« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月22日 - 2009年3月28日

2009/03/27

天草豚のロースカツ@ボナペティートパパ(中野)


14時から中野で打ち合わせがあったので、13時頃に中野でランチ。初めて入るピッツェリーア・トラットリーア「ボナペティートパパ」。13時だというのに自分が入った時点で満席、あとからきたお客さんの何組かは入れませんでした。本日の肉料理セットを注文。サラダ、パン、メインの組み合わせで1000円。本日の料理は天草豚肩ロースのカツだそうです。ちなみにほかにはパスタのセット900円、ピッツァのセット1000円がありました。


Cimg0002


前菜のカポナータ。イカ、ブロッコリー、ナス、ニンジンがトマトで煮込まれています。ほんのり温かいというか、常温よりも少しだけ温めたくらいの温度で提供されます。ナスは溶けてしまって、ほとんど皮しか残ってません。ブロッコリーもくたくた。ニンジンふんわり。イカは火が入りすぎて硬くならないよう、ちょっと気を使ってるかな。調味料はあまり使わず、野菜の旨みだけが凝縮された感じの、しっかりと濃いのだけど優しい味わい。ちょっとイカの匂いが強く出すぎかも。


Cimg0004


パンはフォカッチャをスライスしたもの。温めてあります。塩味が効いてますね。少し香ばしい風味もあります。ローズマリーがちょこっと入っているようです。あまり油っぽくないのが好ましいです。


Cimg0005


メインのポークカツ。さわやかなヴィネガー系のソースと粉チーズがかかってます。横には粒マスタードが添えてあります。全体にイタリアンぽくはないですが、最初からカットしてあって食べやすいです。カットしてあるので一見わかりにくいですが、これ、全部つなげたらけっこう大きなカツだと思います。分量たっぷり。上に乗ってるプチトマトが加熱されておらず、口に入れたら冷やっこくてプチびっくり。ガルニはベビーリーフのサラダ。バルサミコを煮詰めた甘い風味のドレッシングがうっすらかかっています。

料理提供時にパンがお代わりできることを教えてくれたのは感じいいです。ただ、全体に提供がちょっと遅いですね。メインが出るのに30分ほどかかりましたし、パンのお代わりもなかなかこず、待っているあいだに料理を食べ終わりそうになりました。ホールのスタッフさんも感じはいいけど、テーブルをちゃんと見ているようでいて、実はあんまり見てなかったりするし。

でも、この価格で、この味とこの量を楽しめるなら、なかなかいいお店だと思います。14時近くまで何組ものお客さんが来店するのもわかる気がします。

うん、美味しかったよ。ごちそうさま。

ボナペティートパパ 中野店/中野のクチコミ(口コミ) - 30min.
ボナペティートパパ@中野 パスタランチをいただく - 雑食日記、時々温泉



彩り野菜のイタリア前菜カポナータ


お肉屋さんのロースカツ【150g】2枚入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/26

あと(BlogPet)

きょうは、もあともあとカットしたかった。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくばり膳@博多花膳(神楽坂)

微妙に雨が降ってたので、傘を差さないでもなんとか大丈夫そうな会社に極近の花膳へ。炭火焼きと唐揚げが盛り合わせになった「よくばり膳」900円を注文。

しかし、この店は相変わらず寒いです。上着が脱げません。出入り口からいちばん遠いカウンターのはしに座ったのだけど、むしろ風の通り道なのか、冷たい風がすーすーと通ります。


Cimg0001


寒さに震えながら待つこと数分。まずはポテサラ、漬け物、味噌汁、ご飯が乗ったお盆が運ばれ、それから少し間をおいてジュージューと景気のいい音を立てる鉄板が運ばれてきました。鉄板の上には、鶏の炭火焼と唐揚げ、それにモヤシが乗っています。しかし、この炭火焼、なんでこんなに黒いんだ? なにか独特なスパイスを使ってるんでしょうか。これといって特徴的な味はしないのだけど。もしかして、炭? 炭火焼って、炭火で焼くのではなく、炭を振りかけて火で焼くという意味だったのかしらん。


Cimg0003


焼いた鉄板に乗せての提供、もしかして失敗かもしれません。ジュージューというシズル感は楽しいけれど、肉がね、炭火焼も唐揚げも、鉄板に焦げ付いてます。焦げ付いた部分は炭のようになり、鉄板に接する面積の多かった肉は焼きすぎ状態になって硬くなっちゃってる。モヤシも下のほうは炭のようになってる。味自体は可もなく不可もなくだけど、焼きすぎで硬くなったり部分的に炭に近くなっている肉を食べるのは食感が悪いよねぇ。

