« ■週末映画■ Shutter | トップページ | ■週末映画■ A l'interieur (unrated) »

2009/11/02

■週末映画■ 鴨川ホルモー


これ、原作小説がめっちゃおもしろかったんですが、映画になると、さすがにあそこまでのおもしろさは描ききれなかったですね。
ダイジェストっぽくなってしまうのはしかたないにしても、物語のなかにおける「べろべろばあ」の店長の意味づけが、映画だとかなり薄いというか、たんなる「偉大な先輩」程度で終わっちゃってるのが、ちょっと残念。あれでは、店長のセリフにあった「50年前」の出来事とか、ぜんぜんわからないし、観ている人にわからせるつもりがないのなら、あのセリフ自体が不要だし。
また、エンディングの勧誘シーンでも、あの絵を見ただけで、なぜ安倍たちが勧誘されたのか、その理由を理解するのは難しいと思います。自分は原作を読んでるから、あのシーンの意味もわかったけれど。
それでも、いろんなことを端折りながらも楽しい映画にまとめてはありました。オニたち可愛いし。凡ちゃん隊はみんな眼鏡だったりするのも楽しかった。そしてなにより、栗山千明の迷いのないオニ語が素晴らしかったですわ。

  

|

« ■週末映画■ Shutter | トップページ | ■週末映画■ A l'interieur (unrated) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/46651222

この記事へのトラックバック一覧です: ■週末映画■ 鴨川ホルモー:

« ■週末映画■ Shutter | トップページ | ■週末映画■ A l'interieur (unrated) »