« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/30

お刺身盛り合わせ御膳@わしょくや(神楽坂)


ひさしぶりに「わしょくや」です。限定10食のお刺身盛り合わせ御膳というメニューができてました。しかも680円と安い! 迷わず注文です。このお店、いつも魚はそこそこ美味しいですからね、安心して頼めます。13時まで全席禁煙というのもうれしいです。


Cimg0001


刺身は、ホタテ、鰹、鯛、ハマチ、マグロが2切れずつ。鰹はたたきになってます。めちゃめちゃ新鮮!というわけでも、むちゃくちゃ旨い!というわけでもないけれど、普通に充分美味しいです。
ご飯は、白米、玄米、炊き込みを選べます。本日の炊き込みは桜エビ。ピンクが鮮やか。ご飯のおかわり無料です。ちょっとだけ玄米が食べたくて、お茶碗に半分だけおかわりしちゃいました。おかわりの都度、3種類のなかから好きなものを選べるのがいいですね。
味噌汁は、根菜たっぷりのけんちん汁です。牛蒡やニンジンなどがたっぷり。味付けもそれほど濃くなく、好ましいです。しかも、味噌汁もおかわり無料! ご飯のおかわり無料よりも嬉しい。もちろんおかわりしちゃいました。おかわり分には里芋が入ってるぞ、最初のにはなかったのに。ラッキー。おかわりしてよかったって感じです。
漬け物は、たくあんと、ゆずの風味の白菜づけ。塩はあまめですね。
そんでもって、おなじみのヤクルト付き。

めずらしくご飯をお代わりしたこともあり、おなかいっぱいです。ごちそうさま。

しかし、あれだな。最近わかってきたのだけど、自分、寿司以外では、魚は火を入れたほうが好きなんだな、きっと。というか、以前ほど刺身が好きじゃなくなってきた気がします。やっぱり魚は西洋風のソテーもしくはアクアパッツァにするのがいちばん好きだ、たぶん。

ぐるなび - わしょくや 神楽坂
神楽坂のをと ―わしょくや vol.2 ランチタイム
every little thing in my life : 松花堂弁当@わしょくや(神楽坂)



駅弁屋さんが作る身体に優しいお惣菜DearKitchen!田舎風けんちん汁


具たっぷり!けんちん汁


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

チーズハンバーグとベーコン・ポテトのソテー@マリオ(神楽坂)

最近すっかり貧乏なので、安くお昼が食べられるマリオにひさしぶりにきました。ハンバーグのランチ、スープとライスがついて650円です。安いです。ちなみに日替わりのサービスランチは590円で、昨日はポークの焼き肉サラダでした。そっちでもよかったな。


Cimg0002


強力に胡椒の効いた中華スープ、ワカメ入り。自分は胡椒好きですが、にしても、少し入れすぎじゃないでしょか。
ハンバーグは薄いので、肉汁じゅわぁ~とはなりませんが、意外としっかりと肉の味がして、けっこうおいしいです。上にとろけるチーズを乗せて、ドミソースがかかっています。厚みがこの倍あればなぁ。
ジャガイモはベーコンと炒めてあり、ほんのりジャーマンポテト風。
付け合わせはキャベツの千切り。フレンチドレッシングがかかっています。

すごく美味しいわけではないけれど、650円でこれなら充分。懐が寂しいときの味方です。おなかがいっぱいになりすぎない量も、むしろヘルシー。味もまずまず。厨房ではおばちゃんがひとりで奮闘してます。それもまた、なんとなく応援したくなります。

ごちそうさま。

MARIOの口コミ 飯田橋・神楽坂/スパゲッティ・ピザ [アスクユー・ドットコム]
MARIO: 神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009
MARIO(矢来町) 2008/6/25 - 三毛猫ランチ



人気のオードブルメニュー☆みんな大好き♪ジャーマンポテト


こんな商品作っちゃいました♪♪【かどや特製】もちろん足柄牛100%手作りチーズハンバーグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/28

冷やし担々うどんとかピーマンのオムレツとか@けん(神楽坂)

えらい暑いです。歩きたくありません。なので近場ですまそうと思ってたのに、うっかり遠くまで歩いてしまい、汗だくです。そんなときに目に入った「冷やし担々うどん」の文字につられて、ふらふらと入店してしまいました。本日のランチ1000円です。うどんとピーマンのオムレツのほかに、いなり寿司とデザートが付きます。


Cimg0002


お食事。
うどんの上には刻んだレタスと白髪ねぎ、辛み味噌で味付けた肉のそぼろが乗ってます。担々麺というよりは、タコライスに近い気がします。うどんは冷たいのだけど肉そぼろは温かく、混ぜるとちょっと微妙な温度になりますね。味はいいです。うどんはしっかり腰があるし、肉味噌の味付けもいい塩梅。
オムレツは一瞬キッシュ風というかスペイン風というかな見た目ですが、ピーマン味がとっても和。醤油を少しつけたくなります。
いなり寿司は、ふつうに油揚げで包んだものと、油揚げを裏返して包んだものの2つ。裏返しいなり寿司、好きです。ふわっとするんですよね、口当たりが。外で食べるいなり寿司は味付けが甘すぎることが多いのだけど、ここのはそれほど甘すぎないのもいいです。中の酢飯にゴマとショウガが入ってるのも好ましい。


Cimg0003


デザートはバナナのムース。ふわふわです。とってもバナナ味。上にチョコとカリカリに乾燥させたみかん?の皮がかかってます。

最初みたときはちょっと分量が足りないかなと思ったのだけど、食べ終わったらちゃんとおなかいっぱいでした。ごちそうさま。

神楽坂 けん(オフィシャル)



ここだけの味、在ります!お味で勝負!長男 担々麺 汁無しタイプ


ひとくちいなり


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/25

展示(BlogPet)

きのう小丸が、もあとミックスするはずだったの。
それできのう小丸が、もあは料理したの?
だけど、もあで甘口へ展示されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

