« 週末映画 | トップページ | 田舎そば@中村屋(神楽坂) »

2009/02/17

オリジナルハンバーグ@ラ・カパンナ(神楽坂)

昨日は夜にステファノのパーティに出る予定があったので、昼は軽めにすまそう(腹はちきれそうになることは明らかだからね)と思ってたのに、うっかりハンバーグを頼んでしまった。


Cimg0001


まずはスープ。コンソメにフレッシュトマトの切り身と水菜が浮いてます。ちょっと味が濃いめのチキンコンソメは、なんとなく家庭の味。


Cimg0003


続いてサラダ。レタスの上に、薄切りの大根とレンコンのマリネ、細切り人参のマリネが乗ってます。ヴィネガーの強いフレンチドレッシングがかかっていて、ちょっとむせそうになりました。でも、酸っぱいだけでなく甘みもあって、これまた家庭風な感じのサラダです。

Cimg0005


メインのハンバーグ。一見ふつうのハンバーグなのだけど、いくつか予想外のことがありました。
ハンバーグ自体は粗く刻んだタマネギの入った家庭風のもの。形が整ってない感じがいいです。ガルニは、生のトマトと、ほうれん草ソテー...? と思ったら、ほうれん草のおひたしでした。冷たくてびっくり。これといって味付けもされていないのにもびっくり(ソースと絡めて食べればOK)。続いて、コーン。これも冷たいまま。温めないんだ。ハンバーグのガルニなら、温めるよね、ふつう。
冷たいガルニに意表を突かれたまま、ハンバーグを食べます。半熟目玉焼きを絡めると美味しいですね。上からクリームをかけられた黒いソースはデミグラスかな... と思ったら、なんか、生姜焼き? 醤油ベースに少し生姜(だと思う)の風味がある和風のソースでした。見た目は思いっきり洋風なのに、目玉焼きがとっても和風に美味しくなります。醤油系ソースにクリームかけるか。

いろいろ意表を突かれましたが、お味は悪くないです。全体に日本の家庭風の味付けです。ごはんは、もう少し美味しいお米(もしくは上手な炊き方?)だったらよかったですが、量はたっぷりです。おなかいっぱいになっちゃったよ。パンにしておけばよかったかな。ステファノでちゃんと食べられるか心配になりました。

んでも、これで850円なら、良心的な価格で良心的な料理が食べられる良心的なお店ですね。ごちそうさま。


ラ・カパンナ - Yahoo!グルメ
ラ・カバンナ 神楽坂:イタリアン|神楽坂オススメ・レストラン
たきおの神楽坂ランチ日記: ラ・カパンナ
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2008:ラ・カパンナ



老舗が目利きした黒毛和牛を贅沢に使い、直営レストランの総料理長のレシピで仕上げたふっくらジューシーな本格デミグラスハンバーグ。「黄木」山形県産黒毛和牛入りハンバーグ

  


|

« 週末映画 | トップページ | 田舎そば@中村屋(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/44090240

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルハンバーグ@ラ・カパンナ(神楽坂):

« 週末映画 | トップページ | 田舎そば@中村屋(神楽坂) »