« 満腹御膳@神楽坂 心(神楽坂) | トップページ | あと(BlogPet) »

2009/09/29

【最悪映画】 August Underground

自分はけっこうホラー映画が好きで、それに付随した惨殺シーンとか猟奇殺人シーンとか血みどろグチャグチャなんかもほとんど平気で見てられるんです。しかし、この映画?はひどかった。
これといったストーリーもなく、最初から最後までハンディカムで撮影した揺れまくる画面の中でひたすら暴力だけが繰り返されます。意図や目的も感じられない、たんに力と衝動を楽しむための、暴力のための暴力。殴り、暴れ、刺し、いたぶり、殺す、知性も感じられないクソガキも観ていて気分が悪いですが、それを、へらへらと笑いながら撮影する男(画面には映らず、声のみが聞こえる)がめちゃめちゃ気分悪い。劇中では何人もが殺されるけど、それはあくまで結果であって、殺すための暴力ではなく暴力のための殺人であるのも具合悪い。
知恵と創意を感じさせる中世の拷問道具などは、まだある種の「美」をその中に見てとることができるけど、目的や意図もなくただ「暴力をふるいたい」という感情だけに身をまかせてひたすらに相手を痛めつけることに楽しさ(喜びではなく)を見出している姿には、美しさのかけらもない。しかし、その姿の中に、多くの人間が巧妙に隠している、あるいはないことにしている、太古からの欲望や衝動を垣間見る気がして、それがまた具合が悪い。
こうした映像作品を観て本気で吐き気を催したのは、これが初めてです。最悪。

|

« 満腹御膳@神楽坂 心(神楽坂) | トップページ | あと(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

もあさん、怖いの好きなんですね・・・
私は全くダメです。こわ~い・・・
ホラーではないけど、昔「ジョーズ」を観た後、2階の自分の部屋に上がれなくなってしまいました。つまり、その場から1歩も動けなくなってしまった・・・風呂にもトイレにも行けず、暫く居間で固まっていました。家にサメが居る訳ないのに。
たまに有名な作品は観ておきたいなーと、TVでやると勇気を出して観て見るのですが、怖いシーンになると目を覆って、指の隙間からチラッ、チラッと・・・それが精一杯。最後に観たのは「エクソシスト」
観てみたいのはいっぱいあるんですけどねぇ~。

投稿: メローネ | 2009/09/30 15:04

「ジョーズ」は日本公開時に劇場で観ました。まだ子供だったと思うのだけど、怖いというより、いろんなシーンでびっくりした。よくできたパニック映画ですよね。

「エクソシスト」はねぇ、自分はあまりおもしろいとも怖いとも思いませんのです。クリスチャンじゃないからかもしれんが。むしろ爆笑ですわ。首が回っちゃうシーンとか、緑のゲロとか、背面クモ歩きとか、ギャグにしか見えない。

オカルト系では「オーメン」と「サスぺリア2」が、独特の美意識にあふれてて素敵だと思いますです。

投稿: もあ | 2009/10/01 08:51

「オーメン」は中学の頃でしたか、勇気を出して観たのですよ。映画ファンとしては、是非とも観ておかなくては、って思って。でも以来、心理的に来る怖~いのを観れなくなってしまったんです。「サスペリア」怖そうだなぁ・・・「エクソシスト」は、自分もギャグだと思いました(笑)

投稿: メローネ | 2009/10/02 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【最悪映画】 August Underground:

« 満腹御膳@神楽坂 心(神楽坂) | トップページ | あと(BlogPet) »