エビのソテーとかボンゴレ・ロッソとかニジマスのローストとか@ステファノ(神楽坂)

今週のランチメニューから。先週に引き続き、今週も魚づくしにしました。


Cimg0001


アンティパスト:エビとズッキーニのソテー フレッシュポレンタ添え ヴェネツィア風(Gamberi spadellati con zucchine su polenta fresca alla veneziana)
エビの香りがすごくいいです。竹下さんらしい、上品でやさしい味付け。フレッシュポレンタのやわらかな口当たりとよく調和します。


Cimg0003


プリモピアット:スパゲッティ アサリのトマトソース(Spaghetti alle vongole in rosso)
ボンゴレロッソ、ひさしぶり。あさりが10個以上、たっぷりです。味付けは薄めで、トマトとアサリの味、オリーブオイルの香りがよく感じられます。個人的にはもう少し塩が強くてもいいな。でも、こういう控えめなところが竹下さんテイストですね。


Cimg0005


セコンドピアット:ローズマリーを詰めたニジマスのロースト(Trota arrosto al rosmarino)
おなかに詰め物をし、まわりをラルドで巻いてソテーしたそうです。すごい、ちゃんと骨が全部とってある。なので好きなところにナイフを入れ、ぶつ切りにして食べられます。中の詰め物は、ちょっと餃子の具風味? 味付けはやさしめですが、ラルドを使っているためか、けっこう油は多く、おなかにたまります。下にしかれた青梗菜や、まわりに散らされたローストポークにも油がしみて、ちょっと油っぽいかな。でも魚の味はめっちゃいいです。むかしチンクエテッレのどこかの町で食べたアッチューゲ・リピエノという料理(鰯に詰め物をして軽くフリットにしたものでした)をちょっと思い出しました。

ドルチェはキャンセルし、甘口のシェリー、ペドロヒメネスを食後酒にいただきました。熟したプルーンや黒蜜の風味があり、おいしかったぁ。

最後はエスプレッソで締め。今週もごちそうさま。

ぐるなび - RISTORANTE STEFANO
every little thing in my life:ローストビーフとかラヴィオリとか鰯のパン粉焼きとか@ステファノ(神楽坂)



コロンナータの大理石で塩漬けされた豚の背脂 ラルド・イン・コンカ・コロンナータ(蔵) ハーフサイズ


ポレンタ・ベルガマスカ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/23

帯広のキタキツネ三兄弟

少し大きくなった、かな。 by 飼育展示係2(おびひろ動物園)


めっちゃかわいい~。
とくに最後の3枚、「クルッ」「くるっ」がたまらん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カツカレー@亀井堂(神楽坂)

いつものとおり洋食ランチを食べようかと思ったのだけど、現在、夏のカレーフェアだそうで、カツカレーが800円。ひさしぶりにふつうのカレーも食べたいし(最近、インドカレーばっか)、カツカレーなんて滅多に食べないので、カツカレーにしました。


Cimg0001


サラダ、スープ、福神漬けとらっきょう。あたしゃらっきょうが苦手です。
レタスとトマトのサラダにはサウザンドレッシング、横に辛子マヨネーズ和えのマカロニサラダが添えられてます。
スープはビーフコンソメかな、中に細切り人参はいってます。


Cimg0003


カレー。けっこう量があります。カツは衣サックサク。ほどよい辛口で美味しいです。タマネギが少し入っている以外は具のないカレーですが、味に丸みと深みがあるので、いろんな野菜のエキスがとけ込んでるんだろうな。
福神漬けはちょっと甘い。もう少ししょっぱいほうが好みです。そしてやっぱりらっきょうは苦手でした。

あー、おなかいっぱいです。ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂(オフィシャル)
ごまだれ冷やし中華@亀井堂(神楽坂): every little thing in my life
亀井堂@神楽坂|yuru cafe -ユルカフェ-



のぼり旗 スープカレー カツカレー ピザ パスタ


人気No1に急浮上!ライスバーガーカレーカツ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

鶏の子悪魔風とかローストポテトとか@BRUSCA(神楽坂)


ランチメニューが少し変わったブルスカです。ブルスケッタランチとパスタランチ、それにワンプレートの3種類になりました。パスタとブルスケッタは890円(デザート&ドリンク付き)、ワンプレートはこれまでと同じ990円のままです。いつもどおりワンプレートを注文。


Cimg0001


今週の料理内容は、
ミックスサラダ:ドレッシングは一般的なオイルとヴィネガーですね。
ペンネパスタのラグーソース:ペンネの上にミートソースがかかってます。これがなんかもう、すごくむかし懐かしいミートソースの味。これだけだとあまりにふつうですが、器の下のほうにはクリームソースが入ってました。ちょっとサプライズ。こういう演出がにくいですね。
鶏胸肉の小悪魔風:皮はカリッカリのサクッサクです。でも身はすごくふんわりやわらかくジューシー。すばらしい火の入れ具合。
ローストポテト:コロッとホクッとしてます。いも好きー。
パプリカライス:どこがパプリカかはよくわからんですが、トマトライスとして美味しいです。
ゴルゴンゾーラチーズのムース:トーストの上に乗ってます。すごい、ふわふわのムースなのに、しっかりゴルゴンゾーラの味がする。トッピングの乾燥イチジクがまたいい塩梅です。

最後にホットコーヒーを飲んでごちそうさま。

BRUSCA ブルスカ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
every little thing in my life: ニョッキのフリットとか豚肉のボリートとか@BRUSCA(神楽坂)
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009: BRUSCA