う~ん、これで900円はあまりお得感がありませんね。メイン以外の小皿とかもありきたりだし、全体的な分量も微妙。これなら下の階にある「かまどか」でもっと安いランチを食べたほうが納得度が高い感じです。しかも最後にはお会計をミスるし。この前食べた水炊きは分量も充分だし美味しかったんだけどなぁ。

店を出るころには雨が強くなっていて、会社にたどり着くまでにちょっと濡れてしまったこともあり、なんとなく残念な感じが残るお昼でした。ごちそうさま。

ぐるなび - 博多 華善 神楽坂店
every little thing in my life : 水たき膳@博多華善(神楽坂)



博多華味鳥 串揚げ【華衣】


大人気!濃厚な旨味が特長![九州産・博多華味鳥]炭火鶏 もも ベーシック味(100g)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/25

豚バラ肉のコンフィ@ルナティック(神楽坂)

今週末で閉店してしまうルナティック。おそらくこれがこの店での最後の食事になるでしょう。今週のランチを注文。


Cimg0001


まずはサラダ。ドレッシングはマスタード系で、粉チーズもかかっています。葉ものの下の今回の隠しアイテムは、茹でた白菜、青梗菜、モヤシ、カボチャとモルタデッラ。ほんのりマスタード風味のドレッシングが美味しいです。そこにチーズのコクのあるうまみが加わって、サラダが重層的な味になります。


Cimg0003


パンはフォカッチャ。自家製かな。美味しいのだけど、手が油でべたべたするのがいやよねぇ、フォカッチャって。


Cimg0005


メインの豚肉のコンフィ マスタードソース。クスクスと、ガルニとして青梗菜、グリーンピース、オクラ、パプリカ、白菜、ブロッコリーが添えられています。
コンフィは表面がかりっと香ばしいですが、中はあまりトロトロじゃないな。もっとじっくり火を通してトロトロになってるほうが自分は好き。あと、豚肉のコンフィって塩漬け豚を使うことが多いような気がするのだけど、これはあまり塩漬けっぽい感じがしませんね。徹底的に塩抜きしたのかしら。でも、ほんのり酸味のあるマスタードソースとの相性はいいですし、クスクスと一緒に食べるのも美味しいです。

食後のドリンクは頼まなかったので、900円。この価格でそれなりの洋食メインを食べられるお店って、神楽坂では貴重だったのだけどなぁ。閉店は残念です。これまでありがとうございました。ごちそうさま。

ぐるなび - LUNATICS
たきおの神楽坂ランチ日記: LUNATICS
every little thing in my life : 豚肩ロースのビール煮込みクスクス添え@ルナティック(神楽坂)



とろとろです♪豚バラ肉のコンフィ


フランス産バルバリー合鴨のコンフィレンズ豆の煮込み添え

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/03/24

ナスとチキンのカレー@ディップマハル(神楽坂)


風がすごく強いです。それでもって雨上がりの晴天で気温も高め。もう、花粉が飛びまくりですね。この強力な花粉に打ち勝つ免疫力をつけるために、スパイスたっぷりのインドカレーを。ディップマハルで本日のスペシャルカレーを注文です。辛さはホット、それにナンとホットチャイをチョイス。


Cimg0001


おなじみ、小さな器にみっちりこぼれそうに詰まったサラダと、かごから飛び出す大きなナン、そして本日のカレーはナスとチキンです。
カレー、いつもよりスパイスが強めに効いてる気がします。クミンとかカルダモンの風味が強く感じられます。塩もほどよくて、追加の必要を感じません。柔らかく煮込まれたチキンも、甘い風味のナスも、いい塩梅です。
いつもどおり、ナンもおかわり。おかわり用のナンは1枚を4つにカットしたものですが、いつも3切れもらうので、ほとんど2枚食べてるようなものですね。最後はカレーが足りなくなるのですが、ここのナンは美味しいのでカレーなしでもOKです。しかし、食べ過ぎですな。


Cimg0003


食後のチャイ。カレーがスパイシーだった分、チャイが少し薄く感じられます。もっとしっかり煮だして、牛乳もスパイスももっと多く使われているといいのだけど。チャイはうちでつくったほうが美味しいな。まぁ、ここのも悪くはありません。

うん、美味しかったよ。ごちそうさま。

しかし、目がしょぼしょぼです。会社に戻ったら目薬さそう。

インド料理 カレー 東京都 DIPMAHAL ディップマハル
たきおの神楽坂ランチ日記: ディップマハル
ディップマハル "DIPMAHAL"@神楽坂 うんもか日記
ディップマハル テイクアウト -神楽坂グルメー - ロンドの日記



カレーならコレ!送料無料!隠れた名店のカレー お試しカレー2食セット【栃木・タージマハル】


スパイシーなインドカレーと炭火タンドールで焼き上げた本格プレーンナンとセットでお買い得!


当店一押し!ご飯派ものりかえちゃうおいしさです。インドカレーにはやっぱり!ナン

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

コート・ドールでのいつもと変わらぬ素敵なランチ


3月20日は結婚記念日直近の週末なので、今年も三田のコート・ドールでランチ。今回は予約の際に名前と電話番号しか告げなかったのだけど、松下支配人にもソムリエールの北村さんにも顔を覚えられたようで、席に案内されてすぐに「大園もすぐまいりますので」と声をかけていただきました。

ランチコースを頼めば5000円と手ごろな価格のコート・ドールですが、やっぱりアラカルトで頼んでしまううちら。この時期のホワイトアスパラは外せませんし、実はまだ斉須シェフの得意料理のひとつ、野菜のエチュベを食べたことがない。そんなわけで前菜はアスパラとエチュベを注文。松下さんに「野菜・野菜になってしまいますが?」とお気づかいいただいたけれど、大丈夫です、うちら野菜が好きなんです。そしてメインはスズキのかりかり焼きと雉のローストを注文。全部シェアにしてもらいました。

料理の注文が済んだタイミングで、大園さんの登場。以前とかわらぬ愛敬のある笑顔で、でも以前よりもどことなく威厳と風格の増した感じでした。フレンチの名店として日本で名の知れたお店のシェフソムリエを4年も務めると、やはり、お店の格に見合った雰囲気が自然と身にまとわれるんでしょうね。とはいえ、話し始めれば以前から知っているいつもの大園さん。陽気に、愛嬌たっぷりに、でもワインの説明のときはとても真面目に熱っぽく、お話をしてくれます。料理とのマッチングを考えて、大園さんのおすすめで2001年のムルソーをいただきました。ねっとりと、しっかりと、かつフルーティな味わいがたまらんです。やっぱブルゴーニュの白は旨し。

エチュベも旨かったぁ。さっぱりした酸がやわらかく、野菜のうまみを引き立てます。とくにカリフラワーが美味しかったなぁ。ホワイトアスパラはもうおなじみの味。これを食べると春です。スズキも雉もシンプルだけど素材の美味しさがしっかりわかる調理。ワインとの相性もばっちりです。

アペリティフのシャンパーニュとアミューズの小魚から始まり、前菜、メイン、チーズ、口直しのソルベ、デセール(バナナのモンブランとチョコレートケーキ)、そしてデセールに合わせたデザートワイン(トカイとトウニーポート)、締めのエスプレッソまで、味はもちろん文句なしですし、ホールのサービスもパーフェクト。以前からいらっしゃる若いギャルソンさん、名前はなっていったっけなぁ、失念してしまいましたが、彼のちょっとこじゃれた会話の返しなども楽しめ、非常に優雅でゆったりとした食事でした。

そしてなによりも、やはり大園さんがホールにいること。他のお客様にサーブしてたりする姿が見られることが嬉しいです。また、コート・ドールの前のお店の頃から知っている大園さんだけでなく、いまでは、ギャルソンの彼、ソムリエールの北村さん、松下支配人も、なんとなく顔なじみな感じがしてきて、彼らの姿があるのもちょっと嬉しいです。自分がこの店に初めて来た4年前と、ホールのスタッフさんが変わっていないんだよね。ホールに「以前と同じスタッフ」がいることって、大事。それが、いっそうの心地よさにつながってたりするので。

今年もコート・ドールで大園さんのサーブを受けられてよかった。
来年も来られますように、そして大園さんのサーブを受けられますように。

コート・ドール - フレンチ、フランス料理(白金高輪) [食べログ]
三田 コートドール - tana50112
A LA CARTE: コートドール@三田
コート ドール(三田) - 忠犬コロ子のグルメ日記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »