、カイワレ、タマネギなどが入っていて、上からゴマドレッシングがかかってます。


Cimg0003


メインのプレート。今週は、チキンのトマト煮、マトウダイのソテー、それに茹で野菜とオニオンリングフライです。
チキンはほろっとほぐれるくらいにやわらかく煮込まれてます。あまりトマト味は強くないですね。
マトウダイは軽く干してから焼き、サワークリームと柚子のソースでさっぱりと味付けしてあります。
野菜はブロッコリーとインゲンと人参。茹ですぎず、野菜の歯ごたえを残してあります。
オニオンリングはかりっとフライにしてあって、ケチャップが少し添えてあります。


Cimg0005


コーヒーは全体にクレマが立っているエスプレッソ系のアメリカンコーヒーですね。酸味よりもほろにが味を楽しむタイプ。悪くありません。ホットコーヒーのほかに、アイスコーヒー、ホットの紅茶、アイスティーも選べます。

料理は全体に、どれもとても薄味。人によっては塩胡椒がほしくなるかもしれません。でも、こういった飲み屋系のランチで味付けが薄いのは、ある意味貴重です。おなかもいっぱいになりますし(たしか、ライスの大盛り無料って書いてあったように思います。自分は大盛りにはしませんが)。

肉と魚、スープ、サラダ、ドリンクもついて1000円なら、リーズナブルではないでしょうか。メニューも毎週変わるようだし。基本が飲み屋なので、禁煙・分煙になっていないのが残念ではあります。

ごちそうさま。

CROSS OVER -神楽坂 shot bar-(オフィシャル・サイト)



鶏モモ肉と野菜のトマト煮 若鶏の煮込みローマ風


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/14

ロティスリーチキンとハーブライス@イヴ・テラス(神楽坂)


最近ランチを再開したイヴ・テラスです。基本のメニュー、ロティスリーチキンとハーブライスのセットを注文。サラダかスープがつきますので、サラダをチョイス。ハーブライスの代わりにローストポテトにすることもできます。800円。ドリンクは別で、190円。ほかには、チキンのサンドイッチとサラダ、スープのセット(900円)、ラムの煮込みとハーブライスかヌードルのセット(950円)、ビーフステーキとハーブライスかヌードルのセット(1100円)、ローストボークとハーブライスかポテトのセット(1100円)があります。サンドイッチ以外はサラダかスープがつきます。


Cimg0002


ロティスリーチキン。ここの定番だけあって、やっぱり美味しいです。皮はぱりっぱり、肉はふんわりジューシー。やわらかな肉をかむと、ほんのり牛乳の味がする気がするのだけど、気のせいかしら。

ハーブライスはバターとパセリがいい香り。お米以外にも粟かヒエかなにかが少し混ぜてありますね。

サラダ1。細切りにした人参、キャベツ、水菜などをマヨネーズドレッシングであえたコールスロー風です。めちゃめちゃ塩が効いてます。ヨーロッパなどではこれくらいの濃い塩味けに出会うことがよくありますが、日本では受け入れられにくいんじゃないかしら。野菜の味より塩の味のほうが強く感じちゃう。

サラダ2。ツナマヨネーズで和えたマカロニのサラダです。タマネギも少し入ってますね。なんか、懐かしい味。マカロニが柔らかめに茹でてあるのも、いわゆるイタリアンとは違う感じで悪くないです。

全体的に、自分は嫌いじゃない味ですが、多くの日本人の口に合う味かどうかは、ちょっと疑問かもしれません。欧米等への旅行経験がそれなりにあって、その現地の味が嫌いじゃない人、外国旅行中に日本食が恋しくなったりはしない人向けの味かも。

あと、このお店、入店客への注意力が著しく散漫です。というか、あまり気にしてないのか。これも、イタリアとかオーストラリアとかのカフェなどにはよくあることだし、自分はずいぶん前だけど何度かこの店にきたことがあるので、気にせず店内に入って適当な席に座っちゃいましたが、出迎え&ご案内が当たり前になっている東京の西洋料理店のつもりで入ると、とまどうでしょう。実際、入店したのにスタッフの出迎えも声がけもなく、というかホールスタッフの姿が見えず、店内で少し呆然としたまま、席に着くこともなく黙って出ていったお客さんがいました。そのあたり、いかにも「らしい」ので、そのらしさになじんでなかったり苦手な人には入りづらいだろうなぁ。だからこんなに空いてるのかも。けっこう機会損失をしてそうだけど、店としてそれをあまり気にしてないんだろうな。

という点はありますが、まぁ美味しかったのでいいや。ごちそうさま。

Yves' Terrace(オフィシャル・サイト)
神楽坂姫子のまったり津々生活 イヴ・テラス Yves’ Terrace
イブテラス -神楽坂グルメー - ロンドの日記



特製たれで丹精込めて作りましたお求めやすい大きさです国内産とり肉使用ローストチキン四万十ハーフ


デリバリータイ料理タイ風ローストチキン~ガイヤーン~【南国気分でGOGO!】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/12

MR.BRAIN

第1話で提示された、九十九先生は元ホストで、事故のときに受けた頭への傷が原因で脳の活動が高度に発達し天才となり、しかしその活動があまりにも活発なために継続して脳への栄養源を与え続けねばならない(このあたりは吉田秋生の『夜叉』っぽい)……という設定、いったいどこへいっちゃんたんでしょう? その後の伏線にもなんにもなってなかったっすね。

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »