« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »

2009年3月29日 - 2009年4月4日

2009/04/03

おなかすいた

朝からさっきまでずっと会議でした(昼休みなし)。
おなかすいた。
でも、いま食べると夕飯が食べられなくなる。
なので今日は1食のみだわ(朝は食べないので)。
ひもじひ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サーモンとかパッパルデッレとかスパダとか@ステファノ(神楽坂)


雨が降ったり打ち合わせが入ったりで先週はいけなかったステファノです。なんかシェフは風邪をひいて高熱があるそうで、昨日はお休みでした。まだ寒いのに髪を切って坊主にしたのがいけないんだと星野カメリエーレがいってました。それはともかく、今週のランチコースより。


Cimg0001


アンティパストはわがままをいって盛り合わせにしてもらいました。「フレッシュサーモンのマリネヴェネツィア風 自家製ピクルス添え(Salmone fresco marinato alla veneziana con sott’aceti della casa)」と「生ハムのグリル クルミと鶏レバーを和えたホウレン草のサラダバルサミコ風味(Prosciutto grigliato con insalata di spinaci al balsamico, noci e paté di fegatini)」です。脂ののったサーモンはマリネされてもふんわりとした舌触りでとろっと甘く、濃厚な味。厚めにスライスされてるのでよけいに味がしっかり感じられます。サラダのなかにコロコロと入っているクルミとレバーをあわせたムースも絶品。サイコロ状にカットされ、チーズとともにサラダに深い味わいを加えます。プロシュートの影が薄くなるくらい。しかしこの店、クルミをよく使うよな。


Cimg0003


プリモは「自家製パッパルデッレ スパイス風味のお肉のラグーソース(Pappardelle scure al ragu bianco speziato)」をチョイス。全粒粉のパッパルデッレだそうです。ラグーにはフェンネルとクローブがたっぷり使われ、ちょっとカレーぽいニュアンス。挽き肉もいっぱいだし、ニンジンも入ってます。


Cimg0005


セコンドは「メカジキのソテーゴルゴンゾーラソース カボチャのピューレ添え(Pesce spada spadellato al gorgonzola con purea di zucca)」をチョイス。肉料理のサルシッチャも美味しそうだったのだけど、スパダがあるとつい頼んでしまいます。独特の甘みと癖のあるゴルゴンゾーラソースがたっぷり。スパダって比較的味の強い魚だけど、さすがにゴルゴンゾーラの個性には勝てない感じです。ソースがスパダの味に厚みをつけるというよりは、ゴルゴンゾーラソースの味にスパダが深みと奥行きを与える感じ。これはこれで美味しいです。付け合わせはカボチャのピューレと、なぜかラディッキオのフリットがおまけで付きました。グラツィエ。軽いフリットはなんだか春っぽいですね、って思うのは自分だけ?


Cimg0007


ドルチェはキャンセルして、食後酒にブルーベリーを漬けたグラッパを。ブルーベリーのさわやかな甘さがグラッパに移り、華やかで楽しいリキュールになってます。

最後にエスプレッソをいただいてごちそうさま。やっぱり今週も美味しかったよ。

ステファノ(STEFANO)/神楽坂のクチコミ(口コミ) - 30min.
神楽坂のをと ―ステファノ vol.11 ランチタイム
every little thing in my life : ローストビーフとかホタテのパスタとかタラの黄金焼きとか@ステファノ(神楽坂)



レストランWAKUSEI 北欧のマリネ(サーモンマリネ ディル風味)200g


パッパルデッレ(2食入)~ソーセージとバジルのフレッシュトマトソース~


ゴルゴンゾーラ ピカンテ 300g

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

感性(BlogPet)

きょう、感性へ暴れするはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3色重@てしごとや蛍の火(神楽坂)

えっと、おとといのランチです。けっこう暖かかったので、ひさしぶりに軽子坂まできてみました。ランチ営業開始当時にきて以来の蛍の火へ。ランチメニューが増えてますね。以前は2段お重と丼ものが2種類でしたが、おとといは、2段お重、海鮮重、3色重、陶焼(たぶん、肉料理)、それに魚定食(2種類からのチョイス)がありました。どれも1000円。


Cimg0001


日替わりの3色重を注文。本日の内容は海鮮・鶏そぼろ・豚肉だそうです。3つに区切られたお重に盛られて提供。海鮮は、マグロ3切れとタイ2切れですね。下に紫蘇が1枚。両サイドに肉関係。豚肉のほうには少し七味がかかっていますが、味付けは薄目です。そぼろのほうも薄味で、こうした居酒屋系ランチとしては上品な味。そのほかに、オレンジを使ったドレッシングのかかったサラダ、漬け物、味噌汁、味付き海苔、フルーツがセットになってます。サラダのドレッシングが柔らかなさわやかさで美味しいな。味噌汁も薄味で好ましいです。

丼3種類って、どれだけご飯好きだよってメニューですね。さすがにおなかもいっぱいになります。味も、特別美味しいわけじゃないけど、安心して食べられるおいしさ。1000円なら納得じゃないでしょうか。

店内がしっかり分煙されているようなのもうれしいです。カウンターのある1階席は禁煙で、煙草を吸う人は2階席へどうぞと案内してた。フロアが分けてあるのはいいな。

うん、美味しかったよ。ごちそうさま。

蛍の火
たきおの神楽坂ランチ日記: 275 蛍の火
てしごとや 蛍の火(神楽坂) 2008/11/10 - 三毛猫ランチ



海鮮丼豪華6種類セット


【北の幸が詰まってる☆】 スタミナ海鮮丼お母さんもラクラク☆これ一つで食卓が華やかに!


