« 週末映画&音楽 | トップページ | ハンバーグレモン風味とかトマトソースのペンネとか@BRUSCA(神楽坂) »

2009/05/19

鶏丼@炭火焼き鳥 虎ノ門源治(神楽坂)


ひさしぶりの源治です。これまでに何回か食べにきたことがあるのですが、一度も満足したことがないので(なのでブログにも書かず)、足が遠のいてしまっていました。安くておなかいっぱいにはなるんだけど、味だったりサービスだったり姿勢だったり、なにか必ずひとつは毎回、どうも自分の好みに合わないんですよね、ここ。さて、今回はどうでしょうか。以前にも一度食べたことのある鶏丼を注文。小うどんか豚汁が選べます。うどんにしました。


Cimg0001


それほど待たされることなくどどんと提供。これで780円ですから、コスト・パフォーマンスは高いですね、ここは神楽坂ですから。だがしかし、だがしか~し。
この鳥焼き、どうして生ぬるいの? たしか、以前もそうだったんだよな。明らかに焼き立てじゃない。提供スピードを上げるために事前にある程度焼き置きスタンバイするのはいいけど、提供時にきちんと温めなおして熱々を出せないんじゃダメでしょ。こんな、ほんのり生ぬるい鳥の網焼きを食べて美味しいですか、厨房の人?
そして、そぼろ。なんか、漢方薬みたいな匂いと味がするんだけど、なに? 意図してこういう味付けをしているのなら、残念ながら自分の好みとは全然合いませんが、しかたがありません。これが美味しいという判断なのだろうし、実際に美味しいと感じる人もいるのでしょう。そのあたりは好みの問題だからね。しかし、いったいなんの味なんだろう、あれ。調味料だよな、きっと。
うどんはシンプルでまずまず。ただ、鰹出汁の味が強すぎです。ほんだしを大量投入したのかしら。調味料っぽい味。自分はもっと薄味のほうが好きです。
ヒジキは薄味で美味しかったな、うん。漬物、サラダも、普通に美味しかったです。

ちなみに、以前はカウンター席にグラスと麦茶が置いてあって、お客さんが自分で注ぐようになっていたけど、カウンターが狭いからか、グラスに注いだお茶を店員が持ってくるスタイルになったようです。それはべつにいいのだけど、無言のまま背後からいきなり手を伸ばしてお茶を置くのはやめてほしい。びっくりしますから。

あ~あ、なんだかやっぱり残念な店だなぁ、自分にとって。味の好みは別にして、鳥焼きをちゃんと熱々の状態で提供したり、お茶を出すときに一声かけるようにするだけでも、ずいぶん印象は変わるはずなんだけどなぁ。現状では以前とぜんぜん変わらない、安くてお腹いっぱいになるけれど満足感の味わえない残念な店ですわ、自分にとって。もう、よほどほかに入れる店がないかお金がないとき以外は、行かないだろうなぁ。

源治神楽坂店 - Yahoo!グルメ
たきおの神楽坂ランチ日記: 源治
源治神楽坂店 [ 焼き鳥、鳥料理 ] いってきましたヽ(^。^)ノ -ぷにぞう情報館
every little thing in my life : 焼鳥重@虎ノ門源治(神楽坂)

|

« 週末映画&音楽 | トップページ | ハンバーグレモン風味とかトマトソースのペンネとか@BRUSCA(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/45061008

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏丼@炭火焼き鳥 虎ノ門源治(神楽坂):

« 週末映画&音楽 | トップページ | ハンバーグレモン風味とかトマトソースのペンネとか@BRUSCA(神楽坂) »