ディアブルソースが刺激的な味!若鶏の魔女風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

■休日映画■ 少女の髪どめ

イランの映画だったかな。建築現場で働く、ちょっと頭の弱いイラン人青年が、足を折った父の代わりに働きに来た不法就労のアフガン人少年が実は少女だったことを知って、とつぜん恋に落ちるという、むかしの少女マンガとかにありそうな設定のお話。それまでは「自分の仕事を取った」として嫌い、陰険な嫌がらせをしていたのにね。
黙々と働くアフガン人少女にくらべて、イラン人青年のいろんな意味での馬鹿さ加減がうんざりする。労働者たちを雇っている社長はいい人物だな。
なにも進展せず、なにも実を結ばない終わり方が、むかしのヨーロッパ映画とかをちょっと思い出させるかな。わかりやすくハッピーエンド(もしくはアンハッピーエンド)な最近のアメリカ映画とは少し違った味わい。

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

■休日映画■ 世界最速のインディアン

これ、封切時に劇場で観たんだよな。さすがに大スクリーンで観るほどの迫力は、テレビでは無理ですね。それでも最後のほう、インディアンが疾走するシーンは、速いことの美しさが感じられて好きですわ。
1960年代後半の話だからですかね、実話ベースなんだけど、登場人物に悪人がいない。いま、バートとおなじことをやっても、きっとアメリカはあんなに快くは受け入れてくれないだろうな。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■休日映画■ 第5惑星

なんだ? いったいなにがテーマで、どこに向かうストーリーなんだ? 戦争はどうなった? いつのまにか和解したのか? “おじさん”はその先どうするんだ? ザミスと一緒にドラックたちと暮らしていくのか? なんだか訳のわからないお話でしたわ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■休日映画■ 異常心理教室

怪しげな登場人物をちょこちょこっと出してミスリードを誘いつつも、論理的に考えてもっとも犯人らしい人が犯人だったところがちょっと拍子抜け。そういう意味では卑怯な騙しのない、誠実なストーリーともいけるけど、もう少しひねりがあってもよかったかな。
エロティックシーンが多く、ストーリーにも関係するけど、むしろサービスカット的な使われ方。半分以上はなくてもよかったように思う。
刑事さん、簡単にやられすぎー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

【休日コミック】 最終兵器彼女

あまりに荒唐無稽な設定に困惑しつつ...

だめだ。いくどとなく涙ぐんでしまった。

設定がありえなければありえないほど切なく刺さる、

正直で純粋で不器用な少年と少女の恋物語。

そのまっとうさが、めちゃくちゃな舞台設定のうえで、

強烈なコントラストとなっている。

哀しく、切なく、未来のない、

だけど、想う心は、強く熱い想う心は、

たしかにあった、

ただそれだけを胸に抱き、

朽ち果てていくなかに永遠をつむぐ。

ごめんね、ごめんなさい、というたびに、

それをいう心の痛みが伝わり、胸を締め付ける。

ごめんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/18

エスカベッシェとかリゾットとかサーモンソテーとか@ステファノ(神楽坂)(BlogPet)

もあの「エスカベッシェとかリゾットとかサーモンソテーとか@ステファノ(神楽坂)」のまねしてかいてみるね

今週のランチメニューから。
アンティパストは全部魚介ずくしにしにしました!
アンティパストは全部魚介ずくしました!
今回は「

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

エスカベッシェとかリゾットとかサーモンソテーとか@ステファノ(神楽坂)

今週のランチメニューから。今回は全部魚介ずくしにしました。


Cimg0001


アンティパストは「ブリのエスカベッシュ(Ricciola marinata in escapece)」をチョイス。エスカベッシェっていうと鰯とかが多いように思うのだけど、鰤って珍しくね? 身がぎゅってしてて旨みたっぷりの鰤に、甘酸っぱく爽やかなソース。この酸味がたまりません。玉ねぎの甘みともいいコンビネーション。
上に乗ってるのは、パスタにチーズをかけて煎餅状に焼いたもの。ぱりぱりです。けっこう塩味が効いてます。おいしいのだけど、ちょっと食べにくいです。なかなか割れないのよ。


Cimg0003


プリモは「ホタテ貝のリゾット レモン風味(Risotto alle capesante e limone)」をチョイス。けっこう大きめにぶつ切りされたホタテがごろごろしてます。濃厚なチーズの旨みがあり、ホタテのリゾットという名称から多くの日本人がイメージしそうなものよりも、けっこうどっしり・しっかりした味だと思います。でも、そこにレモン風味があって、濃厚なのに後味さっぱりなところがさすがです。お米の炊き方もきっちりアルデンテ。やっぱステファノのリゾットはうまー。


Cimg0005


セコンドは「フレッシュサーモンのソテー バジルペーストソース(Trancetta di salmone spadellata al pesto con zucchine, fagiolinin e patate)」をチョイス。サーモンがふっくらとろっと焼いてあります。サーモンの下には細切りのジャガイモとズッキーニ、それにインゲンのソテー。グリーンのソースも色鮮やかで、バジリコのほんのり苦いさわやかさが、魚と野菜の甘みによくあいます。

ドルチェはキャンセルし、食後酒にレチョート・ディ・ガンベッラーラを少し。最後はエスプレッソで締め。今週も文句なしで美味しゅうございました。ごちそうさま。

STEFANO リストランテ ステファノ・東京 神楽坂(オフィシャル)
every little thing in my life:ローストビーフとかラヴィオリとか鰯のパン粉焼きとか@ステファノ(神楽坂)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/16

マトンカレー@ディップマハル(神楽坂)

すっげー暑いです。こう暑いと、もうカレーを食べるしかありません。というわけでディップマハルへ。ひさしぶりにマトンカレーをいただきます。辛さはもちろんホット!


