« ■週末映画■ プラネット・テラー | トップページ | ■週末映画■ グロテスク »

2009/08/17

■週末映画■ 1303号室

和製ホラー。賃貸の事故物件と、そこに居ついてる自縛霊の話ですね。原作がいつつくられたのか知らないけど、いまはたしか、殺人とか自殺者のあった事故物件は借りようとするお客に対する告知義務があるんじゃなかったでしたっけ。あんだけ連続して死人が出てる部屋を、そうと知らせずに貸すのって、たぶんいまはできないのだろうな。物語のベースの部分は『アザーズ』に似たところがあるけれど、『アザーズ』ほどの奥深さは感じない。幽霊の描き方が薄っぺらいショックホラー風。そんで、なに? となりの1302号室の住人も、あっちの人なの? なんだかなぁ。いずれにしろ、入ったときになんらかの「嫌な感じ」を感じたら、その部屋にはできるだけ入らないほうがいいよってことで。

  

|

« ■週末映画■ プラネット・テラー | トップページ | ■週末映画■ グロテスク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■週末映画■ 1303号室:

« ■週末映画■ プラネット・テラー | トップページ | ■週末映画■ グロテスク »