懐かしい味ふわふわ鶏そぼろお弁当にもぜひどうぞ♪鶏そぼろ丼の具

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/31

豚肉の煮込み ローズマリー風味@メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ(神楽坂)

すっごくひさしぶりにメゾン・ド・ラ・ブルゴーニュの前を通ったら「ワンプレートランチ 850円」という看板が。メイン1品とパン、ドリンク付きらしい。これは安いぞ。シェフが変わっていなければ味もいいはずだし。ということで入店。ワンプレートランチを注文。


Cimg0002


ワンプレートランチの本日の料理は豚肉の煮込みローズマリー風味だそうな。グラタン皿に煮込みと硬めに炊かれたライスが半分くらいずつ盛り合わさっています。その脇にリーフサラダがちょっととパンが一切れ、大きめのお皿に載せてあります。なるほど、ワンプレートだ。
分量は少な目ですね。ワンプレートだとパンのお代わりはないみたいですし。でも、煮込みの味はいいです。ローズマリーの風味がたっぷりのソースで柔らかく煮込まれてる。ちょっと気の利いた感じのものを軽く食べる分にはお得じゃないでしょうか。ドリンク付きだし。

でもやはり、このお店の魅力をきちんと感じるには、1650円の前菜とメインのランチセットを頼むべきだろうな。となりの席の料理、美味しそうだった。次はケチらずにちゃんと食べよう。

ごちそうさま。

maison de la Bourgogne
メゾン ド ラ ブルゴーニュ(神楽坂) 2009/3/30 - 三毛猫ランチ
神楽坂 メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ Maison de la Bourgogne:Tokyo Organic Life ~ 東京オーガニックライフ ~
神楽坂のビストロ - 励まし系・占い師三日月めいの開運ブログ



当店の一番人気セット!『豚ほほ肉のブラウンシチュー』希少な豚ほほ肉を自慢のデミソースでジックリ煮込みました☆まん丸フランスパンも付いた2人前セットです♪


骨付き肉で野趣満点スペアリブと赤キャベツの煮込み ビネガー風味

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/30

週末音楽


■Gianna Nannini / Giannadream - Solo i sogni sono veri
ここのところアーティスティックな感性が前面に出た繊細な感じの作品が多かったのだけれど、このアルバムではそれ以前のGiannaに戻ったような印象です。ストレートで力強いロックを迫力のある歌声で聴かせてくれる。でも、歌い方もメロディも単調でもうひとつ。


■Malika Ayane / Malika Ayane
なんか日本人みたいな名前。サンレモ参加曲は伝統的というか、サンレモらしい曲でしたが、アルバムのほうはもう少しジャジーというか、落ち着きのあるワールド・スタンダードな印象。半分くらいの曲は英語で歌ってるし。悪くはないけど、自分の好みのタイプとは少し違うな。


■Marco Carta / La forza mia
今年のサンレモ参加曲のなかでも突き抜けて明るくさわやかなポップ・ロックだったMarco Carta。アルバムのほうも気持ちのいいポップ・ロックが多いけれど、イタリアらしいロック・バラードなどもちりばめられ、聴いていて気分がいい。Eros RamazzottiとかMichele Zarrilloとかの影がちらつきますな。


■Marco Masini / L'italia e altre storie
ひさしぶりに聴いたMarco Masini。以前ほど暑苦しい哀愁はなくなったけど、相変わらずのドラマティック&ロマンティックさでした。


■Renato Zero / Presente
前作の『Il dono』が2005年なので、およそ4年ぶりの新譜ですかね。ベストや再録等ではない、全部新曲のニューアルバム。適度にドラマティックで、適度にメロディアスで、適度にポップで、最近のRenatoらしいといえばらしいのだけど、予想の範囲内というかなんというか。悪くはないけど、強くひきつけられるものもないなぁ。『Amore dopo amore』と同等以上のドラマティックストーリーは、もう出ないのだろうか。


■Dolcenera / Nel paese delle meraviglie
サンレモ参加曲はなんだか妙に軽くてスカスカしたポップチューンだったけど、アルバムのほうではDolceneraらしい重厚さと力強さを持ったドラマティックな曲がちゃんと聴けます。以前の彼女のアルバムは、それぞれの曲はいいのだけどアルバムとして全体を効いてると途中で飽きちゃうことが多かったのだけど、これは飽きずに最後まで聴けたのは、曲自体のヴァリエーションと配置のしかた、それにヴォーカルの表現力の幅が広がったからかな。


■Arisa / Sincerita'
素朴でほのぼのとした感じのサンレモ参加曲が印象的だったArisa。アルバムも、ほぼ同様の印象ですね。ロック色の感じられないフォーキーなポップスって、なんだかすごくひさしぶりな感じがする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

表彰台

■F1
ブラウンGPおめでとう。
ジェンソン優勝おめでとう。走行中の姿はテレビにほとんど映ってなかったけどな。
ルーベンス2位おめでとう。序盤からあんた暴れすぎー。
ヤルノ3位おめでとう。ピットスタートからの表彰台、すげーよ。
「I'm sorry」を繰り返すセバスチャン・ヴェッテルがちょっとかわいそうな感じだった。

■女子フィギュア
キム・ヨナ優勝おめでとう。なんだかすごかったよ。あんただけカテゴリー違いだと感じたよ。
ジョアニー・ロシェット2位おめでとう。たくましい筋肉が縦横無尽に舞う躍動感にあふれてたよ。あんただけ別の競技の選手に見えたよ。
安藤美姫3位おめでとう。とても美しかったよ。以前はスケート中つらい感じが漂ってたけど、昨日は優雅で力強いプリンセスに見えたよ。
なんかスピード感と伸びやかさが感じられない浅田真央が、ちょっとつらい雰囲気が漂ってきて心配だよ。

しかし、どっちも2位がルックスでオチになってる気がする....(ファンの方、石投げないで~)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »