« 鶏もも肉と季節野菜のソテー@artdish(神楽坂) | トップページ | リレーション(BlogPet) »

2009/11/19

薔薇の名前が重すぎる

映画がおもしろかったので購入した、
『薔薇の名前』の原作小説。

これまでに2回ほど読んだのだけど、
ひさしぶりにまた読み始めた。

  

ほとんど改行なく紙面を埋め尽くす文字。
ハードカバーで上下巻のボリューム。
しかも上下巻ともに400ページ超。

そこで展開されるのは、
中世の僧院で起きた殺人事件。
八角形の迷宮図書館。
宗教と政治の戦い。
異端審問。
神の意志と人の感情の軋轢。

重いよ。

あまりに重すぎる。

3ページ読んだだけで、






手がしびれた。

おそるべし、ハードカバー400ページの重量。

文庫版がほしい...

  


  

|

« 鶏もも肉と季節野菜のソテー@artdish(神楽坂) | トップページ | リレーション(BlogPet) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/46801027

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇の名前が重すぎる:

« 鶏もも肉と季節野菜のソテー@artdish(神楽坂) | トップページ | リレーション(BlogPet) »