Cimg0001


ディップマハル名物?器内密度がめちゃ高いサラダ。キャベツの千切りとトマトにチリペッパー入りのサウザンドレッシングがかかってます。


Cimg0003


カレー。カルダモンやクローブなど、癖の強いスパイスの味が強めに感じられるのが好ましいです。ムンバイよりスパイシーですよね。こっちのほうが好き。羊肉もごろっとしたのが4つくらい入ってます。
そして、でっかい焼きたてナン。小麦の風味が感じられ、ふんわりもちっとしています。これもムンバイのナンより好き。しかもディップマハルはナンのおかわり無料です。なのでつい食べ過ぎちゃいます。


Cimg0005


食後はホットチャイ。暑かろうが寒かろうが、インドカレーのあとはホットのチャイです。これもカルダモンの風味がしっかり感じられておいしいなぁ。自分、カルダモンが好きなのかなぁ。

昨日のディップマハルは大人気で、満席、ウェイティング状態でした。そんなこともあってか、おかわりのナンは注文を受けてから焼くのではなく、見込みで焼き起きスタンバイしたみたい。まぁ、あの状況ではしかたありませんね。なのでおかわりナンは焼きたてふわもちとまではいきませんでしたが、それでも充分に美味しいですし、もちろん最初のナンは焼きたてです。これで920円ですから、リーゾナブルですね。

おいしかったー、おなかいっぱいー、ごちそうさまー。

インド料理 カレー 東京都 DIPMAHAL ディップマハル(オフィシャルサイト)
たきおの神楽坂ランチ日記: ディップマハル
ディップマハル神楽坂店:スペシャルランチ :: 網焼きカレー弁当
every little thing in my life : ナスとチキンのカレー@ディップマハル(神楽坂)
ゴストゥ フッチボル?:ディップマハル神楽坂



じっくり煮込んだマトンカレー煮込んでやわらかマトンカレー1袋(200gx2食入)


くせがなく食べやすいマトンカレー♪マトンマサラ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

救命病棟24時第4シリーズ

昨日からスタートするはずだった「救命病棟24時」第4シリーズ。

直前に主人公・新藤先生役の江口洋介がケガをして撮影ができず、本放送は4回短縮で8月スタートとなり、それまでのあいだは、今シリーズのもうひとりの主人公・小島先生を中心にしたスペシャル版でなんとか埋める、ということになったようです。

で、そのスペシャル版の第1回目が昨日あったわけですが... これ、初めて観る人には、わけわからんかったんとちゃう?

第1シリーズの超ダイジェストでしたね。話の流れとかほぼ無視で、いくつかの回からハイライトシーンだけぶつぎって組み合わせただけ。第1シリーズを観たことがある人には懐かしい感じもあるけれど、観たことのない人は話についていけなかったんじゃないだろか。DVDで出ている第1シーズンのディレクターズカット版でもかなり無理やりだったのに、それのさらに上をいく無理やりさ。そして、最初と最後に(真ん中あたりにもあったか?)ちょっとだけ新規撮影のシーンを付け加えてお茶を濁しましたって感じでした。

番組ファンとしてちょっと嬉しかったのは、第1シリーズのディレクターズカット版には収録されていないシーンがいくつか使われていたこと。とくに副院長が新藤先生の奥さんを学生の実験体として扱うシーンとか、シリーズNo.1悪人の副院長らしさがよく出ていて、これを比較的きれいな画面で観られたのはよかった。

第1シリーズは、中国製かなにかの画質が非常に悪い中国語字幕入り(字幕消せない)海賊版DVD(コピーもとは中国でのテレビ放送をコピーしたVideo-CDらしい)しかパッケージとしては流通していないらしく、当然、日本では買えません。あとは、その海賊版DVDからコピーした動画ファイルを中国か韓国あたりのウェブサイトで拾ってくるしか、全話を見る方法がないのだけど、その動画ファイルも画質がかなりきついです。

なので、ディレクターズカットみたいなわけのわからん総集編でも、また、今回のスペシャル版のようなわけのわからんダイジェスト放送でも、きれいな画面で見られるのは嬉しいのだけど、やっぱりなぁ、きちんと第1シリーズのDVD-BOXを正規発売してほしいですよ。マジで。

などと思いつつ。

来週以降は第2シリーズ、第3シリーズからのダイジェスト(&ちょっとだけ新規撮影分?)だそうです。どんなぶつ切り具合になっているのか、それはそれで楽しみか。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンのトマト煮とマトウダイのソテー@CROSS OVER(神楽坂)


ショットバーのCROSS OVER(クロスオーバー)が今週からランチ営業を始めてました。メニューは、パスタ(900円)とプレートランチ(1000円)の2種類。ドリンク付きです。今週のプレートランチを注文しました。


Cimg0002


まずはスープとサラダ。
スープは洋風になった松茸のお吸い物みたいな感じです。コンソメ系。
リーフレタスのサラダには細切りの人参、キュウリ、カイワレ、タマネギなどが入っていて、上からゴマドレッシングがかかってます。


Cimg0003


メインのプレート。今週は、チキンのトマト煮、マトウダイのソテー、それに茹で野菜とオニオンリングフライです。
チキンはほろっとほぐれるくらいにやわらかく煮込まれてます。あまりトマト味は強くないですね。
マトウダイは軽く干してから焼き、サワークリームと柚子のソースでさっぱりと味付けしてあります。
野菜はブロッコリーとインゲンと人参。茹ですぎず、野菜の歯ごたえを残してあります。
オニオンリングはかりっとフライにしてあって、ケチャップが少し添えてあります。


Cimg0005


コーヒーは全体にクレマが立っているエスプレッソ系のアメリカンコーヒーですね。酸味よりもほろにが味を楽しむタイプ。悪くありません。ホットコーヒーのほかに、アイスコーヒー、ホットの紅茶、アイスティーも選べます。

料理は全体に、どれもとても薄味。人によっては塩胡椒がほしくなるかもしれません。でも、こういった飲み屋系のランチで味付けが薄いのは、ある意味貴重です。おなかもいっぱいになりますし(たしか、ライスの大盛り無料って書いてあったように思います。自分は大盛りにはしませんが)。

肉と魚、スープ、サラダ、ドリンクもついて1000円なら、リーズナブルではないでしょうか。メニューも毎週変わるようだし。基本が飲み屋なので、禁煙・分煙になっていないのが残念ではあります。

