« もあで豆腐料理したよ(BlogPet) | トップページ | コート・ドールでのいつもと変わらぬ素敵なランチ »

2009/03/19

マグロのタルタルとかビゴリとかアンコウのオーブン焼きとか@ステファノ(神楽坂)

入り口で手を振ってくるブルスカの林さんを振りきって(^^;)、いつものとおり水曜日はステファノです。


Cimg0001


アンティパストは「マグロのタルタル 西洋わさび風味(Tartara di tonno al cren)」と「自家製ローストポーク(冷製)キノコ添え(Porchetta della casa con funghi e polenta)」を盛り合わせにしてもらいました。
バジルソースのさわやかな味がマグロのうまみとよく合います。上に乗ってる茹で卵を崩して一緒に食べると、あら、まろやかぁ~ん。タルタルに混ぜてある細かく刻んだピクルス?西洋わさび?もよいアクセント。
ポルケッタはふわっとした食感で、スパイスの効いたペースト状のソースとの相性ばっちり。

Cimg0003


プリモは即決で「自家製ビゴリ 鴨のローストソース(Bigoli caserecci all’anatra arrosto)」です。ビゴリがあったら食べないわけにはいきません。もっちりした歯触りがたまらんです。鴨のラグーは肉がホロホロ。まるで豚肉か牛肉かというくらいうまみの強い鴨。胡椒強めでがっつりした味付けはステファノらしいです。


Cimg0006


セコンドはビーフカツと迷ったのだけど、星野カメリエーレのおすすめもあり「アンコウのオーブン焼き(Coda di rospo al forno)」をチョイス。アンコウの身がぷりっぷり。ほんのりエキゾチックなスパイス?ハーブ?の香り(タイムらしい)。アサリとムール貝も乗ってます。野菜はブロッコリーとプチトマト、アンコウの下にはマッシュポテト。どれも美味しいけれど、なによりソースが美味しい。魚を焼いたときに出るジュースに白ワインを混ぜてソースにしてるらしいです。このソースでパンをたくさん食べたいよ。

ドルチェはキャンセルし、星野カメリエーレのおすすめでニコラシカというカクテルを食後酒に。砂糖とレモンをかじりながらブランデーをすするというこのお酒、初めて飲みましたが、まさかこんなに美味しいなんて。ブランデーのアルコールっぽさが弱まる一方で、香りがいっそう高くなります。甘みと酸味が加わって、ブランデーの上等感が際だつ感じ。これは家でもやってみよう。

今週もやっぱりすっごく美味しかったよ。ごちそうさま。

リストランテ・ステファノ Menu del pranzo / Lunch menu / ランチコース
神楽坂のをと ―ステファノ vol.11 ランチタイム
リストランテ ステファノ (RISTORANTE STEFANO) 神楽坂 イタリアン:馬喰町~人形町 タベタログ
every little thing in my life : ローストビーフとかホタテのパスタとかタラの黄金焼きとか@ステファノ(神楽坂)



ボレッラ ビゴリ


底曳き漁でとれるぷりぷりアンコウのステーキ!かつてない味わいを贅沢に!!

|

« もあで豆腐料理したよ(BlogPet) | トップページ | コート・ドールでのいつもと変わらぬ素敵なランチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>砂糖とレモンをかじりながらブランデーをすするというこのお酒、
もう少し詳しく知りたいです。
ブランデーにレモン汁と砂糖を加えるのではないのですね?

投稿: Keiko | 2009/03/20 22:45

さっきは気が付かなかったんだけど、ビゴリってどんなパスタ?かなり太そうだけど穴が開いてるの?
でもブカティーニジャないのよね?
一瞬、ストロッツァプレーティかな?とも思ったんだけど・・・

投稿: Keiko | 2009/03/21 08:31

もあさん、おはようございます。chick
食べ物系投稿大好きのあんき〜おです。

もあさん、デジタルメモ ポメラお持ちなんですね。

私、メモとるのが上手にできなくて、メモとったとしてもその後それを復習・活用できてなくて、長年の課題になっているので、なんか朝からポメラ見て仕事のことを悶々と考え始めてしまったではないですか。私の休日の朝をどうしてくれるのですか。
(´・ω・`)

でも、意外にお高い? 1万円弱かと思ってました…。

投稿: あんき〜お | 2009/03/21 09:22

ニコラシカは、リキュールやスピリッツを飲む小さなグラスの上に、グラスにフタをするようにレモンの薄切りを置き、レモンの上に砂糖を山盛りに載せて提供するのが普通だそうです(ステファノでは砂糖漬けにしたレモンの輪切りを使ってました)。
飲むときは、砂糖を包み込むようにレモンを手で二つ折りにし、それをそのまま口に入れて口の中で噛みます。レモンの酸と砂糖の甘さが口中に広がったところにブランデーを流し込み、口の中で全部を混ぜ合わせると。
カクテルといいつつ、ブランデーは生のまま。なので、口当たりはすごくいいですが、飲みすぎてしまう確率が高いらしく、一部のバーでは注文されても出すのを嫌がるらしいです(^^;)。

投稿: もあ | 2009/03/22 10:57

ビゴリはヴェネト地方の郷土料理的なものだそうで、太さが3ミリくらいある手打ちのパスタです。トルキオ(Torchio)とかいう専用のトコロテン押し出し器みたいな道具でにゅぅっと押し出してつくるそうな。えらくもっちもちで、多くの日本人が想い描く「いわゆるパスタ・スパゲティ」とは食感が違うので、好きな人は大好きだけど、好きじゃない人はあまり好きじゃないらしい。

投稿: もあ | 2009/03/22 11:07

ポメラ、いいですよん。最近のランチブログはみんなポメラで書いてます。

たしかにね、1万円程度だったらさらにいいのですが、ほぼ文庫サイズで重さも数百グラム、そしてなにより乾電池で20時間も駆動するのがたまらんです。旅行記や食べ歩記などを書くのにぴったりです。

自分ね、字がえらく汚くてね、手書きだと、あとで自分で読めないことのほうが多くて。なので以前はキーボードつきのZAURUSを使ってたんだけど、タッチタイプができるサイズじゃなかったですからねぇ。フル充電で7時間くらいしか動かないし。でもポメラは、サイズや大きさ的にはZAURUSとほとんど変わらず、だけどキーボードはタッチタイプ可能のフルキーボード。

最近は少し売価もこなれたきたようで、1万8000円前後くらいですか。美しくうら若き乙女が休日の朝から悶々とするだけの価値あるガジェットだと思いますよん(^◇^)v。

投稿: もあ | 2009/03/22 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/44396214

この記事へのトラックバック一覧です: マグロのタルタルとかビゴリとかアンコウのオーブン焼きとか@ステファノ(神楽坂):

« もあで豆腐料理したよ(BlogPet) | トップページ | コート・ドールでのいつもと変わらぬ素敵なランチ »