ごちそうさま。

CROSS OVER -神楽坂 shot bar-(オフィシャル・サイト)



鶏モモ肉と野菜のトマト煮 若鶏の煮込みローマ風


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/14

ロティスリーチキンとハーブライス@イヴ・テラス(神楽坂)


最近ランチを再開したイヴ・テラスです。基本のメニュー、ロティスリーチキンとハーブライスのセットを注文。サラダかスープがつきますので、サラダをチョイス。ハーブライスの代わりにローストポテトにすることもできます。800円。ドリンクは別で、190円。ほかには、チキンのサンドイッチとサラダ、スープのセット(900円)、ラムの煮込みとハーブライスかヌードルのセット(950円)、ビーフステーキとハーブライスかヌードルのセット(1100円)、ローストボークとハーブライスかポテトのセット(1100円)があります。サンドイッチ以外はサラダかスープがつきます。


Cimg0002


ロティスリーチキン。ここの定番だけあって、やっぱり美味しいです。皮はぱりっぱり、肉はふんわりジューシー。やわらかな肉をかむと、ほんのり牛乳の味がする気がするのだけど、気のせいかしら。

ハーブライスはバターとパセリがいい香り。お米以外にも粟かヒエかなにかが少し混ぜてありますね。

サラダ1。細切りにした人参、キャベツ、水菜などをマヨネーズドレッシングであえたコールスロー風です。めちゃめちゃ塩が効いてます。ヨーロッパなどではこれくらいの濃い塩味けに出会うことがよくありますが、日本では受け入れられにくいんじゃないかしら。野菜の味より塩の味のほうが強く感じちゃう。

サラダ2。ツナマヨネーズで和えたマカロニのサラダです。タマネギも少し入ってますね。なんか、懐かしい味。マカロニが柔らかめに茹でてあるのも、いわゆるイタリアンとは違う感じで悪くないです。

全体的に、自分は嫌いじゃない味ですが、多くの日本人の口に合う味かどうかは、ちょっと疑問かもしれません。欧米等への旅行経験がそれなりにあって、その現地の味が嫌いじゃない人、外国旅行中に日本食が恋しくなったりはしない人向けの味かも。

あと、このお店、入店客への注意力が著しく散漫です。というか、あまり気にしてないのか。これも、イタリアとかオーストラリアとかのカフェなどにはよくあることだし、自分はずいぶん前だけど何度かこの店にきたことがあるので、気にせず店内に入って適当な席に座っちゃいましたが、出迎え&ご案内が当たり前になっている東京の西洋料理店のつもりで入ると、とまどうでしょう。実際、入店したのにスタッフの出迎えも声がけもなく、というかホールスタッフの姿が見えず、店内で少し呆然としたまま、席に着くこともなく黙って出ていったお客さんがいました。そのあたり、いかにも「らしい」ので、そのらしさになじんでなかったり苦手な人には入りづらいだろうなぁ。だからこんなに空いてるのかも。けっこう機会損失をしてそうだけど、店としてそれをあまり気にしてないんだろうな。

という点はありますが、まぁ美味しかったのでいいや。ごちそうさま。

Yves' Terrace(オフィシャル・サイト)
神楽坂姫子のまったり津々生活 イヴ・テラス Yves’ Terrace
イブテラス -神楽坂グルメー - ロンドの日記



特製たれで丹精込めて作りましたお求めやすい大きさです国内産とり肉使用ローストチキン四万十ハーフ


デリバリータイ料理タイ風ローストチキン~ガイヤーン~【南国気分でGOGO!】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/12

MR.BRAIN

第1話で提示された、九十九先生は元ホストで、事故のときに受けた頭への傷が原因で脳の活動が高度に発達し天才となり、しかしその活動があまりにも活発なために継続して脳への栄養源を与え続けねばならない(このあたりは吉田秋生の『夜叉』っぽい)……という設定、いったいどこへいっちゃんたんでしょう? その後の伏線にもなんにもなってなかったっすね。

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/11

煮物(BlogPet)

きょう小丸がもあで経験したの?
それでもあは煮物しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

ローストビーフとかラヴィオリとか鰯のパン粉焼きとか@ステファノ(神楽坂)


先週はイレギュラーな注文のしかたをしたけれど、今週は普通にランチメニューから。


Cimg0001


アンティパストは「ローストビーフとキノコとチーズフォンデュのパイ(Sfoglia di roast beef, fonduta e funghi trifolati)」をチョイス。アンティパストってなってるけど、分量的にほとんどメインです。ローストビーフがたっぷり。フォークでほろほろっとほぐれます。うまうまー。パイのチーズソースもいい味だなあ。このソースをローストビーフに絡めたり、パイの中のキノコと一緒に食べるのも、めっちゃいい感じ。


Cimg0004


プリモは「ビーツのラヴィオリ(Casunziei ampezzani)」をチョイス。日本語メニューには「ラヴィオリ」となっているけれど、正確にはラヴィオリではなく、イタリア語メニューにある「カズンツィエイ・アンペッツァーニ」というパスタ料理(調理法?)をビーツを使ってつくったもの、らしいです。カズンツィエ~ではどんな料理かわかりにくいので、日本語メニューにはよく知られていて見た目の似ているラヴィオリと記したそうな。
ビーツの色合いがかわいらしいです。バターソースにはセージの風味と芥子の実の香り。やわらかなパスタの味とよくあいます。いわゆるラヴィオリよりもずっとふんわりふわっと上品で優しい味な気がします。歯ごたえもやわらかめですね。美味しいよ美味しいよ。

Cimg0008


セコンドは「背黒イワシのパン粉焼き いろいろな野菜のバターソテー(Alici panate fritte su giardinetto di verdure)」をチョイス。
鰯の下には水菜のカット、セルクルでかたどった野菜のバターソテー(感触的には、煮てある感じ)。野菜はジャガイモ、人参、カボチャ、グリーンピースなどです。お皿のわきには、フレッシュトマトとケーパーを軽くつぶして和えたものが添えられてます。鰯は表面がかりっと香ばしく揚げてあり、中はふっくら。ちょっぴり竜田揚げ風ですね。レモンをたっぷり搾って食べるとたまらんです。鰯うますぎ。


Cimg0010


ふだんはドルチェはキャンセルするのですが、昨日はステファノさんが「シャーベットとか、どう?」というので、いただきました。そんで出てきたのが、これ。ソルベ(シャーベット)というよりは、三食イタリアカラーのグラニータ(かき氷)って感じですね。上から、カンパリ、グレープフルーツジュース、ミントで色と風味をつけてあります。この組み合わせ、絶品です。ちょっと薬草風味の独特な癖があるカンパリで食欲を刺激し、甘酸っぱいグレープフルーツで胃を満たし、最後にミントですっきり仕上げる。さすがです。

最後にエスプレッソをいただいてごちそうさま。今週もやっぱり美味しかったよ。

ステファノグループ・東京・神楽坂
Macky's つれづれ日記Part.2 | 神楽坂『RISTORANTE STEFANO(リストランテ ステファノ)』でランチ!
神楽坂のをと ―ステファノ vol.13 ランチタイム
every little thing in my life:スモークサーモンとか冷製タリオリーニとかメカジキのカツとか@ステファノ(神楽坂)
ating Out in Tokyo With Dominic: Ristorante Stefano, Kagurazaka リストランテ ステファノ 神楽坂



オーブンで産直牛肉を焼き上げた手作りローストビーフです!ひげシェフの無添加ローストビーフスライス切り落とし(プロバンスの香り)


カンパリ 1,000ml 正規

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

ごまだれ冷やし中華@亀井堂(神楽坂)


中途半端に雨が降っていたので、亀井堂へ。雨の日は亀井堂です。
しかし、どうも胃の具合がいまいちなので、いつものように洋食ランチという気分じゃない。そんなわけで、ごまだれ冷やし中華を注文しました。麺なら大丈夫だろう。


Cimg0001


まずはカボチャの煮物と漬け物、それにスープ。
そうか、中華だと、サラダの代わりに煮物と漬け物なのね。カボチャの煮物なんてひさしぶりです。柴漬け?も、しその風味がいい感じ。ちょっとピリ辛なのね。
スープは人参と蕪?(瓜かも)の小さなダイスが入った鶏ガラスープ。これも優しい味で美味しいです。


Cimg0003


冷やし中華。皿がかなりでかいです。なので相対的に麺の量が少な目に見えてしまいますが、食べ始めたら結構な量がありました。おなかいっぱい。
トッピングは、カニかま、キュウリ、ハム、薄焼き卵、それにトマトと、とてもシンプル。今日の胃の調子には、このくらいのほうがいいです。
たれはゴマの風味もよくでていますが、それ以上に結構辛い。ピリ辛とは書いてありましたが、思ったよりも唐辛子が使われているようです。ゴマの甘い風味とこのピリ辛が、なかなかすてきなハーモニー。辛さが食欲も刺激しますね。

冷やし中華なんて食べるの、何年ぶりか忘れちゃいましたが、たまにはいいな、こういうのも。おいしゅうございました。ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂
亀井堂: 神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009
ランチ@Restaurant&Bar 亀井堂 - 神楽坂ネタ帳
every little thing in my life : ポークカツレツ@亀井堂食堂(神楽坂)



くーた特製肉みそ付!【生中華めん】く~たの冷やし中華


こだわりの半生麺を使用した【生粋麺太 香ばしごまだれ冷し中華】創業60年の麺づくりの経験と、絶妙なスープは食べてみる価値あり!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

ニョッキのフリットとか豚肉のボリートとか@BRUSCA(神楽坂)


今週のビジネスランチ「VIA」です。限定10食、ドリンク付きで990円。

Cimg0001


ミックスサラダはパプリカドレッシング。パプリカが入ってないのに、パプリカの味がします。きっと、パプリカのオイル漬けのオイルをドレッシングに使ってるんだろう。うふふ。
ニョッキのフリット。ちょっとめずらしい気がするのだけど、北イタリアではよくやるのかなぁ。なんか、もっちりしたポテトフライといった感じです。パルミジャーノのすりおろしが少しかかってます。
豚肉と野菜のボリート・グリーンソース。豚肉がとっても柔らかく煮込まれてる。だけどうまみが抜け出す前で、さすがですね、このタイミング。野菜はジャガイモ、人参、蕪。これらもみんなふっくらほわっと茹でてあります。そして、上にかかったグリーンソースがすごく美味。バジリコベースだよね、たぶん。そこになにか酸の効いたものが刻んで和えてあって、とってもさわやか。
ほうれん草入りオムレツ。トマトソースがちょこっとかかってます。安心して食べられる味ですね。
イエローライス。少しだけトマトも入ってる気がします。色付けはターメリックではなくサフランとのこと。豪華。
そして、自家製パンのトースト。ボリートのスープやサラダのドレッシングをつけるといっそう美味しいです。
最後にホットコーヒーで締め。コーヒーの入れ方が少し変わったようで、カフェ・ルンゴもちょっとクレマが立っています。味も以前より濃くなったというか、苦くなったというか。ジォゼッペさん効果か?

今週なかばからランチメニューが少し変わるらしいです。パスタセットなど、いままでパスタが80グラムだったのが、少しパスタの量を増やすらしい(「だってあれじゃおなかいっぱいにならないでしょ。だから、変える」とジョゼッペさんがいってた)。お客さんの様子を見ながら少しずつアジャストし続けていく姿勢が、やっぱりステファノ・グループはすばらしい。これからも楽しみにしてます。ごちそうさま。

ぐるなび - BRUSCA リストランテ ステファノ 2号店
every little thing in my life:鶏もも肉の煮込み?とかブロッコリーの冷製パスタ?とか@BRUSCA(神楽坂)
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009: BRUSCA



《アントニオ・アマート(イタリア)》じゃがいもの3色ニョッキ


冷凍でさっと使えて便利!手作りのようなもちもち食感♪冷凍 ポテトニョッキ(250g)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

鳥釜飯@かまどか(神楽坂)

雨が降っているような、やんでいるような、超微妙な天気だったので、多少の雨なら傘なしでもなんとかなりそうな距離にある「かまどか」へ。この店くるの、ひさしぶりです。
和風ハンバーグにしようかなぁと思いつつ、本日の日替わり釜飯の内容を聞いたら「鮭といくらの釜飯」か「鳥釜飯」とのことだったので、鳥釜飯を注文。サラダ、先付け、味噌汁がついて790円です。ちなみに、日替わり釜飯に刺身がついて1000円というお膳もあります。
釜飯食べるの、すごくひさしぶり。めったに食べないよね、釜飯なんて。生米から炊きあげるので提供まで20分ほどかかるとのこと。まぁ、そのくらい待ちましょう。


Cimg0005


ご飯の上に鳥の切り身が一切れ、ほかにはそぼろと、メンマかな? 細切りが乗ってます。味付けは濃すぎず薄すぎずで、いい案配でしょう。炊き具合も硬すぎず柔らかすぎず。優しいお味でおいしいですね。
先付けはタケノコの煮物。これもほどよく薄味です。冷菜として出されましたが、あったかいほうが美味しそうだったので、ご飯の釜の中に投入、あっためました。ほら、やっぱこっちのほうが美味しい。
サラダはキャベツの千切りにニンニクの風味がするゴマドレッシングがかかってました。味噌汁は、夏の間はお吸い物になるみたい。具のない出汁だけの汁です。以前よりインスタント臭さはなくなった感じです。

この値段でこの味、この量なら、納得ですね。ごちそうさまでした。

ぐるなび - 手づくり料理とお酒 かまどか 神楽坂店



ゼッタイ食べたい!【鳥釜めし】本格釜飯をご家庭で!


お釜・かまど セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

■週末ドラマ■ 救命病棟24時 2002 スペシャル

まもなく第4シリーズスタートということで、何気にいままで観たことがなかった気がする第2シリーズ終了後に放映された2時間スペシャルをDVDで鑑賞。
シリーズ本編よりも、よりエンタテインメント性が強い感じですね。新藤先生と香坂先生の距離感もあいかわらずでいいです。第1シリーズから第3シリーズまで見比べてみても、第2シリーズは医局の人たちの個々のキャラが立っているうえに、それぞれの曖昧な距離感がとてもいい感じですな。医者として医療従事者としての尊敬と、人としての愛情のあいだを、ゆらゆらしてる。露骨な恋愛模様がないのがいいです。
シリーズ本編にくらべると新藤先生のスーパーヒーローぶりが弱いし、お得意の説教も少なめですが、その分、香坂先生がけっこうがんばりましたな。第4シリーズが、第1、第3に続いてまた新藤&小島ペアなのが残念です。新藤&香坂ペアでその後が見たかった。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■週末映画■ 溺れる魚

地上波で。これ、なんだかすごいな。きっと原作小説はそこそこスリリングなミステリーなんじゃないかと思うのだけど、映画はハチャメチャなコメディになってる。その割には出演人が意外と豪華で芸達者なため、物語の崩壊が防がれているんだろうな。窪塚くんは足が細くてきれいだねぇ。渡部謙、怪演。

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■週末映画■ 呪怨・呪怨2 (オリジナルヴィデオ版)

劇場版よりもぜんぜん怖いと噂のヴィデオ版がCATVで放映されたので、観てみましたよ。劇場版は、劇場で観て、なんだかなぁと思っただけなのだけど、ヴィデオ版はどうかしら。やっぱりびっくり箱ムーヴィーなのかいな。
とりあえず、劇場版よりかは伽椰子の背景とかがわかりやすく描かれてますな。劇場版では最初から問答無用の化けものでしたから。その点はまぁよかったけど、やっぱりびっくり箱ムーヴィーだなぁ。わかりやすく驚かせるだけで、あんまり怖いとは思わん。うっとおしくはあるけど。
短いエピソードを時間軸をごちゃごちゃにして並べる手法は劇場版と同じですね。それが効果的かどうかは、ちょっと疑問。それでも2のほうはストーリーの流れ的にいくぶんよかったけど、1のほうはたんなる目くらましてきな効果しかなかったような。しかし、2の序盤30分近くが1の内容とまったく同じっていうつくりはどうよ。

  


  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■週末映画■ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリオンってまったく観たことなくて、なんでこんなに人気があるのかもわからなかったところに、劇場版のテレビ放映があるというので、試しに観てみました。
う~ん、なんだかよくわからん。ヱヴァンゲリオンというタイトルがEvangel(福音)からきているであろうこととか、死海文書や使途などという言葉からキリスト教をモチーフにしているんであろうことはわかったし、NERVとかいう組織(の上層部?)が第3新東京市とやらを守っているように見せかけて、その裏でなにか大きな陰謀をたくらんでいるらしいこともわかったけど、わかるのはそこまで。この映画だけでは、物語の始まりも終わりもわからん。なのでストーリーは評価できん。
ストーリー以外では、絵のタッチが苦手。主人公?のシンジとかいう子供が見てるとイライラしてくる。ああいうやつ、うっとおしくて嫌い。大人気らしい綾波レイとかいう娘も、魅力がよくわからず。
ガンダムもそうだったんだけど、こういった戦闘ものアニメ?って、自分には合わんのだなぁ、きっと。

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■週末映画■ サイコ2001(ちょっとネタばれ)

『サイコ2001』なんていうタイトルだから、あの有名なヒッチコックの『サイコ』のリメイクか関連作かなと思って見たのだけど、ぜんぜん関係ありませんでしたわ。ついでに「2001」のほうも、なんで2001なのかわからず(制作は1999年)。
多少胡散臭い情報をもとに大きな陰謀を暴いているようで、実はいいように操られているだけ、というのは、こうしたミステリー・サスペンスによくあるパターンですね。しかも、真犯人は身近なところにいるというのも、いまとなってはありがち。さらに、その理由が幼少期の性的虐待っていうのも、最近ではありがちな感じがしてしまいますなぁ。
犯行方法にちょっとしたグロさがあって楽しめそうなのに、その部分の描写は意外と抑えめで、そっち方面での満足は得にくく、かといって謎ときミステリーとしての知的満足を得られるわけでもなく、倒錯的なエロシーンを中途半端に入れてごまかそうとしているふうでもあり、いろいろと残念な仕上がり。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/04

ハンバーグのドミソースがけ@鮒忠(神楽坂)(BlogPet)

もあの「ハンバーグのドミソースがけ@鮒忠(神楽坂)」のまねしてかいてみるね

鮒忠のランチ、それにポテサラ。
ハンバーグはこれは切り干し大根。
ごちそうさま。
ドミソースは手作り風で、飯田橋界隈のシェフがつきます。
はおかわり無料。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/02

ハンバーグのドミソースがけ@鮒忠(神楽坂)


鮒忠の日替わりランチ、700円です。昨日はハンバーグのドミソース掛け。

Cimg0001


ドミソースはけっこう薄めで、酸味の強い、軽やかな味。ハンバーグは手作り風でふわふわです。おなじみの触感ですね。これはこれで美味しいと思います。
ガルニはキャベツの千切りと水菜のサラダ、それにポテサラ。
小鉢は切り干し大根。そしてご飯と味噌汁がつきます。ご飯と味噌汁はおかわり無料。

おなかもいっぱいになってこの値段は助かります。ごちそうさま。

鶏料理・鰻(うなぎ)|鮒忠グループ
小丼・うどんセット@鮒忠(神楽坂): every little thing in my life
たきおの神楽坂ランチ日記: 鮒忠
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009: 鮒忠



フレンチのシェフが作る無添加の特製煮込みハンバーグ(デミグラスソース)


楽らくディナーセット 気軽に本格洋食セレクション 松阪牛入りハンバーグとガロニ・ポタージュ・2名様セット

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/01

鶏もも肉の煮込み?とかブロッコリーの冷製パスタ?とか@BRUSCA(神楽坂)

先週からイタリア人カメリエーレがひとり入ったブルスカです。ほどよく年輩で、いかにもカメリエーレというかバリスタといった感じで、いい雰囲気です。もうひとつ愛想が良くないというか、一見ちょっと強面に見えるのも、イタリアの地方都市とかの小さな飲食店によくある感じでいいですね。名前はジォゼッペ(ジュゼッペかも)さんというらしい。愛称はペペです。

Cimg0003


今週のビジネスランチ、990円です。メニューには「鶏もも肉とパプリカの煮込み」「マッシュッポテト」「ブロッコリーとアンチョビの冷製パスタ」「カリフラワーのバターソテー」「トマトライス」「サラダ」となっていましたが、提供された内容はちょっと違いました。
鶏もも肉は、軽く煮込んだあとに香草入りのパン粉をつけてオーブンで焼いたものに、タマネギがとろけたトマトソースが添えてありました。おいしいよ。ちなみに自分の次に提供されたお客さんも同じ料理でしたが、その次のお皿からはメニューどおり煮込みになってました。
マッシュポテトの代わりに、ごろごろっと煮たジャガイモにトマトとワインヴィネガーで酸味をつけたものでした。この酸がね、すごくいい感じ。ちなみにこれも、3皿目からはメニューどおりマッシュポテトになってました。
冷製パスタは、なぜか自分のお皿はグラタンでした。コンキリエとブロッコリー、アンチョビ入りのグラタン。メニューに載ってた料理にホワイトソースを足して上にチーズをかけて焼いたのかな。グラタン好きなのでOKです。ちなみにこれは、自分の次に提供されたお皿からメニューどおりのものになってました。
その他の料理はメニューどおり。このへんの適当さ?(深谷さんいわく「計算ずくです」)が、いかにも個人店ぽくていいですね。お客さんによっては怒るかもしれんけど。

最後はカッフェ・ルンゴで締め。ごちそうさま。

BRUSCA(ブルスカ)/神楽坂のクチコミ(口コミ) - 30min.
every little thing in my life: 鶏のカツレツとかお米のサラダとかナスのグラタンとか@BRUSCA(神楽坂)
神楽坂 BRUSCA ランチ|『年齢不詳女』への道DX
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2009: BRUSCA
BRUSCA - 私の神楽坂生活

| | コメント (1) | トラックバック (0)

せいろそば@中村屋(神楽坂)


おとといは、なんか、もうひとつ胃の具合が良くないというか、ちょっと気持ちが悪いので、お昼はそばにしました。お値段お手頃でちゃんと美味しい中村屋へ。ふだんは日本食を食べたいなんてめったに思わない自分ですが、胃の具合が悪いときや食欲がないときに、そばまたはうどんという選択肢がある日本に住んでてよかったと思います。


Cimg0001


せいろそばを注文。650円。しっかりとした歯ごたえのあるそばを、辛みの強いツユを少しつけていただきます。ふわっと広がるそばの香り。美味しいです。田舎そばより、ふつうのそばのほうが美味しいな、このお店。

最後にそば湯を飲んでごちそうさま。

中村屋/牛込神楽坂のクチコミ(口コミ) - 30min.
every little thing in my life : 田舎そば@中村屋(神楽坂)
「神楽坂中村屋」の「梅コブ切り」 - 神楽坂系 「癒しの広場」
そば切り 酒膳 手打ちそば 中村屋@神楽坂上 :: 桃猫温泉三昧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »